住宅ローン審査ではなぜ貯金額を聞かれるのか?理由を徹底解説



住宅ローン審査ではなぜ貯金額を聞かれるのか?

「住宅ローンの審査で貯金額を聞かれた」という経験のある方は多いです。

住宅ローンの審査はあくまでも年収に対する返済能力が重要ですが、住宅以外の用途にも使う貯金額を聞かれるのを不思議に思う方もいます。

この記事では、なぜ住宅ローンの審査で貯金額を聞かれるのか、詳しく解説します。

住宅ローン審査で貯金額を聞かれる理由

住宅ローンの審査で貯金額を聞かれる場合、年収に対して返済額が35%程度、もしくはそれ以上のケースが多いです。

年収に対する返済比率を基準にする金融機関は多く、その上限を35%に設定しているケースが多いためです。

主に、返済力や貯蓄力を確認するために、貯金額を聞くのです。

また、金融機関によっては貯金額を聞くが審査には影響なく、あくまでも初期費用を出す余力があるかの確認の場合もあります。

貯金額を伝えることで、有利・不利になるケースがありますので、解説します。

貯金額が有利に働くケース

年収に対して貯金額が多い場合、審査に通りやすい傾向があります。

家計のやりくりがうまく、今後年収が下がったしても返済できると判断されるためです。

貯金額の目安としては、年収以上の金額があるとベストです。年収500万円であれば、貯金額は500万円以上が目安となります。

貯金額が不利に働くケース

対して、年収に対する貯金額が少ない場合は、住宅ローン審査が不利になるケースがあります。

目安としては、貯金額が年収の1/3以下だと少ないと見られるでしょう。

 

住宅ローン審査で貯金額を聞かれないケースもある

住宅ローンの審査では、貯金額は聞かれないケースも多々あります。

また、聞かれた場合にはある程度素直に答えましょう。多少の前後であれば問題ありませんが、後でバレた場合に住宅ローン審査に悪影響が出る可能性があります。

ぜひ、参考にしてみてください。


【関連記事はこちら】



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ



注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加