※当サイトのリンクには広告が含まれています。

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない理由3選




60歳過ぎたら2階で寝てはいけない!その理由を徹底解説!

「60歳過ぎたら2階で寝てはいけないって本当?」
「なぜ老後は2階が危険なのか知りたい」

60歳過ぎたら2階で寝てはいけないと言われ、最近では平屋を購入する方が非常に増えています。なぜ、2階で寝ることが危険なのでしょうか?

この記事では、60歳過ぎたら2階で寝てはいけない理由について、詳しく解説します。



タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない理由3選

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない3つの理由について、解説します。

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない①「夜間のトイレが最も危険」

要介護の人が自宅をリフォームする際、「無理して2階に上がり、階段で転倒して骨折した」という話をよく聞きます。一時的な入院で回復できればいいですが、骨折が原因で寝たきりになり、それが認知症の発症などを引き起こす可能性があります。高齢者にとって、歩けなくなることは大きな障害です。

しかし、長年の習慣を変えるのは難しいです。まだ元気だからという理由で、若い頃から2階に寝室を持っている人は多いでしょう。しかし、高齢になると夜間にトイレに行く頻度が増えるなど、自分の気持ちとは関係なく危険な状況にさらされることが増えます。

寝室が2階にあり、トイレが1階にしかないのは避けるべきです。夜間にトイレに行くときが最も転倒しやすいです。昼間なら問題ない段差でも、寝起きでぼんやりとしているときは大きなハードルとなります。

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない②「ヒートショックの危険性」

冬になると、暖かい寝室と寒い階段の温度差によって血圧が急激に変動し、ヒートショックを引き起こす危険性があります。

もし階段でヒートショックを起こした場合、転倒する可能性もあります。そのため、高齢になってからの住居では、寝室とトイレの間の距離を最小限にすることが重要です。

60歳過ぎたら2階で寝てはいけない③「増築ではなく減築を」

自宅で老後を過ごすことを決めている場合、将来を考慮したリフォームや部屋の配置変更は、まだ体力があるうちに行うべきです。介護が始まってからでは、建て替え中の場所を確保するなど、多くの困難が生じる可能性があります。

60歳以降のリフォームでは、「増築」ではなく、2階を取り払う「減築」を基本的な考え方としましょう。大規模な工事をしなくても、2階は不要な物をしまう物置として利用し、日常生活は1階ですべて完結できるように改装すれば十分です。

 

平屋の着工数は2倍以上に

10年間で、日本の新築住宅の着工戸数は少子化やコロナ禍の影響で減少していますが、その中で1階建て住宅、通称「平屋」の着工戸数が増加しています。

2010年には、住宅の中で平屋の着工戸数はわずか6.19%でしたが、現在は2倍以上の成長を遂げています。最も大きな理由としては、老後に階段の上り下りは大変で、危険が伴うためです。

これから家を建てる方は、最初から平屋を検討するか、老後に1階で生活しやすい環境を整えるようにしましょう。

 

年齢を重ねるほど危険性は大きくなる

この記事では、60歳過ぎたら2階で寝てはいけない理由について、詳しく解説しました。

階段の上り下りは運動になるからいいという方もいますが、年齢を重ねるほど危険性は大きくなります。まだ元気なうちに、今後のことを考えて家の配置を整えることが重要です。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】