家が欲しいけどローンが通らない人はどうするべき?原因と改善法7選



家が欲しいけどローンが通らない人はどうするべき?

「家が欲しいけどローンが通らない‥」「どうすれば住宅ローンご組めるのだろうか‥」と悩む方は多いです。

住宅ローンが通らない理由は様々ですが、行動することで住宅ローンが通った方も多くいます。

この記事では、家が欲しいけどローンが通らない原因と改善法について、詳しく解説します。

家が欲しいけどローンが通らない原因と改善法7選

家が欲しいけどローンが通らない原因と改善法について、下記にまとめました。

自営業で申告している所得が低い

自営業や個人事業主の場合、税金対策で所得を低く申請するケースがあります。

税金を安くできるメリットがありますが、住宅ローンを組みたい場合は逆効果です。住宅ローンの審査は所得額が基準になるためです。

この場合の対策は、所得額を上げることです。銀行に相談すると、所得額がいくら以上で借りられるといった目安を教えてくれることが多いので、ヒアリングした上で所得額を増やしましょう。

支払いを遅延したことがある

住宅ローンの審査では、過去の支払い履歴などが分かる信用調査が実施されます。

過去にローンや分割払いの支払い遅延や滞納があると、この信用調査書に記載されます。1回であればさほど問題になりませんが、複数回に渡り支払いの遅延があると、住宅ローンの審査が厳しくなります。

この場合の対策は、まず金融機関を変えてみましょう金融機関によって審査の基準は異なりますので、審査に通る可能性があります。

また、完済から2〜5年待つことで、住宅ローンの審査に通ることがあります。これは、信用調査に登録された遅延の記録は、2〜5年で消えるためです。

少額や短期間の遅延なら2年、多額や長期間なら5年と言われています。

信用調査は、自分で調べることが可能です。下記の信用調査機関に請求すると、自分の情報が分かります。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

支払いの遅延記録が消えているかどうか、自分で調べてみましょう。

債務整理をしたことがある

支払いの遅延だけでなく、債務整理をした場合も当然ですが信用調査に記載されます。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産などが当たります。今は経済的に問題がなくても、住宅ローンに落ちる原因になります。

この場合の対策は、5〜10年程度待つことです。債務整理の記録は、5〜10年で消えると言われています。

自己破産などの記録が消えるのは、信用調査会社によっても期間が異なります。住宅ローンを契約する銀行がどの調査会社を使っているかで、審査の状況は変わってくるでしょう。

正社員ではない

正社員ではなく派遣社員やアルバイトの場合、住宅ローンの審査に通る可能性は低いです。継続的な収入がなく、返済能力が低いと判断されるためです。

この場合の対策は、単純ですが正社員になることです。正社員の転職に成功することで、住宅ローンが組める可能性が格段に上がります。

また、フラット35であれば、雇用形態に関係なく収入で判断してもらえます。派遣社員やアルバイトでもある程度の収入があれば、フラット35を検討しましょう。

複数のキャッシングを利用している

プロミスやアコムなど、複数のキャッシングを利用していると住宅ローンの審査に通りづらくなります。クレジットカードの支払いと違い、キャッシングは借金とみなされるためです。

この場合の対策は、キャッシングの返済を行うことです。キャッシングを返済するためには、家計改善をする必要があります。

キャッシングを利用している場合、住宅ローンの審査に通っても金利が高くなる可能性があります。まずは返済することをおすすめします。

連帯保証人になっている

連帯保証人になっている場合でも、信用調査には記載がされてしまいます。

自分に経済的な問題がなくても、連帯保証人になっていることで住宅ローンに落ちるケースがあります。万が一返済が出来なくなった場合に、自分が借金を返済する必要があるためです。

この場合の対策は、代理の連帯保証人を立ててもらうことです。代理を探すのは容易ではありませんが、家族など相談してみましょう。

また、現在の返済状況から連帯保証人を立てる必要が無くなったり、借り換えを行うことで連帯保証人から外れるといった方法もあります。

他にも借り入れがある

マイカーローンや教育ローンなど、他にも借り入れがある場合は住宅ローンの審査に通りにくくなります。

この場合の対策は、返済することで借入額を少なくしましょう。借入額が少なくなることで、住宅ローンの審査に通りやすくなるだけでなく、金利の優遇も受けやすくなります。

 

フラット35の利用も検討しよう!

フラット35は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で実施している住宅ローンです。

多くの方が住宅を持てるように設計されており、民間の住宅ローンに比べ年収や金属年数といった条件が緩和されています。

35年固定ローンのため、支払い額が確定しているのも人気です。ローンが通らない方は、フラット35も検討してみましょう。


【関連記事はこちら】



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ



注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加