※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

新築のフロアコーティングで実際に後悔した事例9選




新築のフロアコーティングで後悔した事例を紹介

「フローリングを綺麗に保ちたい」「床を滑らないようにしたい」という理由で、フロアコーティングを検討する方は多いです。

フロアコーティングは想像通りにするのは難しく、後で後悔する方も多いです。メリット・デメリットを把握した上で、採用することが重要です。

この記事では、新築のフロアコーティングで実際に後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

フロアコーティングが選ばれる理由

汚れや傷から守る

床は家の中で最もよく使われる部分であり、特に人が頻繁に歩く場所や家具が接触する部分は摩耗しやすいです。フロアコーティングを施すことで、硬い保護膜が床表面を覆い、生活の中で発生する汚れや傷から床を守ります。

これにより、お子様やペットがいる家庭でも安心して使用できます。最初はコーティングが無駄だと感じるかもしれませんが、10年後や20年後には未処理の床と比較して、その違いが明確に現れます。

こまめな塗り直しが不要

ワックスを使用した床は、半年から1年ごとに塗り直しが必要で、汚れや黒ずみが目立つようになると、剥がして再度塗り直すという手間がかかります。

しかし、ガラスコーティング、シリコンコーティング、UVコーティングなどのフロアコーティングならば、約20年以上の耐久性があります。そのため、長期間にわたって塗り直しの必要がなく、メンテナンスの手間を大幅に減らすことができます。

掃除がしやすくなる

フロアコーティングで保護された床は、汚れが表面に染み込みにくいため、簡単に拭き取るだけで掃除が完了します。

特にガラスコーティングやUVコーティングは、アルコールや洗剤に対しても強い耐性を持っているため、汚れがついてもすぐに落とすことができ、日常の掃除が非常に楽になります。これにより、いつも清潔な床を保つことができ、家庭内の衛生環境も向上します。

 

フロアコーティングで実際に後悔した事例7選

フロアコーティングを採用して、実際に後悔した事例を詳しく紹介します。

新築フロアコーティングで後悔した事例①「滑りやすくなった」

ガラスコーティングを行ったのですが、ハウスメーカーの説明だと滑りやすくはならず、何も塗っていないのと同程度と聞いていました。

しかし、実際に床にガラスコーティングをすると、明らかに滑りやすくなりました。子供が転ぶ回数が増えており、心配です。

新築フロアコーティングで後悔した事例②「すぐにコーティングが剥がれた」

アクリルコーティングを行なったのですが、まだ1年経っていないのにコーティングが剥がれました。

ハウスメーカーの説明だと、5年は持つということでした。こんなに早く剥がれるのであれば、やらなければよかったと後悔しています。

新築フロアコーティングで後悔した事例③「ホコリがつきやすくなった」

シリコンコーティングを採用しましたが、ホコリが付きやすくなって困っています。

傷や頑固な汚れの対策になると思って採用しましたが、ホコリがここまで目立つのであればやるべきでは無かったです。

新築フロアコーティングで後悔した事例④「ひび割れが出た」

費用は高いものの、強度が高く長持ちするUVコーティングを採用しました。

しかし、家具を置いたところひび割れが出てしまいました。調べてみると、UVコーティングは重い家具を乗せると割れやすいことを知りました。

新築フロアコーティングで後悔した事例⑤「光沢が強すぎる」

イメージしていたよりも光沢が強すぎて、家のイメージと合わなくなってしまいました。普段なら気にならない汚れも、光沢があることで目立ってしまっています。

汚れが付かないためにフロアコーティングをしましたが、しなきゃよかったと後悔しています。

新築フロアコーティングで後悔した事例⑥「匂いがしばらく取れなかった」

フロアコーティングの匂いについて全く説明がありませんでしたが、しばらく匂いが取れずに苦労しました。

新築フロアコーティングで後悔した事例⑦「ムラがあり汚く見える」

せっかく高いお金を払ったのに、フロアコーティングにムラがあり、逆に汚く見えてしまっています。職人さんによって全く出来が違うんだなと思いました。

新築フロアコーティングで後悔した事例⑧「コーティングの質感が好みじゃない」

フロアコーティングには、多くの場合、色や質感の選択肢があります。しかし、施工後に自分の好みと異なると感じ、後悔してしまいました。

新築フロアコーティングで後悔した事例⑨「メンテナンスが大変」

フロアコーティングは、長期的なメンテナンスが必要です。定期的に清掃を行わなければなりませんが、忙しくてサボってしまい、汚れが落ちにくくなりました。

 

後悔しないフロアコーティングの選び方

家族の状況に応じた選び方

フロアコーティングを選ぶ際には、家族構成や生活スタイルに合ったものを選ぶことが重要です。

例えば、小さなお子さんがいる家庭では、食べこぼしや飲み物のこぼれにも対応できる耐水性の高いコーティングが適しています。一方、ペットがいる家庭では、滑りにくいタイプのコーティングを選ぶことで、ペットの安全を確保できます。

