一尺は何センチ?家づくりでは勺の単位を覚えておこう



一尺は何センチ?

木造住宅の家づくりで多様される「尺」。普段の生活では全く使わないため、良く分かっていない方も多いと思います。

尺の単位が出てきたときに、おおよその長さを把握しておくことをオススメします。結論からいうと、一尺は約30cmと覚えておきましょう。

この記事では、一尺は何センチなのか、尺とセンチについて詳しく解説します。

尺・センチについて

尺とは尺貫法とよばれる長さの単位で、東アジア圏で広く使用されています。明治時代に入り、尺の長さを10/33メートル(約30.3030cm)と定めて今に至っています。

現代の日本では、センチが使われることが一般的です。しかし、木造住宅では尺を使う文化も残っており、把握しておくことをオススメします。

 

尺とセンチの早見表

下記に、尺とセンチの早見表をまとめました。

1尺 : 30.3cm
2尺 : 60.6cm
3尺 : 90.9cm
4尺 : 121.2cm
5尺 : 151.5cm
6尺 : 181.8cm
7尺 : 212.1cm
8尺 : 242.4cm
9尺 : 272.7cm
10尺 : 303.0cm

1尺は約30cmと覚えておけば問題ないですが、詳細に知りたい場合は早見表を活用しましょう。

 

分からなければセンチで教えてもらおう

マイホームを計画する際には、図面はミリで表示されることが多いです。

尺やミリは一般人にあまり馴染みがないため、よく分からなければ「センチで教えてください。」と伝えましょう。

寸法が分かっていないと、仕上がった時に違和感を感じることもあります。ぜひ参考にしてみてください。


【関連記事はこちら】



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ



注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加