印紙税の軽減措置|売買契約書は半額になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を買う時に必要な税金「印紙税」

 
家を買う時に必要な税金「印紙税」 印紙税とは、住宅の売買契約や住宅ローンの契約書を交わすときに、契約書にかかる税金だ。

印紙税は家に限らず、契約書には必ず必要となる税金だ。

例えば、居酒屋で打ち上げをして領収書をもらう場合も、印紙が貼ってあるのを見たことがあるだろう。

住宅などの不動産を購入する場合、印紙税は軽減措置が設けられている。
平成30年3月31日までだ。

 

印紙税の軽減措置

 
印紙税の軽減措置 まず、通常の印紙税は下記となっている。

500万円〜1,000万円 : 1万円
1,000万円〜5,000万円 : 2万円
5,000万円〜1億円 : 6万円

例えば、3,000万円の象を購入する場合、売買契約時に2万円・住宅ローンの契約書に2万円となり、合計4万円が発生する。

印紙税の軽減措置は、売買契約書のみが対象となる。

500万円〜1,000万円 : 5千円
1,000万円〜5,000万円 : 1万円
5,000万円〜1億円 : 3万円

同じく3000万円の家を購入した場合を例に挙げる。売買契約書は軽減措置となるので1万円・住宅ローン契約書が2万円となり、合計3万円が発生する。

印紙税は家の購入の際に小さな費用だが、きちんと把握しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加