※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例7選




ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?

引用:【三井ホーム】 ツーバイフォー おしゃれな洋風住宅

「ツーバイフォー工法で家を建てたい!」
「やめたほうがいい理由ってある?」

ツーバイフォー工法は元々カナダから伝わったもので、耐久性に優れた住宅や高い気密性を実現します。ツーバイフォー工法を希望する方は多いです。

この記事では、ツーバイフォー工法で家を建てるメリットや後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ツーバイフォー工法とは?

ツーバイフォー工法とは?

引用:ツーバイフォー工法(2×4)とは? 構造、メリット・デメリットやツーバイフォー材(2×4)のサイズはどのくらい?

ツーバイフォー工法は、2×4インチや2×6インチなどのツーバイ材と呼ばれる木材に構造用合板を貼り付け、工場でパネルとして一体化させた後、現場で組み立てる建築工法です。

ツーバイフォー工法は、もともとカナダの寒冷地で年間の暖房費を4分の1に削減することを目的として開発された工法で、高い気密性と断熱性を備えています。

アメリカでは、『Platform Method(プラットフォームメソッド)』という正式名称で知られており、日本では木造枠組壁工法とも呼ばれています。

 

ツーバイフォー工法で家を建てるメリット3選

ツーバイフォー工法で家を建てるメリット3選

次に、ツーバイフォー工法で家を建てるメリットを解説します。

優れた耐久性・耐震性

ツーバイフォー工法を採用することで、地震などの災害に強い住宅を建設することができます。

東日本大震災の際には、震度6弱以上を観測した地域のツーバイフォー工法の家のアンケート調査結果から、約98%の家が大きな地震被害を受けたにも関わらず、「当面は修復しなくても住める」と回答されました。また、北海道の時計台など、過去にツーバイフォー工法で建てられた建物からも耐久性の高さが確認されています。

ツーバイフォー工法の耐久性と耐震性は、家の構造によるものであり、モノコック構造と呼ばれる方法を採用しています。この構造は、新幹線やレーシングカーなどの高い耐久性が求められる分野でも使用されています。ツーバイフォー工法では、骨組みではなく床や壁などの外板に強度を持たせることで、受けた衝撃を一部分に集中させずに全体に分散させることができます。

耐火性が高く保険が安くなる

ツーバイフォー工法は特別な防火対策を施さなくても、その構造的な特性により耐火性が高く、消火効果と防火機能を持っています。

ツーバイフォー工法の家の壁内は、石膏ボードに含まれる結晶水が熱分解を起こし、火事が発生した場合でも水蒸気を発生させます。そのため、壁紙が燃えても外側の構造材は冷えて発火しにくくなり、小火程度なら鎮火することもあります。

また、構造材が発火しても枠組材が一定の間隔で組み込まれているため、火の進行を阻止する役割も果たします。このような耐火性の高さにより、ツーバイフォー工法の家では特別な防火処置をせずに、安い保険料で火災保険に加入することができます。

気密性を確保しやすい

ツーバイフォー工法は面で家を構築するため、気密性を確保しやすいです。

在来工法と比較して、気密処理が必要な箇所(壁と床、壁と天井などの境目や開口部など)が少なく、対応が比較的容易です。適切な気密処理を施すことで、10年以上経過しても性能を維持することができます。

実際に20年経過した家の計測結果では、気密性能の指標であるC値の劣化は約0.3㎠/㎡(立米毎時)であり、厳しい基準をクリアしていました。気密性の高い家は、外部からの風やホコリ、花粉の侵入を抑えることができ、また室内の温度や湿度の維持にも役立ちます。快適な室内環境を実現するためには、結露や隙間風の発生を抑えるために、適切な断熱材の使用や気密テープの施工が重要です。

 

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?実際に後悔した事例7選

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?実際に後悔した事例7選

次に、ツーバイフォー工法を採用して実際に後悔した事例について、詳しく解説します。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例①「家の外観デザインに制約があった」

ツーバイフォー工法の欠点は、家の外観デザインに制約があることです。パネルを使用するため、滑らかな曲線を持つ家を作りたい場合でも、パネルは曲げることができないため実現できません。

また、窓の位置に関しても、910㎜の部分にはツーバイ材があるため、設計上の制約があります。リフォームの場合も、パネルを移動させる必要があるため、在来工法と比較して一定の制限が生じるケースが多いです。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例②「施工ミスで壁内結露が発生した」

ツーバイフォー工法においても、防湿気密シートが内側に使用されず、透湿バランスが崩れることで壁内結露が発生し、壁が腐るケースがあります。

本来、壁内で結露を発生させないためには、外壁側の透湿抵抗比を下げて壁内に侵入した水蒸気を外へ排出する必要があります。しかし、一部のハウスメーカーや工務店では、防湿気密シートを使用せずに袋入り断熱材の薄いシートで対応する場合もあります。

