コンクリートの家は後悔する?メリット・デメリットを徹底解説



コンクリートの家は後悔する?メリット・デメリットを徹底解説!

引用:RC戸建住宅を東京・大阪でお探しの方へ『JPホーム』

コンクリートの家に住みたい!」
「コンクリート打ちっ放しってオシャレ」

コンクリート打ちっ放しの家は、都会的なデザインとなり人気があります。また、木造と違って大空間を実現できたり、防音効果が高いといったメリットがあります。

しかし、注文住宅でコンクリートの家を選ぶ方はわずかです。実際にコンクリートの家を選んで、後悔する方もいます。

この記事では、コンクリートの家のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

コンクリートの戸建てはたったの1%

引用:コンクリート造(RC)の注文住宅が人気の理由|高級住宅info.

新築の戸建住宅で、実際にコンクリート造を選ぶ方はわずか1%です。ほとんどの方は、木造もしくは軽量鉄骨造を選びます。

コンクリートの家は独特な雰囲気があり、クールでオシャレです。オンリーワンでカッコいい家を建てたい方に、人気があります。

しかし、コンクリートの家はデメリットもあり、価格も高いことから採用されることは少ないです。

 

コンクリート住宅のタイプ

コンクリート住宅のタイプは、下記の2種類があります。

RC構造

「RC造」は、補強されたコンクリート造の建物です「Reinforced Concrete」の略で、「Reinforced=強化された」「Concrete=コンクリート」という意味です。

補強は、型枠にコンクリートを流し込んでガチガチに固めて強化されています。戸建コンクリート造の住宅は、RC造が多いです。

SRC構造

「SRC造」は、「Steel Reinforced Concrete」の略です。「Reinforced=強化された」「Concrete=コンクリート」の意味を持つRC造に、さらに「Steel=鉄」の構造が加わった建築構造になります。

コンクリートの特性でもある「外的圧力に変化せず耐え凌ぐ強さ」と、鉄骨が持つ「しなることで外的圧力の影響を緩和する強さ」を融合させた構造で、非常に強い耐震性能を兼ね備えていることが大きな特徴です。

 

コンクリート住宅の工法

コンクリート住宅の工法は、主に下記の2つとなります。

ラーメン構造

「ラーメン構造」は、食べ物のラーメンとは関係ありません。ドイツ語の(Rahmen)に由来する意味合いを持っており、「Rahmen=フレーム、枠組み」という意味となります。

フレームで家を支えることで、壁面に開口部を広く取るといったことが可能です。開放的な空間演出ができます。

壁式構造

壁で住宅を支える工法を「壁式構造」といいます。壁の面全体で家を支えることにより、耐震性の高い家となります。高層の建物にもよく使われる工法です。

 

コンクリート住宅のメリット5選

引用:ホームズ】メリットやデメリットは?コンクリート打ち放し物件で知っておきたいこと

次に、コンクリート住宅のメリットについて解説します。

デザイン性が高い

コンクリート住宅は、木造や鉄骨造にはない外観のデザインを実現できます。

コンクリート造ならではの曲線状のアーチや、斜めの線使いなどが可能です。木造や鉄骨造は基本的にボックス型の家になるので、コンクリート造ならではのオンリーワンなデザインとなります。

開放的な空間を実現できる

コンクリート造の住宅は、柱が少なくても良いので大空間を演出できます。リビングなど、とても開放的な印象になります。

防音効果が高い

コンクリート造は、木造などに比べて遮音性が高いです。音が伝わりにくいため、家で楽器をしたい、ホームシアターを楽しみたいといったことも可能です。

高い耐震性・耐久性

コンクリート造の戸建は、木造や鉄骨造に比べて格段に高い耐震性・耐久性となります。大きなマンションやビルでも支えるようなコンクリートなので、安心して暮らすことができます。

耐火性が高い

コンクリート造は、耐震性・耐久性だけでなく火災にも強い構造です。近くで火災が起きた時も、木造や鉄骨造に比べて格段に安心感があります。

 

コンクリート住宅で後悔したこと4選

次に、コンクリート造で後悔したことについて、詳しく解説します。

コンクリート住宅で後悔したこと①「価格が高い」

木造住宅の坪単価は50万円程度が平均値となりますが、コンクリート住宅の坪単価は100万円程度は想定すべきです。

コンクリート住宅は材料費だけでなく、施工難易度が高く施工できる業者が限られるため、施工費も木造に比べて高いです。

コンクリート住宅で後悔したこと②「断熱性が低い」

コンクリートは、木造に比べて断熱性が低いです。コンクリートの熱伝導率は、木造に比べて約13倍になります。

断熱性の低さをカバーするために、断熱材や窓などを性能の良い物にする必要があり、費用が高くなる一つの要因になっています。コンクリート造の場合は、外張り断熱も検討すべきです。

コンクリート住宅で後悔したこと③「結露しやすい」

コンクリート造の住宅は結露しやすいため、対策が必要です。定期的な換気など、設計時に検討しておきましょう。

コンクリート住宅で後悔したこと④「ひび割れ・穴」

コンクリートは、木造のように収縮しないためひび割れや穴が発生しやすいです。

 

快適に暮らすためには対策が必要

引用:RC戸建住宅を東京・大阪でお探しの方へ『JPホーム』

コンクリート造の住宅はオシャレで性能も高いですが、主に価格面で諦めてしまう方が多いです。

また、価格以外のデメリットもあります。断熱性向上・結露対策・ひび割れや穴の対策など、検討した上で設計すべきです。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】