どのような暮らしを送りたいのかを具体的にイメージし、それに合ったコーティングを選ぶことが後悔しないポイントです。

耐久性を重視する選び方

フロアコーティングの耐久性は、使用する素材やコーティングの種類によって異なります。一般的なコーティングでも、5年から10年程度の耐久性がありますが、高品質なコーティングでは、20年から35年と長期間にわたってフローリングを保護します。

耐久性が高いほどメンテナンスの頻度が減り、長い目で見て経済的です。自分たちの生活スタイルや長期的なプランに合わせて、最適な耐久性を持つコーティングを選びましょう。

光沢感を考慮した選び方

フロアコーティングには光沢感を増す効果があります。床の表情を豊かにするため、塗膜の厚さや種類を選ぶ際には、好みの光沢感を考慮することが大切です。

例えば、落ち着いた艶感を求める場合は控えめな光沢のコーティングを選び、品のある光沢感を楽しみたい場合は、より光沢のあるタイプを選ぶと良いでしょう。部屋の雰囲気やインテリアに合わせて、最適な光沢感を持つコーティングを選びましょう。

価格を考慮した選び方

フロアコーティングの価格は、種類や性能によって大きく異なります。予算を設定し、その範囲内で最適なコーティングを選ぶことが重要です。ただし、価格だけで決めるのではなく、品質や耐久性も考慮する必要があります。

安価なコーティングは初期費用が抑えられますが、耐久性が低く頻繁に塗り直しが必要になる場合もあります。まずは必要な条件を整理し、様々な商品を比較して、それぞれの相場を理解することが大切です。

 

フロアコーティングの種類

フロアコーティングには様々な種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。以下では、代表的なフロアコーティングの種類について詳しく説明します。

UVフロアコーティング

UVフロアコーティングは、耐久性が非常に高く、その持続期間は約20年に及びます。

このコーティングは美しい光沢を持ち、高級感あふれる仕上がりが特徴です。また、UV硬化により速乾性が高く、施工後すぐに家具の搬入が可能となる点も大きな利点です。

ガラスフロアコーティング

ガラスフロアコーティングは、光沢の調整が可能で、光沢感のあるピカピカな仕上がりから、落ち着いたマットな質感まで選ぶことができます。

水や洗剤に強いため、特にキッチンなどでよく利用されます。しかし、他のコーティングと比較すると滑りやすい性質があり、小さな子どもやペットがいる家庭では注意が必要です。耐久年数は約10年です。

シリコンフロアコーティング

シリコンフロアコーティングは、光沢感、耐久性、そしてコストのバランスが取れた選択肢です。

ガラスフロアコーティングに次いで人気が高いです。乾燥には2日から3日を要するため、家具の搬入には少し時間がかかりますが、耐久年数が約10年と比較的長く、コストパフォーマンスに優れています。

ウレタンフロアコーティング

ウレタンフロアコーティングは、ウレタン樹脂を使用したコーティング方法です。

耐久年数は約5年と他のコーティングに比べて短めですが、自然な光沢感があり、ナチュラルな雰囲気を求める方に人気です。また、耐摩耗性が高く、床の傷を防ぎたい方に適しています。

水性フロアコーティング

水性のウレタンフロアコーティングは、施工のし直しが可能な点が大きな特徴です。

他のコーティング方法では一度施工すると剥離が難しいのに対し、水性コーティングは比較的容易に剥離できるため、再施工が必要な場合にも便利です。しかし、耐久年数は約3年と短いため、長期的な使用には向いていません。

 

フロアコーティングで後悔しない人とは?

フロアコーティングで後悔した事例をご紹介しましたが、逆に採用して後悔しない方の特徴をまとめました。

床にツヤを出したい

床にツヤを出したい方にとって、フロアコーティングはオススメです。ワックスだと頻繁に塗り替える必要がありますが、フロアコーティングであれば数年はメンテナンスが必要ありません。

床を傷から守りたい

フローリングは細かな傷や汚れが付きますが、フロアコーティングによってある程度はフローリングを守ることができます。

ペットの負担を減らしたい

フローリングはペットにとって滑りやすく、足腰に負担をかけます。シリコンコーティングをすることによって床が滑りにくくなり、ペットの足腰の負担を軽減できます。

 

フロアコーティングは業者によっても出来が違う

フロアコーティングは、コーティング剤によっても効果や持続力が全く違います。しっかりと特徴を把握した上で、選びましょう。

また、フロアコーティングは職人の技術力によっても差が出ます。口コミなどしっかり確認することが重要です。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】