ブロック塀とフェンスはどちらが安い?メリット・デメリットと費用相場を解説


ブロック塀とフェンスはどちらが安いのか?

外構を検討する上で、多くの方が悩むポイントが「塀」です。

塀は主にブロック塀とフェンスで悩むことになりますが、外からの見た目を大きく決定づけるのが塀です。また、外からの目隠しとして、防犯の用途としてなど、様々な役割があります。

今回は、ブロック塀とフェンスのどちらが安いのかについて、詳しく解説します。

ブロック塀のメリット・デメリット

ブロック塀かフェンスで悩んでいる方は、まずメリット・デメリットを把握するところから始めましょう。まずブロック塀のメリット・デメリットを解説します。

ブロック塀のメリット

・外から見えないのでプライバシーが保たれる
ブロック塀は外から見えないため、家の中のプライバシーが保たれます。特に南側で外からリビングなどが見えやすい家は、ブロック塀が向いています。

・耐用年数が長い
ブロック塀の耐用年数は約30年と長いです。メンテナンスも特に必要ありません。

・化粧仕上げで家の外観と調和できる
ブロック塀は化粧仕上げをすることによって、家の外観と調和したりオシャレな雰囲気を出すことができます。

ブロック塀のデメリット

・耐震性が低い
ブロック塀は重量があるため、フェンスに比べ分耐震性が低く、耐震性は低くなります。

・通風性が悪くなる
ブロック塀は風を通さないため、家の通風性は悪くなってしまいます。

・防犯性が低い
高い壁は防犯性が高いイメージがありますが、壁が高ければ隠れる場所が多くなるため、むしろ空き巣などの被害は多い傾向があります。

 

ブロック塀の費用相場

ブロック塀は、面積や施工方法によって相場は大きく異なります。下記に一例をご紹介させていただきます。高さ1mのブロック塀を20mで施工した場合の金額です。

掘削工事 : 30,000円
基礎工事 : 9,000円/m × 20m = 180,000円
ブロック塀 : 0.2m/段 × 5段 × 20m × 9,000円/㎡ = 180,000円
運搬費・諸経費 : 39,000円 ※全体の10%
合計 : 30,000 + 180,000 + 180,000 + 39,000 = 429,000円

今回は化粧ブロックではない想定です。ブロック塀は9,000円/㎡の単価ですが、化粧ブロックは12,000円/㎡の単価となります。

 

フェンスのメリット・デメリット

次に、フェンスのメリット・デメリットについて解説します。

フェンスのメリット

・圧迫感が少ない
ブロック塀に比べると、フェンスは圧迫感がありません。開放的なイメージにできるのが、フェンスの特徴となります。

・通風性が良い
ブロック塀は風を通さないのに対し、フェンスは通気性が良いです。

・耐震性が高い
ブロック塀は重く耐震性が低いですが、フェンスは軽いので耐震性が高いです。

フェンスのデメリット

・自由なデザインができない
ブロック塀の方が自由なデザインができ、フェンスは既製品を使用するため自分の思い通りとはいかないです。

・敷地内が見えてしまう
ブロック塀に比べて圧迫感がなく、通風性が高いのはメリットです。対して、敷地内が見えてしまうのはデメリットになります。

 

フェンスの費用相場

フェンスは様々な種類があります。メッシュフェンス・アルミフェンス・鋳物フェンス・樹脂フェンスが使われることが多いですが、種類によって単価も大きく異なります。

また、下をブロックにして上をフェンスにするパターンもあります。今回は、基礎の上に直接フェンスを設置する方法について、費用相場をご紹介します。

掘削工事 : 30,000円
独立基礎ブロック : 5,000円/m × 14本 = 70,000円
フェンス施工 : 10枚 × 20,000円 = 200,000円
運搬費・諸経費 : 30,000円 ※全体の10%
合計 : 30,000 + 70,000 + 200,000 + 30,000 = 330,000円

 

ブロック塀とフェンスを安くするポイント

今回の想定では、ブロック塀とフェンスで比べた場合に、フェンスの方が安い結果でした。しかし、どのような施工を行うかで、費用は全く異なります。

ブロック塀やフェンスを施工する場合に、安くなるポイントをご紹介します。

ブロック塀は化粧仕上げを正面だけにする

化粧仕上げのブロック塀はとても綺麗ですが、費用が高いのがデメリットです。そこで、家の正面は化粧仕上げを行い、隣地との境界はそのまま通常のブロック塀にすることで、費用を抑えられます。

さらに、隣地の境界はブロック塀を低くするといった工夫を行い、費用を下げましょう。

ブロック塀の高さは1.2m以内

ブロック塀は1.2mよりも高くすると、施工基準が厳しくなります。3.4m以内おきに補強のための控壁を設置する必要があり、基礎も丈を35m以上、根入れの深さを30cm以上という規制があるのです。

ワンポイント外構を検討する

ブロック塀とフェンスの両方に言えることですが、ワンポイント外構を検討しましょう。

例えば、ポストを兼ねた1枚の壁を建てて、家の外観に合わせて化粧仕上げするだけでもオシャレになります。オープンな外構ですが、家の外観がオシャレであれば問題ありません。

 

ブロック塀とフェンスはどちらが安い?

ブロック塀とフェンスでは、同じ面積の施工を行うとフェンスの方が安い傾向にあります。

しかし、外からの視線をシャットアウトしたいのであればブロック塀がオススメです。化粧仕上げは様々な外観を作ることができ、オシャレな外構となります。

ぜひ、検討してみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加