戸建に高窓を設置するメリット・デメリット5選


高窓は必ず設置を検討しよう!

1

「明るい家にしたい」「風通りのよい家にしたい。」という方は多いですが、高窓を設置している家は非常に少ないです。

戸建を建てる上で、窓の大きさや位置はとても重要です。その中でも、通常の窓は設置しますが、高窓は検討しなかったという方も多いです。

今回は、高窓を設置するメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

 

高窓を設置するメリット3選

3

まず、高窓を設置するメリットについて、詳しく解説します。
 
 
●採光が取りやすい

高窓は通常の窓に比べて高い位置にあるため、部屋の奥まで採光を取り入れることができます。

高窓は、横長の形状が一般的です。横長の窓は、採光を均等に入れてくれる役割があります。また、高窓は外からの視線が気にならないため、いつでもカーテンを閉める必要がありません。
 
 
●換気がしやすい

空気は暖まると上に溜まる性質があります。夏のムワッとした空気が上に溜まるため、高窓を開けると暑い空気を逃がすことができます。

また、高窓は視線が気にならないため、開けっ放しでも外から中が見えないこともメリットです。
 
 
●部屋から空が眺められる

高窓を設置した場合、部屋から空を眺めることができます。部屋から空が眺められるのは、通常の家ではあまりなく、オシャレな雰囲気を作ることができます。

 

高窓のデメリット2選

2

次に、高窓のデメリットについてご紹介します。
 
 
●掃除がしにくい

高窓は高い場所にあるため、とても掃除がしにくいです。高窓を掃除するためのアイテムを購入する必要があります。
 
 
●窓が開けにくい

通常の窓よりも、開けにくいのはデメリットです。簡単に通風を行うためには、窓を電動式やハンドル式にする必要があります。

 

狭い家は必ず高窓を検討しよう!

4

高窓を設置すべき家は、特に狭い家です。

狭い家は、部屋に光が入れにくく、窓の設置を工夫しないと日中でも真っ暗になってしまいます。高窓を設置するだけで、明るさが全く変わってきます。

窓を設置すると、タンスや家具が置けないといったことがありますが、高窓であれば基本的に大丈夫です。ぜひ、検討してみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加