こんな防草シートは意味ない!実際に後悔した事例7選




こんな防草シートは意味ない!後悔した事例を徹底解説!

引用:コストを抑えながら手間も省ける、防草シートを使った雑草対策

「庭に防草シートを設置したい!」
「失敗することってある?」

防草シートは、太陽の光を遮断して雑草の成長を抑えることができる便利なシートです。適切に使用すれば、草取りの手間を大幅に削減することができます。

しかし、防草シートの選び方や使い方を間違えてしまうと、後悔することになります。この記事では、防草シートは後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例7選

防草シートを採用して、実際に後悔した事例をご紹介します。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例①「選び方を間違えた」

安価な防草シートを選んでしまうと、1年で破れてしまったり、雑草が防草シートを突き破って生えてきたりします。防草シートの選択には、以下の要素に基づいて適切なものを選ぶ必要があります。

・抑えたい雑草の種類
・防草シートを敷く場所
・抑えたい期間

短期間(2〜3年)で雑草を抑える場合は、織物の防草シートでも十分です。一方、長期間(10年)にわたって雑草を抑えたい場合は、密度の高い不織布の防草シートがおすすめです。また、尖った雑草が生えている場合は、織物よりも不織布の防草シートが適しています。

防草シートを選ぶ際には、耐用年数や抑えられる雑草の性能と価格を比較し、用途に合った防草シートを選ぶようにしましょう。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例②「施工が甘かった」

雑草は非常に生命力が強く、壁際や防草シート同士のわずかなすき間からでも芽を出して成長してしまいます。

また、推奨されている本数よりも少ない止めピンを使用すると、風が防草シートの下に入り込んでめくれてしまうこともあります。選んだ防草シートが十分な効果を発揮できるように、正しい方法で防草シートを敷きましょう。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例③「湿気がたまり虫が発生した」

湿った地面に防草シートを敷くと、湿気がたまり、暗くて湿った環境を好むダンゴムシやナメクジなどの虫が発生する場合があります。

一般的に家庭で使用される防草シートは水はけが良く、通常は雨水が防草シートを通り抜けて地面に浸透しますが、地面が湿っている場合は水が地面に浸透せず、防草シートの下に水たまりができてしまいます。

水はけの悪い場所に防草シートを敷く場合は、砂利を敷き、転圧機でしっかりと押さえましょう。水はけが改善され、防草シートを敷いても湿気がたまりにくくなります。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例④「耐久性の低い防草シートを買ってしまった」

使用状況によりますが、約3年ほど使用するとシートが弱まり、効果が薄れます。

防草シートは紫外線の影響を受けるため、定期的な交換が必要です。劣化したまま放置すると、やがて穴が開き、雑草が生えてきます。

安価な防草シートは2〜3年程度ですが、高価な防草シートは10年以上持つものもあります。耐用年数が長い防草シートは価格が高くなりますが、交換頻度が減るため、お手入れが簡単になります。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例⑤「素材の種類を把握していなかった」

防草シートには「織布」と「不織布」という2つの主要な種類があります。

織布は、繊維と繊維を織り合わせて作られており、その隙間が大きいため、尖った葉先を持つ雑草(例えばチガヤやスギナ)が生えていると、その隙間から突き抜けてしまいます。

一方、不織布は、繊維を組み合わせて熱で結合させたものです。不織布の方が織布よりも葉先が尖った雑草の侵入を防ぐことができます。

尖った葉先を持つ雑草が生えている場合は、不織布の防草シートを選ぶことをおすすめします。不織布は、葉先が尖った雑草が突き抜けにくくなっています。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例⑥「重ね方が甘かった」

防草シートを重ねて固定していたにもかかわらず、シートの境目から雑草が生えてきています。重ね方が甘かったせいです。

防草シート同士は10cm以上重ねて固定し、専用の粘着テープを使用して隙間をなくしましょう。

こんな防草シートは意味ない!後悔した事例⑦「防草シートだけでは景観が良くない」

防草シートは通常、黒色のシートが主流です。そのため、庭や畑の一面に防草シートを敷くと、景観が損なわれてしまいがちです。

気になる方は、防草シートの上に人工芝や砂利を敷くことをおすすめします。防草シートに人工芝や砂利を敷くと、見た目が大変身し、魅力的な景観を作ることができます。

 

選び方や使い方を間違えると後悔する

引用:庭づくりで防草シートを選ぶ3つの理由とおしゃれな活用法を徹底解説【DIY対応】

この記事では、防草シートは後悔した事例について、詳しく解説しました。

防草シートは綺麗な庭づくりに欠かせませんが、選び方や使い方を間違えると後悔することになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国550以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから



【関連記事はこちら】