家事導線の良い間取りとは?注意すべきポイント4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事導線はちゃんと検討しないと一生後悔する

 
家事導線はちゃんと検討しないと一生後悔する家を建てる人の中で、家事導線を深く検討する人は意外に少ないです。

洗濯の事だけ気にする人や、外からキッチンまでの動線だけを考える人は多いです。しかし、トータルで家事導線を検討できる人は少なく、後から配置は変更できないので後悔ポイントになりやすいです。

家事導線の良い間取りとは、キッチンを中心に考える必要があります。キッチン→洗面所→リビング→キッチンをぐるぐる回れるようにすると、動線の距離は短くなります。また、「洗濯」「料理」「外への出入り」「ゴミ出し」など、様々な視点で検討する必要があります。

今回は、家事導線の良い間取りを詳しく解説していきます。

 

家事導線の注意すべきポイント4つ

 
家事導線の注意すべきポイント4つ家事導線の注意すべきポイントを4つ紹介します。
 
 
・洗濯の家事動線

家事導線の中で最も移動の多い家事が「洗濯」です。洗濯は毎日しなければいけない家事で、料理はお惣菜を買うこともできますが洗濯は誰も手伝ってくれません。

1階の洗濯機が終わったら2階のベランダで干し、乾いたら1階のリビングや和室など広い場所でたたむ。たたんだ洗濯物は2階の各部屋に持っていくという家庭は多いですが、これでは家事導線が長すぎます。

動線のことを考えると、1階に洗濯物を干すスペースがあるとベストです。洗面所に勝手口を付けておき、そのまま干しに行けると便利ですね。小さい子供が遊んで泥だらけになった時も、洗面所に直接入れると重宝します。

洗面室の脇にランドリースペースを設置する家庭もあります。洗濯ものを干す・たたむ・しまう・アイロンをかけるといった作業を全てできるスペースです。また、サンルームを取りつける家庭も多いです。

乾燥までできるドラム洗濯機もオススメします。
 
 
・外からの出入り動線

スーパーで買い物をして荷物を家に入れる時、キッチンまで遠いと大変です。スーパーでの買い物は、お米・野菜・調味料など重たい荷物が多くなってしまいます。

駐車場から近い距離で運べたり、雨に濡れずに家に入れるとスムーズですね。勝手口の位置や玄関からの動線など、検討してみましょう。
 
 
・ゴミ出しの動線

ゴミ出しは週に3~4回発生するので、動線をきちんと検討しておきましょう。基本的にはキッチンの近くにゴミ箱があるため、キッチンからゴミ出しまでの動線は検討して間取りを決めましょう。
 
 
・料理の動線

料理を作る時には、作った物を運んだり片づけたりと何往復もすることになります。動線を短くするために、キッチンとダイニングテーブルを横並びにするのもオススメです。

 

2階にお風呂を設置するのも意外にオススメ

 
2階にお風呂を設置するのも意外にオススメほとんどの家でお風呂は1階に配置されていますが、2階に設置するのもオススメです。

2階にお風呂があるということは、洗濯機も2階になります。洗濯物をベランダで干して、そのまま各部屋に持っていくことが可能です。2階で全て完結します。

ただ、デメリットもあります。2階にお風呂や洗濯機があると、寝室まで音が聞こえるかもしれません。また、小さな子供が1階で遊んでいるのに、2階で洗濯をするのは難しいです。

この記事を読んで、ぜひ家事導線について真剣に検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加