家づくりのアドバイス

上棟式に何もしないのはアリ?最近の傾向は行わないのが主流

上棟式に何もしないのは駄目?

「上棟式に何もしないのは失礼ですか?」と疑問に思う方は非常に多いです。

上棟式は地域によっても様々で、田舎では今でも多くの方が上棟式を行っています。対して、上棟式も地鎮祭もしないという方も増えています。

この記事では、上棟式に何もしないのは問題ないのか、詳しく解説します。

続きを読む

一尺は何センチ?家づくりでは勺の単位を覚えておこう

一尺は何センチ?

木造住宅の家づくりで多様される「尺」。普段の生活では全く使わないため、良く分かっていない方も多いと思います。

尺の単位が出てきたときに、おおよその長さを把握しておくことをオススメします。結論からいうと、一尺は約30cmと覚えておきましょう。

この記事では、一尺は何センチなのか、尺とセンチについて詳しく解説します。

続きを読む

書斎のコンセントは不足しがち!把握すべき必要な設備と使い方

書斎のコンセントは不足しがち!

新築の注文住宅で書斎を検討している方へ。

書斎を作る上で注意すべきなのが「コンセントの数」です。書斎を作った方の中で、「コンセントをもっと設置すれば良かった」と後悔する方が多いためです。

今回の記事では、書斎のコンセントについて詳しく解説します。

続きを読む

タイニーハウスの室内・内装を徹底紹介!把握すべきメリット・デメリット

タイニーハウスの室内・内装を徹底紹介!

最近ではミニマリストが注目されており、家にかける費用を抑えて豊かに暮らすと考える方が増えています。

そこで注目されているのが「タイニーハウス」です。コテージや小屋のような可愛さがあり、コンパクトに暮らしたいという方に剥けた住宅となっています。

この記事では、タイニーハウスのメリット・デメリットや室内の内装について、詳しく解説します。

続きを読む

セルロースファイバーで後悔!把握すべきデメリット4選

セルロースファイバーで後悔する?デメリットも把握すべき

家を建てる際に、断熱材についてこだわっている方は意外に少ないです。

そのハウスメーカーの標準仕様を選ぶ方がほとんどで、性能の違いなどを検討しないのです。断熱材は「グラスウール」「ロックウール」「ポリエチレン」「ウレタンフォーム」など、様々な種類があるにも関わらずです。

この記事では、断熱材「セルロースファイバー」についてご紹介します。

続きを読む

黒のアクセントクロスは失敗する?実際の事例3選

アクセントクロスに黒を選ぶと失敗する?

「注文住宅ではアクセントクロスにこだわりたい!」という方は非常に多いです。

アクセントクロスを貼ることで、オシャレでかっこいい空間を作ることが可能です。オシャレな注文住宅は、必ずアクセントクロスが採用されています。

黒のダークでおしゃれな空間にするために、黒のアクセントクロスを選ぶ方もいます。しかし、アクセントクロスで失敗した方を見ると、黒を選んでいる方が非常に多いのです。

この記事では、黒のアクセントクロスを選んで失敗した理由について、詳しく解説します。

続きを読む

住宅展示場で全く相手にされない人の特徴8選

住宅展示場で相手にされない人とは?

「住宅展示場の初めて行ってみたけど、あまり相手にされない。」といった方も多いです。

最初は住宅展示場で営業されるのは嫌だと思っていたら、逆に相手にされずに困ってしまうのです。なぜ相手にされなかったのでしょうか?

今回の記事では、住宅展示場で営業マンに相手にされない人の特徴について、詳しく解説します。

続きを読む

二世帯住宅住宅はデメリットだらけ?しんどい理由とデメリット7選と回避方法3選

二世帯住宅はデメリットだらけ?しんどい理由とは

二世帯住宅に住んでいる方に話を聞くと、「後悔した」「しんどい」といった意見ばかりが目立ちます。

実際に、二世帯住宅を建てて後悔したケースは非常に多いです。実際に、二世帯住宅にはデメリットばかりが目立ちます。

しかし、二世帯住宅にはメリットも多く存在します。今回の記事では、二世帯住宅のタイプやデメリット、デメリットを回避する方法について詳しく解説します。

続きを読む

メーターモジュールの把握しておくべきメリット・デメリット5選

メーターモジュールと尺モジュールで迷っている方へ

メーターモジュールと尺モジュールで迷っている方へ。

住宅メーカーによって「尺モジュール」もしくは「メーターモジュール」を取り扱っている場合があり、「結局どっちがいいの?」と迷う方が多いです。

尺モジュールとメーターモジュールでは、1間の長さが異なります。畳の1畳は尺モジュールで182cm×91cmとなりますが、メーターモジュールでは200cm×100cmとなります。

「大きさが違うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、メリット・デメリットがあります。詳しく解説していきます。

続きを読む

暗い部屋に光を取り込むために|実践すべき5つのテクニック

暗い部屋に光を取り込むためには?

誰もが明るくて気持ちの良い空間で暮らしたいと考えますが、「隣の家が近くて光が入らない」「南向きじゃないので昼間でも電気を付ける必要がある。」という方はとても多いです。

日光が入らないと落ち込みやすい、ストレスが溜まる、カビによりぜんそくやアレルギーになるなど、様々なデメリットがあります。

そこで今回は、部屋の電気を付けるだけでなく、暗い部屋に光を取り込むために実践すべきテクニックについて解説します。

続きを読む