※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

柊を庭に植えてはいけない理由5選|安全に植えるには?




柊を庭に植えてはいけないって本当?

引用:魔よけの花、柊(ヒイラギ)。花言葉や季節、葉の特徴は?

「庭に柊を植えたい!」
「柊を植えてはいけないって本当?」

節分の日にイワシの頭と飾る「柊」。縁起が良い植物として知られており、庭に植えたいという方もいます。

しかし、柊を庭に植えてはいけないという方も多いです。そこでこの記事では、柊を庭に植えてはいけない理由や、植えるメリットなど詳しく解説します。


タウンライフ エクステリア&外構工事」は、自宅にいながら全国630社以上の外構業者の中から、提案を受けることができるサービス!あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が無料でもらえます。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ エクステリア&外構工事が凄いのは、資料だけでなく「外構費用のお見積り」「プランニング」「アイデア&アドバイス」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

柊とは

柊の特徴と自生地

柊(ひいらぎ)は、モクセイ科モクセイ属の常緑小高木で、日本や台湾を含む東南アジアに広く自生しています。柊の葉は若い木の時には鋸歯(きょし)と呼ばれるとげのある形状をしており、その独特な形状と鋭さが特徴です。

この鋸歯は木が成長するに連れて徐々に丸みを帯び、成熟した木の葉はなめらかになります。春から初夏にかけて、柊は香りの良い白い小さな花を咲かせ、庭や自然環境に爽やかな香りを漂わせます。柊の木質は非常に硬く、密度が高いため、くしや楽器、印鑑などの材料としても重宝されています。

柊には「鬼の目突き」という別名があり、節分の魔除けとして玄関に飾る風習があります。この風習は日本特有のものだけでなく、ヨーロッパなど他の地域でも見られます。これにより、柊は魔除けや厄除けの象徴として古くから親しまれてきました。

柊の名前の由来

柊という名前は、その葉に鋸歯があることに由来します。鋸歯に触れると怪我をしやすく、その傷が「ひいらぐ」(古語でヒリヒリと痛む)と感じられることから「柊」と名付けられました。また、「疼木(ひいらぎ)」とも書き、傷口がズキズキと疼く様子を表しています。

柊の葉が鋸歯を持つ理由は、若木が野生動物から葉を守るためです。樹高が低い若木の時期には、シカなどに葉を食べられないようにするために、鋸歯がついています。しかし、樹高が高くなり老木になると、葉を守る必要がなくなるため、鋸歯が少なくなり、葉は丸くなります。

ヒイラギの花言葉

ヒイラギの花言葉には、「用心深さ」「あなたを守る」「保護」「剛直」「先見の明」「歓迎」があります。

「用心深さ」は、トゲのあるヒイラギの葉に触れる際の注意深さから来ています。このトゲのある葉は古くから防御や保護の象徴とされてきました。そのため、「あなたを守る」「保護」という花言葉が付けられています。

「剛直」は、ヒイラギの硬い幹に由来し、さらに古木になると葉のトゲが丸くなることから、将来の変化を見通す「先見の明」としても解釈されています。

「歓迎」は、冬の始めに咲く甘い香りの花が、人々を迎え入れる様子を連想させるためです。

ちなみに、セイヨウヒイラギの花言葉には「defense(防衛、防御)」があり、これは日本語の「あなたを守る」「保護」と近しい意味を持っています。また、魔除けの木として家庭や玄関に飾られていたことから、「domestic happiness(家庭の幸せ)」という花言葉もあります。

 

