カーポートを安くあげるには?費用相場と5万円以上安く購入するための方法


カーポートを安くあげるには?

新しく住宅を買った方で、頭を悩ませるのが「カーポートを設置するかどうか」です。

大切な車を守るため、雨の日でも乗り降りをしやすくするためなど、カーポートを設置するには様々な理由があります。

しかし、カーポートの設置はほとんどの方が初めての経験なので、後で後悔することも多いのです。また、カーポートを安くあげる方法も知らない方がほとんどです。

そこで今回は、カーポートの設置メリットや安くあげる方法について、詳しく解説します。

カーポートを設置するメリット

まず、カーポートを設置するとどのようなメリットがあるのでしょうか?そもそも自分の家にカーポートが必要かどうか、メリットを確認して判断しましょう。

直射日光が防げる

カーポートはUVカットの商品が多く、直射日光を防いでくれます。直射日光を防ぐことにより、車の塗装の経年劣化が遅くなり、車が熱くなりにくいといったメリットがあります。

雨の日の乗り降りが格段に楽になる

カーポートは横からの雨までは防げませんが、大抵の天気では雨が降っていてもほとんど濡れることはありません。雨や雪の日の乗り降りが楽になるので、特に小さなお子様がいる家庭などは重宝します。

鳥の糞や黄砂などから車を守る

車には鳥の糞が付いてしまったり、黄砂が積もることもあります。カーポートを設置することで、そういった心配は無くなります。

ガレージよりも明るい

カーポートではなくガレージを設置する方もいますが、ガレージは外の光が入らないので暗いです。カーポートであれば、自然光を取り込んで景観が明るくなります。

冬に霜がつきにくい

カーポートを設置することで、冬に霜がつきにくいです。凍結を防げるので、朝の出社時に視界が悪くなるといった心配が少なくなります。

 

カーポートの費用相場

カーポートには様々な種類があり、商品によって費用は大きく異なります。費用の相場としては、15〜40万円が目安となります。

まず、片側支持もしくは両側支持によって費用は大きく異なります。柱が左右のどちからしかないのが片側支持です。柱の数が少ないため設置費用が安く、両側に柱がないため駐車の際の横幅も広くなります。

両側支持は安定感があり、重量にも耐えられるので積雪地方や風の強い地方で利用されます。また、2台分のカーポートを設置したい場合も、両側支持が選ばれます。

その他にも、屋根がUVカットかどうか、豪雪地帯でも耐えられるほどの強度が必要かどうかなどで、費用は異なります。

 

カーポートはどこで買えば安くあげることができる?

まず、カーポートはどこで買えば安くあげることができるのでしょうか?まず、代表的な購入先は下記となります。

ハウスメーカー

新築の戸建てを購入する際に、ハウスメーカーにカーポートも発注する方は多いです。

しかし、この方法はあまりオススメできません。ハウスメーカーは工務店に発注し、工務店からカーポート専門業者に発注するという流れになります。下請け業者が増えると、利益分の価格が高くなるのでハウスメーカーで発注するのはやめましょう。

工務店

工務店もハウスメーカー同様にあまりオススメできません。しかし、様々な相談をしたいといった理由であれば、工務店を選んでも良いでしょう。

カーポート専門業者

最もオススメできるのが、カーポート専門業者に直接発注することです。

まず、カーポート専門業者はカーポートの設置が多いことから、メーカーから大量発注をするため価格が総じて安くなる傾向にあります。

また、仲介業者を挟まないので、ハウスメーカーや工務店といった利益分を余計に取られることはありません。

ホームセンター

ホームセンターでも、安くカーポートが販売されているケースがあります。カーポート専門業者と比較することをオススメします。

 

Yahoo!ショッピングや楽天市場などのネットショッピングもチェックする

私はカーポート専門業者をオススメしていますが、カーポート専門業者がYahoo!ショッピングや楽天市場に出店しているケースがあります。

カーポートは高い買い物ですので、同じ業者でもYahoo!ショッピングや楽天市場だとポイントが付きます。3〜5,000円程度のポイントを貯めることができますので、ネットショッピングもチェックするようにしましょう。

ネットショッピングでは、工事費込みの値段で販売している業者も多いです。

 

カーポートを安くあげるための注意点2選

また、カーポートを安くあげるための注意点をご紹介します。

発注は外構工事が始まる前に

外構の工事が完了してから、自分で別の業者にカーポート設置を依頼するケースがあります。しかし、私は外構工事が始まる前に発注することをオススメします。

例えば、柱を建てる場所にコンクリートが打たれていると、そのコンクリートを撤去・処分する工程が発生してしまいます。これだけで2〜3万円は無駄になってしまいます。

カーポートは発注してから2週間程度は掛かりますので、事前に調整しておくことが重要です。

完了検査が終わった後に施工する

建築確認を申請する際に、カーポートが設計審査に入っていないケースがあります。別の業者で発注する場合、図面に入っていないのは当然です。

この場合、完了検査が下りずに建築確認の変更申請が必要になるケースがあります。変更料に1〜2万円取られてしまうのは、非常にもったいないです。

完了検査は、外構工事が終わっていない段階でも受けることが可能です。外構工事が終わってない段階で完了検査を受けて、完了検査が終わった後に施工するのがオススメです。

 

相見積もりは必ず行おう

カーポートを購入する方は、ハウスメーカーや工務店に安易に発注してしまいがちです。しかし、相見積もりは必ず取ることをオススメします。

相見積もりを取ることで、ハウスメーカーや工務店がどれだけ高いのかが実感できると思います。カーポート専門業者に頼むことで、5〜10万円程度は費用を圧縮できるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加