上吊り引き戸は壊れやすい?比較して分かったメリット・デメリット


上吊り引き戸を設置するかどうか

ほとんどの方が家の中に引き戸を設置していますが、しっかりと選んで設置したでしょうか?

引き戸の種類は標準の物を設置して、選ぶことすらなかったという方も多いです。しかし、引き戸には様々な種類があり、しっかりと選んでおかないと後悔することになります。

今回は、引き戸の中でもオススメな上吊り引き戸について解説します。

上吊り引き戸のメリット・デメリット

まずは、上吊り引き戸のメリット・デメリットをご紹介します。

上吊り引き戸のメリットは、下にレールがなくスッキリとおしゃれです。下にレールがないため、レールにホコリが溜まらないのも大きなメリットとなります。

デメリットとしては、床と下の間仕切りの間にすき間ができるので、気密性が低くなって冷暖房効率が悪くなることです。レールの支えがないので、ちょっと触ったりぶつかっただけで間仕切りが揺れて安定性に欠けます。

また、通常の引き戸に比べて、上吊り引き戸は価格が高いです。

 

上吊り引き戸は壊れやすい?

私はイメージとして、上吊り引き戸は下のレールがないため壊れやすいのではないか?と思っていました。

しかし、ハウスメーカーの営業さんが言うには、レールのあるなしで強度に違いはないとのことでした。

実際に上吊り引き戸を設置した家に住んでみましたが、子供が当たって外れかけたことはありましたが、壊れやすいとは感じませんでした。

 

上吊り引き戸は採用すべき

上吊り引き戸は、リビングや和室などで活用すべきだと思います。

価格は高いものの、部屋全体をスッキリとさせてゴミも気になりません。私もリビングの出入り口と和室の間仕切りは上吊り引き戸を採用して満足しています。

ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加