柊を庭に植えてはいけない理由5選

引用:柊の花言葉が、クリスマスを彩るのにぴったりな7つの理由

柊を庭に植えてはいけない理由について、5つの理由をご紹介します。

柊を庭に植えてはいけない理由①「とがった葉が当たると痛い」

柊の特徴である「とがった葉」。この葉が魔除けになると言われています。

しかし、とがった葉がある庭で子供が遊ぶのは危険です。また、柊は手入れが必要ですが、選定の時にトゲが痛いので注意が必要です。

柊を庭に植えてはいけない理由②「実がたくさん落ちる」

柊は冬に花を咲かせて、初夏に濃い紫色の実をつけます。この実がたくさん落ちるので、掃除が大変です。

意外と一つ一つの実が大きく、食べられないため捨てるしかありません。また、この実を食べに小鳥が寄ってきますので、フンを落としていくこともあります。

柊を庭に植えてはいけない理由③「病気になりやすい」

柊は年に2回程度の剪定が必要です。剪定をきちんとしないと、病気になりやすくなります。

柊がかかる病気は、下記の4つが代表的です。

・炭疽病
葉に黄褐色の丸い病斑ができ、ついには葉に穴が開いたり、ひどいと枯れたりします。

・褐斑病
カビによって伝染し、葉に茶褐色の斑点ができる病気です。風通しが悪い場所では、特に見られます。

・立ち枯れ病
根っこや、地面に近い茎から感染する病気です。ひどくなると枯れてしまい、全体的に茶色に変化します。

・すす病
カイガラムシなどの排せつ物を栄養にしたカビが葉を覆う病気です。ひどくなると、光合成も難しくなります。

柊を庭に植えてはいけない理由④「害虫がつきやすい」

柊は害虫がつきやすい植物です。代表的な害虫は、下記3種類です。

・イモムシ
・テントウノミハムシ
・カイガラムシ

これらの害虫がついてしまったら、殺虫剤を使う必要があります。

柊を庭に植えてはいけない理由⑤「セイヨウヒイラギ」

クリスマスの時期に飾られる「セイヨウヒイラギ」は人気がありますが、実に毒があります。

サポニンという毒性で、吐き気や嘔吐の原因となります。小さな子供やペットを飼っている場合、セイヨウヒイラギは避けるべきです。

 

柊を庭に植えるメリット2選

柊を庭に植えてはいけない理由について解説しましたが、それでも柊は人気のある植物です。柊を植えるメリットについて、解説します。

魔除け・厄除けになる

昔から、家の鬼門に柊の木を植えることで、魔除け・厄除けになると信じられています。

また、西洋ではクリスマスに悪魔を近づけないために、セイヨウヒイラギを飾ります。日本だけでなく、海外でも魔除け・厄除けの力が信じられているのです。

トゲが泥棒や動物の侵入を妨げる

柊はトゲが痛いため、泥棒や動物の侵入を未然に防ぐメリットがあります。

野良猫や野犬は、簡単には侵入できないでしょう。腰の高さ以上に育っていれば、泥棒などの不審者を妨げる効果があります。

 

柊の育て方

品種による違いを知る

柊にはさまざまな品種があり、その中にはトゲのない種類も存在します。例えば、マルバヒイラギやキッコウヒイラギは、葉にトゲがなく、扱いやすい特徴を持っています。

また、「ヒトツバヒイラギ」は葉の先端にだけトゲがあるため、他の品種よりも安全に育てることが可能です。トゲのない品種を選ぶことで、剪定や日常の手入れが簡単になり、安心して育成できます。

定期的な剪定が重要

柊を健康に保つためには、定期的な剪定が欠かせません。剪定を行うことで、樹形を整え、病害虫の発生を防ぐことができます。

剪定の適期は年に2回、3〜4月と10〜12月です。この時期に、密集した枝を間引くように剪定を行いましょう。これにより、風通しが良くなり、植物の健康が維持されます。

実の毒性に注意する

柊を育てる際、実の毒性にも注意が必要です。特に子どもやペットがいる家庭では、セイヨウヒイラギのような毒性のある品種を避けると良いでしょう。

毒性のない品種を選ぶことで、安全に植物を楽しむことができます。一方で、セイヨウヒイラギは柊に比べて実の数が少ないため、落ち葉の掃除が楽というメリットもあります。育てる環境や目的に応じて、適切な品種を選びましょう。

 

柊の種類

引用:知りたい! ヒイラギの品種や類似種、それぞれの特徴と見分け方

西洋ではセイヨウヒイラギが有名ですが、日本の柊にも種類があります。代表的な5つをご紹介します。

・ゴシキヒイラギ
葉に黄色やクリーム色、ピンクの斑が入ります。とてもキレイな柊です。

・ヒイラギモクセイ
柊と銀モクセイの交配で生まれた柊です。葉は小さく、白い花はつきますが、実はつかないのが特徴です。

・シマヒイラギ
葉に白い斑が入るので「フイリヒイラギ」とも呼ばれます。九州~沖縄に多く自生しています。

・オニヒイラギ
新芽は明るい緑色で、だんだん葉の色が濃くなっていきます。魔除けの効果が高いとされている柊です。

・マルバヒイラギ
葉にトゲがない品種の柊です。花は咲きます。

 

柊を安全に植えるには?

引用:姫ヒイラギ | mini-bonsai.life

この記事では、柊を庭に植えてはいけない理由や、植えるメリットなどを解説しました。

柊を植えたいのであれば、まずトゲがない品種を選びましょう。先ほど紹介したマルバヒイラギの他にも、ヒトツバヒイラギ(先端だけトゲがある葉)・キッコウヒイラギ(トゲのない角張った葉)などがあります。

また、柊は鉢植えも可能です。コンクリートの上であれば、実の掃除も楽になります。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国630以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから




【関連記事はこちら】