ローコスト住宅ハウスメーカーを徹底紹介|おすすめランキング10選【2021年板】


ローコスト住宅ハウスメーカーを徹底紹介

ローコスト住宅のハウスメーカーを検討されている方へ。できるだけ費用を抑えたいと考えて、ローコスト住宅を考えているのでしょう。

しかし、
「ローコスト住宅の安全性は本当に大丈夫なのか?」
「見た目が安っぽくならないか?」
「設備がすぐ壊れるんじゃないか?」
など、様々な不安があると思います。

また、ローコスト住宅を扱うハウスメーカーや工務店は非常に多く、どれが良いのか分からないでしょう。そこで、今回はランキング形式でローコスト住宅のハウスメーカー・工務店を紹介します。

ローコスト住宅とは?

ローコスト住宅ハウスメーカーとは、通常の注文住宅に比べて安く家を建てることができるメーカーのことです。明確な基準はありませんが、通常のハウスメーカーは坪単価50〜60万円が相場ですが、ローコスト住宅は坪単価30〜50万円が相場となっています。

通常のハウスメーカー : 坪単価50〜60万円
ローコスト住宅 : 坪単価30〜50万円

通常のハウスメーカーで40坪の家を坪単価60万円で建てる場合、2400万円が掛かります。対して、ローコスト住宅で坪単価30万円の場合は、1200万円と半額になるのです。

ローコスト住宅は、どのようにコストカットを行っているのでしょうか?

 

ローコスト住宅ハウスメーカーの特徴

次に、ローコスト住宅ハウスメーカーの特徴について、解説します。

一括仕入れによるコストダウン

ローコスト住宅ハウスメーカーが安く家を建てられる最も大きな理由は、一括仕入れによるコストダウンです。

ローコスト住宅ハウスメーカーは、施工棟数がとても多いため、取引先のメーカーから一括仕入れをすることができます。そのため、良い建材でも安く仕入れられる流通ルートを持っているのです。

大量仕入れ・規格化・工場での一括生産により、低価格が実現しているのです。選べる建材や設備にバリエーションが少なくなるデメリットもありますが、良い商品を安く仕入れているのは大きなメリットです。

キッチンやユニットバスといった設備も大量仕入れを行っていますが、大手有名メーカーから仕入れるので品質には全く問題ありません。

人件費をかけない

ローコスト住宅ハウスメーカーの特徴として、人件費をかけないことが多いです。企画型受託であれば、同じデザインや設計図を使うことができるため、1棟ごとに1から設計図を制作する手間がありません。

また、木材をあらかじめ工場でプレスカットするため、大工さんの現場での加工が大きく減ります。建築工程も、企画商品であればこれまで使用した物が使えます。

このように、それぞれの工程で手間が大きく減るので、人件費をかけずに施工することができるのです。

工期が短い

ローコスト住宅ハウスメーカーは、工事中の手間が掛からないようにシステム化されているため、一般的な住宅に比べ工期が短くなります。

通常のハウスメーカーであれば3〜4ヶ月掛かる工程を、ローコスト住宅ハウスメーカーであれば2〜3ヶ月にすることができます。工期が短くなると、人件費だけでなく工事中の仮囲いや足場の使用期間も短くなり、当然ですがコストも安くなります。

広告を出さない

ハウスメーカーの広告をよく目にしますが、ローコスト住宅ハウスメーカーは広告宣伝費を削ることでコストダウンを行っています。テレビの全国ネットではなく地方ローカル放送にCMを限定したり、折込チラシを簡素化するといった工夫で、コストを削っているのです。

 

ローコスト住宅ハウスメーカーのランキングベスト10

次に、ローコスト住宅ハウスメーカーをランキング形式でご紹介します。

第10位「アイダ設計」

アイダ設計は、全国展開のローコスト住宅ハウスメーカーです。「正直価格」をアイデンティティとして掲げて、分かりやすい価格設定をしています。

特に、小さな土地に家を建てるのが得意です。狭小地だからと言って設計料が高くなることなく、坪単価は25〜30万円と格安です。

自社社員の大工育成に力を入れており、熟練の職人と自社の建設担当で現場管理を徹底しています。自社のプレカット工場により、ミリ単位でカットしています。

規格住宅が多いので、設計や仕様に融通が利きにくいですが、圧倒的な安さを実現しています。

第9位「富士住建」

富士住建は、標準仕様「完全フル装備の家」をキャッチフレーズにしています。坪単価40〜50万円程度ですが、設備などの内容を見ると完全フル装備と謳っているのが分かります。

富士住建の標準仕様である高性能断熱材、省エネガス給湯器、省エネ型24時間換気、太陽光発電システムなど9項目を採用し、光熱費を年間15万円以上もダウンが可能です。内装仕様もクオリティが高く、一切妥協していない住宅となっています。

モデルハウスを持っておらず、カタログも作らないことで、無駄な費用を削減しています。値引きをしない適正価格で、お客様に支持されています。

第8位「ユニバーサルホーム」

ユニバーサルホームは、北海道から沖縄までフランチャイズ展開しているローコスト住宅ハウスメーカーです。全国にモデルハウスを展開しています。

1階全面床暖房で空気環境が良く、しかも床暖房なのに無垢材というこだわりようです。地震の恐れや床下浸水もなく安全安心の住み心地です。

下請けなしの直接施工を行い、契約・管理がダイレクトなので安心です。断熱性能と強度に優れた高性能外壁材「ALC」を採用しており、高い断熱性と耐久性で、心地よい住まいを提供します。

