断熱等級7のハウスメーカーは?新基準を把握しよう




断熱等級7のハウスメーカーってあるの?

「断熱等級7の家ってあるの?」
「断熱性能にはこだわりたい!」

断熱等級の等級5は、2022年4月から運用が開始されました。いくつかのハウスメーカーはこの基準に合致していることをアピールしています。

そして、2022年10月からは等級6・7も開始されています。この記事では、断熱等級5〜7のハウスメーカー対応状況について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

断熱等級の新基準とは?

新しい等級(等級5・6・7)について、ざっくりと説明すると以下のような特徴があります。

・等級5
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)適合基準。最低限満たすべき基準と言えます。

・等級6
HEAT20G2基準に相当。一般的な住宅と比較して高い性能を持ちます。

・等級7
HEAT20G3基準に相当。最高水準の性能を持ちますが、あくまで嗜好品の領域と言えます。

等級7を目指す場合は、外壁の断熱を充填し付加断熱する必要が出るため、コストが高くなり割高になります。総括すると、現在の状況では、等級5から等級6くらいを目指すのが経済的に最適だと考えます。

 

断熱等級5〜7のハウスメーカー対応状況

断熱等級5〜7への主要住宅メーカーの対応を見ると、ほとんどのメーカーが等級6まで対応可能であり、しかし等級7に関しては厳しい状況となっています。

日本で最も多くの着工件数を持つ積水ハウスも、現時点では等級7に対応する予定はないようです。有名なメーカーである三井ホームも、等級6に近い性能を標準で提供しているようですが、等級7にはまだ対応していないようです。等級5に関しては、ZEHと同等の基準として知られており、有名なハウスメーカーのほとんどが標準で対応しているようです。

断熱といえば一条工務店ですが、最も基本的な「i-smart」では、等級7に相当する性能を標準で提供しています。最も寒冷地の条件でも等級6を満たし、等級7に近い性能を持っているとされています。

まとめると、多くのハウスメーカーが等級6までの基準に標準で対応していますが、等級7に関しては対応していないメーカーがほとんどであり、そのためにコストが割高になる傾向があります。したがって、寒冷地でなければ等級5〜等級6を推奨します。

 

どこまで断熱性能を求めるか検討しよう!

この記事では、断熱等級5〜7のハウスメーカー対応状況について、詳しく解説しました。

以前は最高レベルが等級4でしたが、現在は等級7が最高となっています。この点は、ハウスメーカー選びをする中で知っておきたいポイントです。

あまりに断熱性能を求めると、家の価格が大きく上がります。住んでいる地域などを考慮し、どれくらいの断熱性能が適切なのか検討してみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから



【関連記事はこちら】