袋入り断熱材のシートには透湿抵抗がないため、水蒸気が袋入り断熱材を通り抜けて構造用合板を濡らし、カビや腐食を引き起こす可能性があります。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例③「窓の数が制限されている」

ツーバイフォー構造は、壁パネルによって家が支えられる特徴を持っています。窓を設けるためには壁をくり抜く必要がありますが、多くの窓を設置すると構造の強度が低下してしまいます。そのため、ツーバイフォー住宅では窓の数が少なくなるというデメリットがあります。

また、同じ理由で大きな窓を作ることもできませんので、広々とした感覚や十分な採光を求める場合は、従来の工法で柱が家を支える構造を選ぶべきです。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例④「適用できる土地に制限がある」

ツーバイフォー構造は箱を組み立てるイメージで進められますので、建築できる土地には制約があります。通常、正方形や長方形の形状の住宅となるため、三角形や台形などの変形した形状の土地では建築することができません。

特に都市部では、住宅が密集しており敷地面積が狭かったり、奇妙な形状をしていたりすることがありますので、ツーバイフォー住宅は適していない場合があります。既に所有している土地の形状が正方形や長方形ではない場合は、従来の工法を選択する方が無難です。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例⑤「カビやダニが発生しやすい」

高い気密性と断熱性が特徴のツーバイフォー構造は、内外の温度差が大きくなるため、結露が生じやすくなります。その結果、カビやダニが繁殖しやすい環境となるため、結露対策が必要となります。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例⑥「リノベーションが難しい」

家族構成や環境の変化に伴い、リノベーションを検討する場合でも、間取りの変更が大規模な工事を必要とする場合があります。

ただし、建設段階からリノベーションを想定していれば、一部の改修や間取りの変更は可能です。ツーバイフォー住宅のノウハウを豊富に持ち、リフォームまで対応できる住宅会社を選ぶことが重要です。

ツーバイフォー工法はやめたほうがいい?後悔した事例⑦「雨に弱い」

ツーバイフォー構造では、屋根から建築を進めることができないため、建築中の雨には注意が必要です。ツーバイフォー住宅の建築は、基礎から始まり、1階部分の壁、2階部分の床という順序で進められます。屋根は最後に取り付けるため、建築中に雨が降ると木材が濡れてしまいます。

木材が湿気を含むと、膨張や変形が生じ、腐食のリスクも高まります。その結果、住宅の品質が低下する可能性があります。ツーバイフォー構造はもともと、雨量の少ない北米の工法に由来しているため、雨量の多い地域や季節には適していないと言えます。

 

ツーバイフォー住宅を建てられるハウスメーカー

一条工務店

一条工務店は、高い断熱性と省エネルギー性を誇る住宅を提供していることで知られています。ツーバイフォー住宅は、厳しい気候条件にも耐えうる品質が保証されており、長期にわたる住宅保証が魅力的です。

また、カスタマイズの自由度も高く、家族のライフスタイルに合わせた住まい作りが可能です。

三井ホーム

三井ホームは、美しいデザインと機能性を兼ね備えたツーバイフォー住宅を市場に提供しています。耐震性に優れ、長期にわたる安心を提供します。

また、環境負荷を低減するための工夫も随所に見られ、エコフレンドリーな住宅選びをしたい人には最適な選択肢です。

三菱地所ホーム

三菱地所ホームは、洗練された都市型住宅を多く手掛けており、ツーバイフォー技術を活用した住宅では、耐久性と快適性を両立しています。

特に、緻密な設計と高品質な建材使用により、長期間にわたる住宅の価値を維持しています。

ヤマダホームズ

ヤマダホームズは、コストパフォーマンスに優れたツーバイフォー住宅を提供しています。

全国に展開する大手小売りチェーンのネットワークを活用して、リーズナブルな価格で質の高い住宅を提供することを目指しています。また、アフターサービスも充実しており、安心して住むことができます。

住友不動産

住友不動産は、多様な生活スタイルに対応するツーバイフォー住宅を展開しています。

モダンなデザインが特徴で、都市部での利便性と快適な住空間を提供しています。また、高い耐震性とエネルギー効率の良さが、多くの家庭に支持されています。

スウェーデンハウス

スウェーデンハウスは、北欧スタイルの温もりと機能性を重視したツーバイフォー住宅を提供しています。厳しい冬の寒さにも耐えることができる優れた断熱性を持っており、日本の四季に合わせた住まいとしても高い評価を得ています。

また、自然素材を用いた健康的な住環境を提供し、家族全員が快適に過ごせる空間作りを心掛けています。

 

ツーバイフォー工法は検討すべき!

ツーバイフォー工法は検討すべき!

引用:ツーバイフォー工法の構造・性能のこと

この記事では、ツーバイフォー工法で家を建てるメリットや後悔した事例について、詳しく解説しました。

ツーバイフォー工法は、高い断熱性と気密性を実現しやすく、性能面でも優れた工法です。家を長持ちさせたいと考えている方には、検討することをオススメします。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】