玄関ポーチに屋根は必要?照明と広さを検討しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄関ポーチはしっかりと検討するべき

 
玄関ポーチはしっかりと検討するべき住宅メーカーで家を建てる場合、玄関ポーチは標準のままにする人がほとんどだ。

しかし、標準の玄関ポーチでは扉を開けた時に狭かったり、屋根自体が無いケースもある。玄関ポーチは後からの増築が難しいため、建てる前の段階からしっかりと検討したい。

玄関ポーチの屋根は、迷ったら確実に付けるべきだ。「付けなくてよかったのに」と後悔する人を見たことがない。下記4つのメリットがある。

・雨の吹き込み防止
・日除け機能
・汚れ防止
・雨漏り防止

今回は、玄関ポーチのメリットと照明・広さについて詳しく解説していく。

 

玄関ポーチ屋根のメリット4選

 
玄関ポーチ屋根のメリット4選まず、玄関ポーチの屋根を付けるメリットを1つずつ解説していく。
 
 
・雨の吹き込み防止

玄関ポーチに屋根を付けていないと、雨水が部屋に吹き込むケースがある。また、雨の日に傘を閉めるスペースが無いため、家に入る時に濡れてしまう。
 
 
・日除け機能

屋根が無いと、ドア横の窓に直接日光が当たってしまう。夏場は玄関の室内温度が上がってしまうため、屋根があることで気温低下・家具などの色褪せ軽減につながる。
 
 
・汚れ防止

屋根があることで、窓やドアに直接雨が当たらなくなり、汚れが付きにくくなる。
 
 
・雨漏り防止

屋根が無いと窓やドアのコーキング部分が劣化する。そして、雨が当たった時に雨漏りをする可能性が高くなる。

 
玄関ポーチの屋根を設置するデメリットは、費用が高くなることと屋根上の掃除をたまにすることぐらいだ。必ず設置しておきたい。

 

玄関ポーチの照明

 
玄関ポーチの照明玄関ポーチは立ち止まらずに通り抜けるスペースなので、ライトはセンサー付きライトを設置するべきだ。

通常のダウンライトよりも高くなるが、センサー付きライトであれば勝手に照明が点灯する。「昼間にも照明が付くのはもったいない」という方もいるが、今は夜だけ作動するセンサー付きライトも販売されている。

買い物をした後など、玄関では手が塞がっているケースが多い。ぜひ設置しておこう。

 

玄関ポーチ屋根の広さ

 
玄関ポーチ屋根の広さ玄関のドアは、80cmが標準サイズとなっている。まずは玄関の大きさを確認しよう。

ドアの大きさが80cmの場合、ドアを開けた時に屋根が80cmの奥行きしかないと屋根の外に出ることになる。設置が可能であれば、1m20cm程度の奥行きにすることをオススメする。

玄関ポーチが広いと、ゆとりが出て高級感が出る。家族全員が毎日使う場所なので、最初に提案されたままにせず大きさを確認しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加