間取り

窓が少ない家を建てるメリット・デメリット6選

窓が少ない家を建てる方が増えている

2

最近では、窓が少ない家を建てる方が非常に増えています。

窓が少ない家を建てる理由として、共働き世帯が増えたことが理由となっています。窓が少ないと掃除などのメンテナンスが減り、空き巣などの被害も非常に少なくなります。

また、24時間換気システムが発達したおかげで、窓がなくても容易に換気ができるようになりました。

しかし、窓が少ない家はメリットだけでなく、デメリットもあります。しっかりと検討して建築しないと、後悔することになります。

今回は窓が少ない家のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

廊下のない家を建てる上でのメリット・デメリット9選

廊下のない家で後悔しないために

1

最近では、リビングや各部屋の広さを確保するために、廊下のない家を建てる人が増えています。

限れれた土地を無駄なく、効率良く使うことは重要です。その上で、廊下は無駄なスペースと思う方が多いのです。

しかし、廊下のない家にはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。しっかりと把握しておかないと、後悔することになります。

今回は、廊下のない家を建てる上でのメリット・デメリットについて、詳しく紹介します。

続きを読む

地窓のメリット4選|和室だけでなく玄関や廊下にも

人気が復活してきている「地窓」を取り入れよう

1

「地窓」とは、地面・床に近い低い場所に開けられる窓のことをいいます。

以前は和室によく用いられることが多かったですが、最近では玄関や廊下などにも取り入れられることが多くなりました。

その地窓が、最近では人気が復活してきています。それは、オシャレで光が入るだけでなく、効率的に換気ができることからです。

地窓と高窓を組み合わせることで、暖かい空気が上昇するため効率的に換気を行うことができます。省エネルギー住宅の必要性が高まる中で、地窓を設置する方が増えているのです。

今回は地窓を設置するメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

子育てしやすい間取り7選|安全性とコミュニケーションが重要

子育てしやすい間取りに重要な「安全性」と「コミュニケーション」

1

戸建を購入する多くの家庭が、小さなお子様を持つ子育て世代です。子育てをする上で、「安全性」「コミュニケーション」を考えた間取りはとても重要です。

子育てのしやすい家は、子供の安全性が確保されています。また、家族が自然と集まって、コミュニケーションの取りやすい間取りとなっているのです。

今回は、子育てしやすい間取り・必要なアイテムについて、詳しく解説します。

続きを読む

庭を有効活用する方法5選|放置されるのはもったいない

庭を有効活用しよう!

1

庭付きの家は憧れがありますが、いざ庭付き戸建を買うとほったらかしにしてしまう方が多いです。

庭を有効活用するためには、どのような意図で庭を設置するのかを考慮した上で庭を作ることが重要です。

今回は、庭を有効活用する方法について詳しく解説します。

続きを読む

L型キッチンの間取り|メリット・デメリット7選

作業スペースが広くて人気の「L型キッチン」

1

キッチンにはⅠ字型・Ⅱ字型・L字型・アイランド型が代表的な配置ですが、その中でも人気が高いのが「L型キッチン」です。

L型キッチンが人気の理由は、動線が短いため料理が楽になることや、複数人で料理できる点が挙げられます。3世帯家族で一緒に料理をする機会が多い方や、将来は娘と一緒に料理がしたい方など、L型キッチンを検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、L型キッチンのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

ワイドバルコニーを設置するメリット・使い方4選

ワイドバルコニーは検討すべき!

1

最近のマンションでは、ワイドバルコニーを採用するマンションが増えています。

バルコニーは通常1.5m程度が一般的ですが、2m前後まで広げたバルコニーを「ワイドバルコニー」と呼びます。

ワイドバルコニーにすることで、バルコニーが「洗濯物を干す」だけのスペースから、様々な楽しみが生まれるスペースになります。

今回は、ワイドバルコニーのメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

サービスバルコニーの使い方・活用術5選

サービスバルコニーを有効活用している人は少ない

1

マンションにサービスバルコニーがある方は多いですが、ほとんどの方が有効活用できていません。

サービスバルコニーとは、メインのバルコニーとは別に設けられたバルコニーです。メインのバルコニーは災害時の避難通路として用いられる場所となっており、奥行きが最低でも1m以上が必要になります。

サービスバルコニーは奥行きが少なく、避難通路としての役割も持ちません。まさに、おまけのバルコニーなのですが、狭くて日当たりが良くないケースも多いことから、有効活用されていないのが現実です。

そこで、今回はサービスバルコニーの使い方・活用術について、詳しく解説します。

続きを読む

サービスルームの活用方法とメリット・デメリット8選

サービスルームとは?

1

マンションで同じ間取りでも、上層階では「3LDK」となっていて、下層階では「2LDK+S」となっている場合があります。

この「S」というのがサービスルームです。上層階では光が得られる窓が、下層階では隣の建物の影になることで光が得られない窓となり、サービスルームの扱いになります。

建築基準法で「居室」とは、生活や仕事のために人が長い時間過ごす部屋であるとしています。「採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以上」「換気に必要な開口部が床面積の1/20以上」と定められていますが、サービスルームはこの2つの条件を満たさない部屋です。

ちなみに、サービスルームと同じように、トイレ・洗面所・浴室・収納・玄関・廊下なども居室には該当しません。

このサービスルームはどのように活用すればいいのでしょうか?今回は、サービスルームのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

スタディコーナーでリビング学習をしよう!注意すべき間取りのポイント4選

リビング学習のために設置すべき「スタディコーナー」

1

「東大生の多くが子供の頃に実践していた学習法」として注目されたのが、子供部屋ではなくリビングで勉強をするリビング学習です。

今や、小学生以下の子供がいる家庭では定番になっています。しかし、リビングやダイニングにスタディコーナーを設置するには、家を建てる時にしっかりとした計画が必要です。

スタディコーナーのある間取りを実現するには、注意すべきポイントがいくつもあります。今回は「スタディコーナー」について、詳しく解説します。

続きを読む