第7位「アエラホーム」

アエラホームは、「建材をアルミで包んだ家」という衝撃的キャッチコピーで一躍有名になったハウスメーカーです。健康・省エネをコンセプトに、断熱性能にこだわった家づくりに力を入れています。

徹底した「外張W断熱の家 PRESTO」は、坪単価39.8万円からとなっています。長期優良住宅の認定されており、構造体の中に断熱材を入れる充填断熱工法を用いて、常に快適な温度をキープします。

「自由設計」で間取りはもちろん、キッチンなどの設備から、屋根などの外観に至るまで自由に選べます。

第6位「クレバリーホーム」

クレバリーホームは、タイルをふんだんに使った家が特徴です。低価格だけでなく、住み始めてからかかる費用までコストダウンを考慮するハウスメーカーです。

坪単価30万円〜にも関わらず、外壁タイルが標準仕様となっています。通常の外壁に比べメンテナンス費用がかからず、壁の張り替えも不要です。

30年のメンテナンス保証を行っており、長期間保証を付けてくれるので安心です。

第5位「アキュラホーム」

アキュラホームは「家づくり適正価格宣言」をモットーに、予算内で理想のマイホームをサポートするハウスメーカーです。

坪単価は40万円からとなるので、他のローコスト住宅ハウスメーカーに比べると高めに設定されています。しかし、デザイン性・長期無料点検・耐震性・耐久性など納得の住まいを提供します。

注文住宅として、1ミリ単位の自由設計が可能です。

第4位「アイフルホーム」

アイフルホームは全国規模の知名度があります。LIXILが運営するフランチャイズのローコスト住宅ハウスメーカーです。全国に250店舗以上を展開しています。

全国展開のローコストメーカーですが、基本的にはフランチャイズ加盟している工務店が施工します。施工や保証は全国で基準が定められています。

ファミリー層に人気で、子供にやさしく安全な家づくりが得意です。キッズデザイン賞を10年連続受賞しています。

坪単価は25〜50万円ほどで、建物本体価格の平均は1,800万円前後となります。LIXILが親会社のため、デザイン性の高いキッチンやバスルームとなります。

ネット限定住宅「i-Prime7」は、700万円台から建てることができます。

第3位「ヤマト住建」

ヤマト住建は、万人から喜ばれる長寿命住宅を展開するハウスメーカーです。

ヤマト住建は、日本の住宅を世界基準レベルに引き上げたいという理念をモットーにしています。日本の住宅は平均寿命が30年程度ですが、欧米では100年を超えているためです。

そんな長寿命の家を、坪単価35〜50万円程度で販売しています。「高気密・高断熱な住まい」を提唱し、樹脂サッシや外張り断熱により住宅内の温度変化を防ぐことで、ヒートショック帽子にもなります。

耐震性にこだわった「金物工法+パネル工法」や「制振ダンパー」を組み合わせ、地震にも強い家となっています。

第2位「レオハウス」

全国で25,000棟以上の引き渡し棟数を誇るハウスメーカー「レオハウス」全国に100店舗以上あり、東北から九州迄の幅広いエリアで、施工を行っています。

坪単価25万円からと、低価格を実現しています。自由設計の注文住宅で、リーズナブルな価格だけでなく、耐震・断熱にもこだわっています。木造でありながら、曲がりやねじれに強い「6面体構造」を採用するなど、自然災害にも強い作りです。

親会社が株式会社ナックという様々な事業を展開する大会社となり、母体が大きな点も安心できます。

第1位「タマホーム」

「品質も、価格も、叶う家。」をモットーにお客さまの希望を実現するタマホーム

ローコスト住宅のベストセラーとなった「大安心の家」や、さらに低価格の「木麗な家」など、人気商品を多く展開しています。

モデルハウスも全国各地にあり、知名度や施工エリアの広さでも圧倒的な実績があるメーカーです。30〜35坪なら、建物本体価格の平均は1600万円前後となっています。

また、安いだけではありません。良質な国産材を多く使用していることもタマホームの特徴です。全国における国産材使用率は平均33%ほどですが、タマホームの国産材使用率は70%程度とかなり高いです。

長期優良住宅の認定基準も、大きく上回る仕様で建てています。認定基準全9項目のうち、6項目が認定基準を大きく上回る最高等級となっているのです。

この価格で、自由設計の注文住宅は素晴らしいです。

 

まとめ

今回は、ローコスト住宅ハウスメーカーの特徴や、ランキングベスト10を紹介しました。

【ローコスト住宅ハウスメーカーのランキング」
第10位「アイダ設計」
第9位「富士住建」
第8位「ユニバーサルホーム」
第7位「アエラホーム」
第6位「クレバリーホーム」
第5位「アキュラホーム」
第4位「アイフルホーム」
第3位「ヤマト住建」
第2位「レオハウス」
第1位「タマホーム」

ローコスト住宅は、ただ安かろう悪かろうの家を建てるのではありません。一括仕入れや工程のシステム化など、良い家を安い価格で提供する努力をしています。

最近のローコスト住宅は、品質も素晴らしいものがあります。ぜひ検討してみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加