※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

ガレージ電動シャッターのメリット・デメリット|後悔した事例4選




ガレージの電動シャッターは後悔する?メリット・デメリットを徹底解説!

「ガレージのシャッターを電動にするか迷っている」という方は多いです。

大切な愛車の保管だったり、趣味のガレージを実現したい方はガレージを検討します。電動シャッターと手動シャッターで悩む方がいます。

どちらにもメリット・デメリットがありますが、しっかりと把握して設置しないと後悔することになります。

この記事では、電動シャッターを設置して実際に後悔した事例など、詳しく解説します。


タウンライフ エクステリア&外構工事」は、自宅にいながら全国630社以上の外構業者の中から、提案を受けることができるサービス!あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が無料でもらえます。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ エクステリア&外構工事が凄いのは、資料だけでなく「外構費用のお見積り」「プランニング」「アイデア&アドバイス」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ガレージシャッターの役割を把握しよう

まずは、ガレージシャッターの主な役割について、把握しておきましょう。

雨風から車を守る

カーポートでは、吹き込むような風や雨から車を守ることが出来ません。ガレージシャッターがあれば、雨風から車を守り、車は汚れにくくなります。

また、台風で飛んでくる枝などの飛来物からも、車を守ってくれます。

防犯性が高まる

カーポートだと不審者の侵入は防げませんが、ガレージシャッターであれば鍵が必要です。また、鍵を開けられたとしても、開けたときに音が出ます。

火災から守る

近隣で火災があっても、金属製のガレージであれば火の侵入を防ぎます。

プライバシーを守る

ガレージは目隠しになるので、プライバシーから守ることができます。趣味のスペースとして活用する方も多いです。

 

ガレージの電動シャッターのメリット4選

ガレージを電動シャッターにした場合のメリットについて、詳しく解説します。

スイッチで車中からでも開閉できる

電動シャッターの1番のメリットが、リモコンやスイッチで開閉ができることです。

手動シャッターの場合、車から一度降りて開閉を行う必要があります。また、シャッターは大きいため開閉が窓のように簡単ではなく、毎日の作業となると大変です。

開閉が静かで騒音トラブルになりにくい

手動シャッターで開閉した場合、ガラガラと大きな音が出てしまいます。

対して、電動シャッターの場合は開閉が静かです。近隣との騒音トラブルになることもほとんどありません。

防犯性が高い

電動シャッターは手動シャッターに比べ、こじ開けるのが非常に難しいです。盗難率が高い高級車などであれば、電動シャッターをオススメします。

手動シャッターは高齢だと特に大変

若い時は手動シャッターでも良いのですが、高齢で手動シャッターを毎日開閉するのは大変です。親と同居する場合など、高齢の方がいるのであれば電動シャッターにしましょう。

 

ガレージの電動シャッターで実際に後悔した方の事例4選

次に、電動シャッターを設置して実際に後悔した事例をご紹介します。

ガレージの電動シャッターで後悔した事例①「シャッターの開け閉めをほとんどしない」

ガレージを設置するなら絶対電動シャッターが良いということになり、設置しました。

しかし、いざ設置してみると、開閉を待つ時間などが面倒で開けっぱなしになってしまっています。閉めるのは台風の時や、旅行で長期間不在にする時ぐらいです。

こんなに使わないのであれぼ、手動シャッターで良かったと後悔しています。

ガレージの電動シャッターで後悔した事例②「初期費用が高かった」

電動シャッターを選びましたが、初期費用が思っていたよりも高額でした。電動シャッター自体も高いですし、電気工事も発生するため人件費も高かったです。

ガレージの電動シャッターで後悔した事例③「リモコンを無くすたびに高額の費用が掛かる」

これまでリモコンを2回紛失しており、無くすたびにお金が掛かっています。

家に忘れたり、車の中のシートに挟まっているなど、よく探す機会も多いです。私が悪いのですが、これなら手動シャッターで良かったかなと思っています。

ガレージの電動シャッターで後悔した事例④「停電時が大変だった」

停電した時は手動シャッターに切り替えるのですが、思っていたよりも開閉が大変でした。ここまで大きなシャッターにしなくても良かったかなと思っています。

 

ビルトインガレージで後悔しないためのポイント

電動シャッターのガレージを検討する場合、ビルトインガレージを採用するケースも多いです。ビルトインガレージを採用する場合の注意点について、詳しく解説します。

ガレージ面積は住宅総面積の20%以内に抑える

ビルトインガレージを設計する際、住宅全体の延床面積の20%以内に収めるように意識することが大切です。

固定資産税を抑えたい場合、ガレージの面積が大きくなると税金が上がるため、コンパクトに設計するのが賢明です。もちろん、広いガレージが必要であれば、その分の税負担を理解した上で設計することが重要です。

