トイレの窓なしは後悔する?窓を設置するメリット・デメリット8選


トイレに窓は必要?窓なしは後悔するのか検証する

注文住宅を建てる方は、多くの場合でトイレに窓が設置されています。

しかし、間取りを考えていくと、トイレが窓なしになってしまうケースがあります。そこで、トイレが窓なしで良いのかどうか悩む方が多いのです。

はたして、トイレに窓は必要なのでしょうか?マンションのトイレは、窓なしが基本となっています。これまでマンションに住んでいた方は、特に違和感は無いと思います。

今回は、トイレの窓なしは後悔するのかどうか、詳しく解説します。

トイレに窓を設置するメリット3選

まず、トイレに窓を設置する場合のメリットについて解説します。メリット・デメリットを把握することで、窓なしで後悔しないのかどうか検討できると思います。

昼間は電気を付けないでトイレに入れる

トイレに窓が設置されていると、昼間は電気を付けないでトイレに入れます。

窓はトイレの採光が取れるだけでなく、閉塞感を緩和してくれます。トイレは狭いのでどうしても閉塞感が出ますが、窓を設置することで空間が広がるのです。

換気が出来る

トイレに窓があると、掃除の時などに換気が出来ます。トイレに臭いが籠もっている時や、外気を取り入れたい時に換気が出来るのです。

窓枠にちょっとした物が置ける

私の家にもトイレに窓がありますが、窓枠に季節の置物などちょっとしたディスプレイをしています。ちょうど見やすい高さにあるので、オシャレなトイレを演出することが出来るのです。

 

トイレに窓を設置するデメリット5選

次に、トイレに窓を設置するデメリットを解説します。

トイレが熱く・寒くなる

トイレに窓を設置すると、どうしても断熱性能が落ちます。トイレにエアコンが設置されていないので、熱く・寒くなるのは大きなデメリットです。

断熱出来る窓を設置しても、壁には劣ってしまいます。また、トイレの窓は北側にある家が多く、結露の原因にもなります。

費用が掛かる

壁の部分を窓にすることで、当然ですが費用が掛かります。私の家では、トイレの窓に36,000円が掛かりました。FIX窓の場合は、もっと安くなります。

防犯性能は劣る

空き巣に入られる場合は、玄関や窓などの開口部から侵入します。窓がたくさんあると外部からの侵入経路が増えることになります。

対策として、トイレの窓を人が入れない小さい窓にする、もしくは縦に長細い窓にするといった対策があります。

クロスが紫外線によって劣化する

トイレのクロスは、窓があることで紫外線による劣化が発生します。また、窓を開け閉めすることで衝撃・振動があり、クロスにヒビが入るなど影響が出ることもあります。

掃除が面倒

壁であれば掃除がありませんが、窓や窓枠は掃除の必要があります。掃除が面倒になるのです。

 

まとめ

今回は、トイレの窓を設置するメリット・デメリットについて解説しました。

【トイレに窓を設置するメリット3選】
・昼間は電気を付けないでトイレに入れる
・換気が出来る
・窓枠にちょっとした物が置ける

【トイレに窓を設置するデメリット5選】
・トイレが熱く・寒くなる
・費用が掛かる
・防犯性能は劣る
・クロスが紫外線によって劣化する
・掃除が面倒

私個人の考えですが、トイレは窓なしで問題ないと思います。メリットに挙げられている採光は、電気で問題ありません。換気は換気扇で対応でき、電気代も1ヶ月24時間使用しても約60円程度です。

デメリットの方が私にとっては大きいため、トイレは窓なし派です。しかし、窓を設置しないと閉塞感が気になる方もいるので、設置する場合は小さい窓や長細い窓を設置しましょう。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加