間取り

窓が少ない家を建てるメリット・デメリット6選

窓が少ない家を建てる方が増えている

2

最近では、窓が少ない家を建てる方が非常に増えています。

窓が少ない家を建てる理由として、共働き世帯が増えたことが理由となっています。窓が少ないと掃除などのメンテナンスが減り、空き巣などの被害も非常に少なくなります。

また、24時間換気システムが発達したおかげで、窓がなくても容易に換気ができるようになりました。

しかし、窓が少ない家はメリットだけでなく、デメリットもあります。しっかりと検討して建築しないと、後悔することになります。

今回は窓が少ない家のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

廊下のない家を建てる上でのメリット・デメリット9選

廊下のない家で後悔しないために

1

最近では、リビングや各部屋の広さを確保するために、廊下のない家を建てる人が増えています。

限れれた土地を無駄なく、効率良く使うことは重要です。その上で、廊下は無駄なスペースと思う方が多いのです。

しかし、廊下のない家にはメリットがたくさんありますが、デメリットもあります。しっかりと把握しておかないと、後悔することになります。

今回は、廊下のない家を建てる上でのメリット・デメリットについて、詳しく紹介します。

続きを読む

子育てしやすい間取り7選|安全性とコミュニケーションが重要

子育てしやすい間取りに重要な「安全性」と「コミュニケーション」

1

戸建を購入する多くの家庭が、小さなお子様を持つ子育て世代です。子育てをする上で、「安全性」「コミュニケーション」を考えた間取りはとても重要です。

子育てのしやすい家は、子供の安全性が確保されています。また、家族が自然と集まって、コミュニケーションの取りやすい間取りとなっているのです。

今回は、子育てしやすい間取り・必要なアイテムについて、詳しく解説します。

続きを読む

螺旋階段を設置する上で知っておくべきメリット・デメリット9選

螺旋階段は存在感があってオシャレ!

2

螺旋階段のある家はとても憧れますが、実際に採用している方は少ない階段です。

私は、家の条件によっては螺旋階段が適しているケースも多いと思っています。しかし、最初から螺旋階段の採用を検討する人が少ないのは、とてももったいないです。

今回は、螺旋階段を設置する上で知っておくべきメリット・デメリット9選について紹介します。

続きを読む

サービスルームの活用方法とメリット・デメリット8選

サービスルームとは?

1

マンションで同じ間取りでも、上層階では「3LDK」となっていて、下層階では「2LDK+S」となっている場合があります。

この「S」というのがサービスルームです。上層階では光が得られる窓が、下層階では隣の建物の影になることで光が得られない窓となり、サービスルームの扱いになります。

建築基準法で「居室」とは、生活や仕事のために人が長い時間過ごす部屋であるとしています。「採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以上」「換気に必要な開口部が床面積の1/20以上」と定められていますが、サービスルームはこの2つの条件を満たさない部屋です。

ちなみに、サービスルームと同じように、トイレ・洗面所・浴室・収納・玄関・廊下なども居室には該当しません。

このサービスルームはどのように活用すればいいのでしょうか?今回は、サービスルームのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

吹き抜けのある家|知っておくべきメリット・デメリット11選

開放感のある家にしたい方へ

1

「吹き抜けのある家は、開放感があっていいね。」という憧れを持つ方は多いです。

吹き抜けとは、建物の1階から2階にかけて天井がなく、上下が繋がっている空間です。1階と2階を繋げることで、空間が広がることで開放感があり、明るい家になります。

しかし、吹き抜けのある家はデメリットも多くあります。しっかりと検討した上で設置しないと、「こんなはずじゃなかった。」と後悔することになります。

今回は、吹き抜けのある家のメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

インナーバルコニーを設置するメリット・デメリット9選

活用の幅が広がる「インナーバルコニー」

1

マンションに住んでいた方は特に、屋根のあるバルコニー「インナーバルコニー」を好む傾向にあります。

インナーバルコニーとは、バルコニー部分が建物の内側に引っ込んでいる形状の間取りです。屋根が深く掛かっているので、活用の幅が広がります。

インナーバルコニーの人気が高い理由は、バルコニー自体が建物の一部に含まれており、外なのに屋内にある部屋のように使うことが出来るためです。

しかし、インナーバルコニーはデメリットも多くあります。しっかりとメリット・デメリットを把握した上で、設置を検討しましょう。

続きを読む

屋上のある家を建てたい人が把握すべきメリット・デメリット7選

屋上のある家が増えている

1

屋上テラスの家に憧れる人は多いですが、最近の戸建では屋上のある家が増えています。

その理由として、金属防水工法の技術向上があります。これまでは塗膜タイプのFRP防水工法という方法が一般的でしたが、定期的な塗替えなどのメンテナンスが必要でした。

しかし、現在は金属板の大きな浴槽のように連結させる「金属防水工法」によって、メンテナンス面や耐震性が向上しています。これまでは鉄筋コンクリートやRC造りの家にしか屋上は作れなかったのですが、木造住宅でも作れるようになっているのです。

また、住宅瑕疵担保責任保険の対象基準はこれまで1/50程度の勾配が必要でしたが、保険の対象が1/100の勾配に緩和されたことも大きい要因となります。

屋上のある家があれば、バーベキュー・ガーデニングなど様々な活用方法があるので憧れますよね。今回は、屋上のある家を建てたい人が把握すべき、メリット・デメリットを詳しく解説します。

続きを読む

お風呂を2階に設置するメリット5選・デメリット8選

お風呂を2階に設置するのは後悔する?

1

注文住宅で割合としては少ないですが、2階にお風呂を設置する方もいます。

珍しいケースですが、2階にお風呂を設置するメリットも多くあります。あなたのライフスタイルに合っているのであれば、検討する価値は十分にあります。

将来のことも考えて設置する必要があるので、メリット・デメリットをしっかりと把握して計画しましょう。

続きを読む

ウォークインクローゼットの知っておきたいメリット・デメリット8選

ウォークインクローゼットは8割の人が付けたい収納

1

新築物件を建てる場合、ウォークインクローゼットを設置したいと答える人は8割に上ります。

戸建の場合、収納スペースの面積は8%以上が利用とされています。住んでいるとどんどん荷物が増えていきますが、衣類以外も収納できるウォークインクローゼットは重宝するのです。

非常に多くの家庭で設置されているウォークインクローゼットですが、しっかりと使い方を検討した上で設置しないと、ただの物置になってしまいます。

今回は、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む