寝室は上階に配置して静かな環境を確保する

ビルトインガレージを家に組み込む際、音の問題にも注意が必要です。寝室は2階以上に配置し、ガレージの騒音から距離を取ることで、静かな睡眠環境を確保できます。

リビングや水回りなど、日常的に音が出る場所はガレージに近くても問題ありませんが、寝室はできるだけ離すのが理想です。

複数の見積もりを取りコストを抑える

ビルトインガレージ付きの家を建てる際は、複数のハウスメーカーや工務店に見積もりを依頼しましょう。

インターネットで相場を調べ、複数の見積もりを比較することで、最適な予算を見つけやすくなります。各社の得意分野や建材の違いを理解し、最もコストパフォーマンスの良い選択をすることが大切です。

専門の設計事務所に相談して動線を最適化する

ビルトインガレージの設計に慣れた設計事務所に相談することで、より使いやすい間取りを実現できます。

特に狭小地の場合、動線を工夫することで日常生活の利便性が大きく向上します。買い物の動線や生活動線を考慮した設計を提案してもらうと、実際の使い勝手が良くなります。

将来的な車の増加も見据えて設計する

ビルトインガレージは後から拡張するのが難しいため、将来の車の増加も考慮した設計が必要です。

現在のニーズだけでなく、将来の家族構成や車のサイズ変更に対応できるよう、余裕を持った設計を心がけましょう。固定資産税の問題もありますが、将来の利便性を考慮した広めのガレージ設計が有効です。

換気扇を設置して安全性を確保する

ビルトインガレージには排気ガスを効率的に排出するための換気扇が必須です。強力な換気扇を効果的な位置に設置し、シャッターや窓と連携させて空気の循環を確保しましょう。

換気扇の設置位置は、車庫の奥の上下2箇所に設置すると効果的です。車のメンテナンス時にも換気を徹底し、健康被害を防ぐよう心掛けましょう。

 

電動シャッターにかかる費用

電動シャッターの導入

電動シャッターの設置を検討する際、最も気になるのはその費用でしょう。電動シャッターの導入費用は、設置する場所や開口幅、シャッターの素材、そしてデザインによって大きく変動します。

一般的には、以下のような費用がかかります:

  • シャッター本体: 約20万円~50万円
  • 工事費: 約10万円~30万円

これらを合計すると、電動シャッターの導入にはおおよそ30万円から80万円程度の費用がかかることが多いです。設置場所によってはさらに高額になる場合もありますので、具体的な見積もりを取ることが重要です。

コストを抑えるには手動シャッターの電動化も可能

電動シャッターの導入を考える際、コスト削減を目指すなら、既存の手動シャッターを電動化する方法もあります。手動シャッターの電動化は、新規に電動シャッターを設置するよりも費用を抑えることが可能です。

具体的には、手動シャッターを電動化するには約20万円程度の費用がかかると言われています。電動化のプロセスは以下の通りです:

  1. スプリングシャフトの交換: 手動シャッターのスプリングシャフトを電動用のものに交換します。
  2. 電気設備の設置: モーターや配線などの電気設備を取り付けます。

ただし、シャッターの状態によっては電動化できない場合もあります。また、ガレージ内に100Vのコンセントがない場合は追加の電気工事が必要となり、さらに費用がかかることがあります。現状のシャッターが電動化可能かどうか、専門業者に確認することが重要です。

電動シャッターの修理

電動シャッターは、手動シャッターに比べて利便性が高く、防犯性能も優れているため、近年多くの家庭で導入されています。しかし、電動シャッターは電気製品であるため、長期間使用すると故障や不調が発生することがあります。

一般的に、電動シャッターの寿命は1万回の開閉と言われています。1日2回の開閉で計算すると、寿命は10年から15年となります。しかし、使用頻度や環境によって寿命は異なるため、例えば毎日頻繁に開閉したり、過酷な天候条件にさらされたりすると寿命が短くなる可能性があります。

電動シャッターが不調になる原因として、以下のようなものが挙げられます:

  • 異音がする
  • シャッターが動かない
  • シャッターが途中で止まる
  • 開閉ボタンを押し続けないと動かない
  • リモコンの電池切れ

これらの不調が発生した場合は、早めに修理を依頼することが重要です。定期的な点検とメンテナンスを行うことで、電動シャッターの寿命を延ばし、安全かつ快適に使用することができます。

 

ガレージの電動シャッターは後悔していない方が多い!

ガレージの電動シャッターを設置して後悔している方は、実際には使わなかった、リモコンを無くすといった理由です。電動シャッターの性能自体で後悔した方は、非常に少ないです。

設置した場合に本当に使うのかどうか検討が必要ですが、電動シャッターを設置して後悔している方は少ないです。予算が許すのであれば、私は電動シャッターを推奨しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国630以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから




【関連記事はこちら】