※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

エアー断震システムの特徴とデメリット4選を徹底解説




エアー断震システムの特徴とデメリットを徹底解説!

「地震に強い家を建てたい!」
「エアー断震システムを採用したい!」

家を建てる際に気にかける重要なポイントのひとつに、地震への対策があります。注文住宅を建てる上で、耐震性能は非常に重要な要素です。

この記事では、エアー断震システムの特徴やデメリットについて、詳しく解説します。



タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

エアー断震とは?

エアー断震システムとは、地震が発生した際に空気の力を使って家を浮かせ、地震の揺れを避ける仕組みです。

まるでホバークラフトのように建物全体を浮かせることで、建物と地面の動きを完全に切り離します。これにより、建物や家具、そして住んでいる人々は地震の影響をほとんど受けずに済むのです。

さらに、このシステムを導入した住宅は、地震による損傷を防ぐことができます。何度地震が発生しても、建物の性能が低下することなく、長期間にわたって強度や安全性を保ちます。そのため、エアー断震システムを採用することで、将来にわたる安心感を得ることができます。

 

エアー断震システムの特徴

地震の揺れを1/20に軽減

エアー断震システムは、家を空中に浮かせて地震の揺れを大幅に軽減する革新的な地震対策装置です。このシステムは、空気の力を利用して家を浮かせることで、地震発生時の地面の揺れを1/20にまで減少させます。

地面と接していない浮いた状態の家は、揺れをほとんど感じないため、家の倒壊や家具の転倒による被害を効果的に防ぎ、住む人々の安全を確保します。

施工費用は免震装置の約1/3

エアー断震システムの施工費用は、一般的な免震装置の約1/3で済みます。導入する住宅の面積によって異なりますが、コストパフォーマンスに優れています。

このシステムは、2×4(ツーバイフォー)住宅を含む様々なタイプの戸建住宅に対応しており、3階建の建物にも適用可能です。これにより、地震対策をより多くの家庭で実現できるようになります。

メンテナンスが簡単

エアー断震システムのメンテナンスは非常に簡単です。地震後には、コンプレッサーが自動的に空気をタンクに補充し、常に最適な状態を保ちます。

また、半年に一度、専門スタッフが点検に訪れるため、日常的なお手入れはほとんど必要ありません。部品交換や専門的なメンテナンスが必要な場合は、有料工事となりますので、その際にご相談いただけます。

 

エアー断震システムの仕組み

通常時の動作

エアー断震システムは、通常時においても常に地震センサーが動作しています。このセンサーは、一般家庭用の電力を使用して建物の揺れを監視しています。

しかし、停電などの非常時には、自動的に内蔵されたバッテリーに電源が切り替わるため、監視が途切れることはありません。このように、常にセンサーが動作していることで、地震に対する即時対応が可能となっています。

地震発生時の動作

地震が発生すると、エアー断震システムの地震センサーが揺れを感知します。一定の震度を超えると、システムは瞬時に空気を送り込み、建物を浮かせます。

これにより、建物への直接的な衝撃が緩和されます。また、オプションとしてP波センサーを追加することも可能で、このセンサーは本震が来る前の初期微動(P波)を検知し、事前に建物を浮かせることができます。これにより、さらに効果的な地震対策が実現します。

地震回復時の動作

地震の揺れが収まると、エアー断震システムは建物を元の位置に戻す作業を開始します。

位置戻し装置が空気を送り込み、建物を慎重に調整しながら元の位置に戻します。さらに、システムは大地震後の余震にも対応するため、タンクに貯めた空気を利用して停電時でも機能し続けます。これにより、地震が収まった後でも安全な状態を保つことができます。

 

エアー断震システムのデメリット4選

エアー断震システムは、地震対策として非常に有効ですが、いくつかのデメリットもあります。ここでは、エアー断震システムの4つのデメリットについて詳しく説明します。

玄関の高さが増す

エアー断震システムは、住宅の下に人工地盤を設け、その上に住宅を建てる仕組みです。このため、通常の住宅に比べて数十センチメートルの高さが追加されることになります。

この高さの増加は、玄関部分に特に影響を及ぼし、通常の玄関よりも1段から2段高くなる可能性があります。そのため、特に車椅子を利用する方にとっては、不便に感じることがあるかもしれません。この点については、住宅メーカーに相談することが重要です。

間取りに制約が生じる

エアー断震システムを設置するには、エアーボンベを収納するスペースが必要です。このため、住宅の間取りに制約が生じることがあります。

例えば、3畳程度のボンベ室を1階に設ける必要があり、他の部屋の配置に影響を及ぼす可能性があります。また、見学した住宅では、ボンベ室が家の中央付近の和室に配置されていました。このように、ボンベの収納場所により間取りが制約されることを考慮する必要があります。

エアーボンベ充填時の騒音

エアーボンベに空気を充填する際、コンプレッサーが作動する音が微かに聞こえることがあります。

特に夜間にこの音が気になる場合がありますが、多くのシステムでは夜間の作動を停止する設定が可能です。ボンベの設置場所によっても音の影響は異なりますが、実際には空気を充填する音がしっかりと聞こえることで、システムが正常に作動していると安心感を得ることもあります。

私の体験では、週に1回程度、昼間に10分ほど作動することが多いです。

エアーボンベの充填に電力が必要

エアー断震システムでは、エアーボンベに空気を充填するためにコンプレッサーを使用します。このため、電力が必要になります。

通常、家庭用の100ボルトのコンセントで使用できますが、地震時に電力が供給されない場合には、発電機の用意や車のバッテリーを利用した充電方法を考える必要があります。ボンベには3回から4回程度の地震で住宅を浮かせるための空気が入っていますが、長期間の電力供給停止に備えて対策を検討することが重要です。

 

エアー断震のデメリットを把握した上で採用しよう

多くの方が、「結局どの地震対策が最適なのか?」という疑問を持っています。しかし、残念ながらこの問いに対する明確な答えはありません。

予算を優先する場合は、耐震・制震技術が候補になりますが、耐震性能を最優先に考える場合は、免震・断震技術が有力な選択肢となります。

さらに、最適な地震対策はお住まいの地域や建築予定地の地盤によっても異なるため、地域特性や地盤条件、予算、個別の要望を総合的に考慮して決定する必要があります。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】