ローコスト住宅は恥ずかしい?恥ずかしくない家を建てる方法8選



ローコスト住宅は恥ずかしい?

ローコスト住宅って恥ずかしい
「ローコスト住宅で建てたことを言いたくない」

大手ハウスメーカーに比べ、値段が半額以下になることも多いローコスト住宅。しかし、ローコスト住宅は恥ずかしいから大手ハウスメーカーで建てるという方も多いです。

無理して高い住宅ローンを借りるよりも、住宅の費用を減らして充実した暮らしをする方が良いです。しかし、実際にはローコスト住宅は恥ずかしいという理由で、無理をする方が多いのです。

この記事では、ローコスト住宅は恥ずかしいのか、恥ずかしくないローコスト住宅を建てる方法について、詳しく解説します。

ローコスト住宅のメリット・デメリット

まずは、ローコスト住宅のメリット・デメリットについて解説します。

ローコスト住宅で家を建てるメリット

・価格が安く無理のない住宅ローンを組める
・工事の期間が短い
・建て替えがしやすい

最も大きなメリットは、価格が安いため無理のない住宅ローンを組める点です。土地の購入費や将来の蓄えに回すことができます。

また、工事期間を短くすることでローコスト住宅を実現していますが、工事期間が短いので仮住まいの家賃を節約できるといったメリットがあります。また、費用を掛けずに家を建てられるため、将来のリフォームや建て替えもしやすくなります。

ローコスト住宅で家を建てるデメリット

・設計の自由度が低い
・設備や部材のグレードが低い
・メンテナンス費用がかかる
・保証期間が短い

ローコスト住宅は、家を規格化して安くしているケースも多いです。設計の自由度が低いことが多く、また設備・部材のグレードを低くすることで、価格を安くしています。

安い部材を使うと、メンテナンス費用が掛かりがちです。また、大手ハウスメーカーに比べて保証期間が短いケースが多いです。

 

ローコスト住宅が恥ずかしいと思う理由

ローコスト住宅は恥ずかしいという方は、主に2つの理由があります。

見た目が安っぽい

ローコスト住宅は、どうしても外観の見た目が安っぽい家になりがちです。また、家の中に入った時に、安っぽい印象を受けるケースもあります。

ローコスト住宅は、低品質・短寿命というイメージがあります。見た目から品質が悪そうという印象を与えるのを恐れる傾向があります。

ローコスト住宅で建てたことを話したくない

友達が家に来た時に、「どこの会社で建てた?」「どれくらいの金額だった?」といった話題になりがちです。

こういったシチュエーションで、ローコスト住宅で建てたことを言いたくないという方が多いのです。コスパの高い家を建てることは良いことなのですが、見栄を張りたいものなのです。

 

恥ずかしくないローコスト住宅を建てる方法8選

次に、恥ずかしくないローコスト住宅を建てる方法について、詳しく解説します。

設計自由度の高いハウスメーカーに頼む

ローコスト住宅は決められたプランの中から選ぶ規格住宅が多いですが、自由設計で建てられるローコスト住宅ハウスメーカーもあります。

自由設計であれば、オシャレな外観やお客様が目にする内装にお金を掛けるといった工夫が可能です。デザイン力のあるローコスト住宅を選ぶと、恥ずかしくない家を建てることができます。

建物の形状に凹凸を出す

単純な箱型の2階建てだとローコスト感が出てしまうため、凹凸を出したり深い軒を付けることで重厚感が出て、見た目からはローコスト感が無くなります。

外壁材にこだわる

外壁材によって安っぽい家になりがちなので、外壁材はグレードを上げることをオススメします。サイディングでも厚みがある部材を選ぶ、モルタル風にするなどでオシャレな家になります。

玄関ドアにこだわる

外観の中でも、玄関ドアが安っぽいと全体が安く見えてしまいます。玄関ドアのデザインは非常に重要なので、しっかりと選ぶようにしましょう。

ありきたりな間取りにしない

ありきたりな間取りだと、どうしても安っぽく見えてしまいます。吹き抜け・ステップフロアなど、アクセントとなる間取りがあると、ローコストには見えません。

テイストを揃える

家全体のテイストを揃えることで、家全体がオシャレになります。ナチュラル・モダン・アジアンなど、ゴチャゴチャに配置せず統一感を出しましょう。

配色のバランスを考える

ローコストに見せないために、配色は非常に大きな要素です。様々な配色があるとゴチャゴチャしてしまうため、下記の比率を参考に検討しましょう。

ベースカラー : 70%
メインカラー : 25%
アクセントカラー : 5%

この配色を意識することで、調和のとれた部屋になります。

お客様が来る場所は内装グレードを上げる

お客様が目にする玄関やリビングは、他の部屋に比べて内装グレードをアップしましょう。壁や床など多少の増額をするだけで、印象は大きく変わります。

 

ローコスト住宅でも恥ずかしくない!

この記事では、ローコスト住宅は恥ずかしいのか、恥ずかしくない家を建てる方法について解説しました。

ローコスト住宅であっても、オシャレな家を建てることが可能です。この記事で紹介した内容を把握しつつ、ハウスメーカー探しを行いましょう。

ローコスト住宅ハウスメーカーはモデルハウスなどを展開していないため、探すのが難しいという方もいます。そこでオススメなのが、無料で様々なハウスメーカー・工務店から提案をもらえるサービスです。

条件を入力すると、ローコスト住宅ハウスメーカーなど複数社から間取り・見積もりの提案をいただくことができます。完全無料でそれぞれの会社まで行く必要もないため、非常に便利なサービスです。

ぜひ、活用してみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】