お金

新築の予算がオーバー!後悔しない予算削減のポイント7選

注文住宅で予算がオーバー!後悔しないための予算削減策

注文住宅で新築の家を計画する時、「予算が大きくオーバーしてしまった!」というのはよくある事です。

ハウスメーカーと契約する際には、ハウスメーカーが提案した間取り・予算が提示されることが多いです。その間取り・予算を参考に契約するものの、「もっとこうしたい!」という要望が増えて、予算を大きくオーバーすることになるのです。

予算がオーバーしてしまった場合に、しっかりと検討して予算を削減しないと後悔することになります。そこで今回は新築を建てる際に予算オーバーしてしまった場合の予算削減策について、詳しく解説します。

続きを読む

住宅購入のために理解すべき消費税|どのタイミングで購入するのがベストなのか

住宅購入するために必要な「消費税」の知識

 
住宅購入するために必要な「消費税」の知識あなたが住宅購入を検討している場合、必ず知っておかなければいけない知識が「消費税」だ。

2014年4月に5%→8%へ引き上げられ、2017年4月には8%→10%になることが予定されている。人生で一番高い買い物である住宅は、消費税の影響を最も大きく受ける買い物だ。

住宅購入で消費税がかかるのは建物部分で、土地には消費税が掛からない。しかし、建物の価格が2,500万円であれば、消費税8%で200万円、消費税10%で250万円となるため、10%に上がったタイミングで購入すると50万円も出費が増えてしまう。

「2017年4月まであと1年以上あるから大丈夫」と思わないでほしい。注文住宅を購入する場合、2016年9月までに建築請負契約を済ませる必要がある。住宅購入は物件を決めるまでにもかなりの時間が掛かるため、あまり時間はないのだ。

今回は、住宅購入するために必要な消費税の知識を紹介していく。

続きを読む

賃貸か購入かどっちが得?住宅ローンの仕組みで見えてくる損得

賃貸か購入か迷っている方へ

 
賃貸か購入か迷っている方へ家を買う人が一番最初に直面する問題は、「家は賃貸か購入かどっちが得なの?」という疑問だ。

雑誌などで繰り返し取り上げられる問題で、いわば「永遠のテーマ」だ。全国の男女1000人を対象にしたアンケートでは、「買う方が良い」と答えたのは74.7%にのぼる。

なぜ買う方が良いのか聞くと、断トツのトップが「家賃がもったいない」という理由だ。不動産会社の営業トークにもなっているが、賃貸はどれだけ家賃を払っても自分の物にはならない。家を購入すると、自分の資産になるので「買う方が良い」という回答が多いのだ。

しかし、本当にそうだろうか?

不動産価格というのは需要と供給のバランスだ。つまり、賃貸か購入かどちらを選んだとしても、条件は同じはずなのだ。

住宅ローンの仕組みも理解することで、賃貸か購入かどっちが得かが見えてくる。詳しく解説していく。

続きを読む

印紙税の軽減措置|売買契約書は半額になる

家を買う時に必要な税金「印紙税」

 
家を買う時に必要な税金「印紙税」 印紙税とは、住宅の売買契約や住宅ローンの契約書を交わすときに、契約書にかかる税金だ。

印紙税は家に限らず、契約書には必ず必要となる税金だ。

例えば、居酒屋で打ち上げをして領収書をもらう場合も、印紙が貼ってあるのを見たことがあるだろう。

住宅などの不動産を購入する場合、印紙税は軽減措置が設けられている。
平成30年3月31日までだ。

続きを読む

建物表題登記は自分でできる!費用と必要書類を把握しよう

建物表題登記とは?

建物表題登記とは?あなたが不動産を購入する場合、必ず必要になるのが「建物表題登記」だ。

新築を購入した場合、登記簿には何も登記がされていない状態だ。この世に存在しない建物となっている。そこで、建物建築後に建物表題登記を1ヶ月以内にする必要がある。

建物表題登記を行うことにより、登記簿に初めて建物所在が記録される。記録される内容としては、登記年月日など、建物の所在、家屋番号、種類(使用目的)、構造、面積などだ。

建物表題登記を行う際には、不動産会社やハウスメーカーから司法書士さんを紹介されるケースがほとんどだ。しかし、10万円程度の費用が発生してしまうため、自分で行う人もいる。

続きを読む

登録免許税とは?登記費用の計算方法と軽減措置を理解しよう

登録免許税とは?不動産の諸費用で一番ややこしい

登録免許税とは?不動産の諸費用で一番ややこしい不動産の購入にあたっては様々な諸費用が発生するが、その中で「登録免許税」が最もややこしい。

「登録免許税」ではなく「登記税」という名称であれば、まだ分かりやすいと思う。土地や建物を売買した場合、もしくは贈与や相続による所有権を移転する場合は、移転登記をする必要がある。また、住宅ローンの借入時には、抵当権の設定登記費用が発生する。

登録免許税は、大きく分けて3つある。「所有権の保存登記」「所有権の移転登記」「抵当権の設定登記」の3つだ。詳しく解説していく。

※今回は、軽減税率が適用される平成29年3月31までに取得した場合を前提とする。登記名義人が自分の住居として使用し、新築物件・床面積50㎡以上とする。また、固定資産台帳の価格は、土地350万円・建物500万円で算出する。

続きを読む

不動産取得税の軽減措置・計算方法をきちんと理解しよう

不動産取得税は軽減措置のインパクトが大きい

不動産取得税は軽減措置のインパクトが大きい不動産に関する税金は複雑だが、大きく分けて2つある。

1つ目は購入時のみに発生する税金で、「不動産取得税」「登録免許税」が該当する。2つ目は、継続的に掛かる税金で「固定資産税」「都市計画税」がそれに当たる。

今回は、この中で「不動産取得税」について詳しく解説していく。この4つの税金の中で、最も軽減措置が大きい税金だ。軽減措置を利用すれば、数十万円単位で税金が軽減される。

ただ、軽減措置の計算方法が最も複雑なのが不動産取得税だ。

続きを読む