防音ガラスの効果・値段|防音対策に欠かせない設備

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

防音ガラスは検討すべき設備

1

家を建てる場所が道路に近かったり、自宅でピアノなどの楽器を練習したい方にとって、防音対策は欠かせません。

そこでオススメしたいアイテムが「防音ガラス」です。ガラスは音漏れの大きな原因となり、防音ガラスにすることで音漏れを防ぐことができます。

しかし、防音ガラスについてしっかりと把握していないと、設置した際に後悔することになります。今回は、防音ガラスについて、詳しく解説します。

 

防音ガラスの種類

2

防音ガラスには、大きく分けて「防音合わせガラス」と「複層ガラス」があります。
 
 
●防音合わせガラス

防音ガラスで一番オーソドックスなのが「防音合わせガラス」です。合わせガラスの中間膜に、防音効果のある特殊な中間膜を使った防音ガラスとなっています。
 
 
●複層ガラス

防音合わせガラスを片側に使った複層ガラスもあります。複層ガラスなので、冬場の結露軽減や断熱効果も期待できるガラスです。

一般的なペアガラス自体には防音効果がありませんが、特定の周波数域の音を軽減させる部品を中空層に入れることで、高い防音効果が期待できるガラスです。

 

防音ガラスを設置する上での注意点

3

次に、防音ガラスを設置する上での注意点を解説します。
 
 
●窓サッシにも防音タイプがある

防音対策として、防音ガラスだけでは不十分です。防音ガラスだけではピアノや車の走る音などを十分に防ぐことが出来ないケースが多く、窓サッシも防音タイプにすることで防音効果が格段に高まります。

しかし、防音ガラスと一緒にサッシも交換すると、当然ですが費用が高くなります。
 
 
●2重サッシに変更することもできる

2重サッシ(内窓)は、大手メーカーで既存サッシやガラスをそのままで取り付けられるタイプもあります。費用面でも、ガラスとサッシを交換するよりも、内側にガラスを取り付けるだけなので安く済むことが多いです。

窓の取り換えだけでなく、2重サッシにすることも検討しましょう。

 

防音ガラスの交換費用

4

防音ガラスを設置するにあたり、気になるのが交換費用です。交換費用は業者によって違いますが、目安としては下記となります。

防音くもりガラスの交換 : 65,000円程度
防音ペアガラスに交換 : 120,000円程度

ガラスのサイズ等にもよりますが、参考にしてください。

 

防音対策アイテムもある

5

今回は防音ガラスについて解説しましたが、防音対策には防音サッシや窓に貼るアイテムなどもあります。

見た目・性能・費用を考慮して、どこまでの防音対策が必要か考えましょう。特に家のすぐ前が道路で、車の音が気になるといった方は対策が必須となります。

ぜひ、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加