一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる方法・注意点




一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てられる?

引用:一条工務店の平屋|理想を叶える間取りと性能

「一条工務店で平屋を建てたい!」
「新築1000万円台で建てることは可能?」

多くの人々が一条工務店を選ぶ理由は、その住宅性能が業界トップクラスであるためです。

中には、一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てたいという方もいます。この記事では、一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる方法や注意点について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる方法

引用:実例デザインギャラリー|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

一条工務店が提供する商品ラインナップの中で、最も坪単価が安いのはハグミーという規格住宅です。ハグミーは、一条工務店が創業45周年を迎えた2023年に特別に開発された商品であり、低価格で建てることに重点を置いています。

他の一条工務店の商品と比較すると、ハグミーでは標準装備として提供される設備(例: 全館床暖房やトリプルガラスの樹脂サッシ)がオプション扱いとなっていたり、断熱材の厚みがやや薄くなっていたりします。

ハグミーでは、1,490万円(税抜)から本体価格として建てることが可能です。平屋のプランは合計で25種類ありますが、最もコンパクトなサイズのプランが最も低価格で建てられると思われます。

ハグミー以外でも新築1000万円台は可能

ハグミー以外でも、1000万円から1499万円の価格帯で平屋を建てることは可能です。

規格住宅以外の商品でも、最初から間取りプランなどが決まっているものではなくても、1000万円前半から平屋を建てることができます。

ハグミーと異なる商品でも、設備がオプション扱いではなく標準仕様として提供されるものもありますので、高い性能を持ち、一年を通じて快適に生活することができます。

ただし、1000万円前半という低コストの建築になるため、広さには限りがあります。おそらく、1000万円前半の予算では、延床面積が10坪から15坪程度になると考えられます。

 

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる場合の注意点5選

次に、一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる場合の注意点について解説します。

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる注意点①「広さが制約される」

一条工務店で1000万円台で平屋を実現する場合、坪単価の安いハグミーでも、おおよそ24.5坪が限度だと考えられます。ハグミー以外の選択肢では、10坪程度に抑えないと1000万円台の予算内に収まることが難しいです。

利用できる床面積が制限されるため、多人数の世帯には適していません。新築1000万円台だと、単身者か夫婦2人世帯にオススメします。

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる注意点②「基本的に規格住宅になる」

一条工務店で1000万円台の平屋を建てる場合、多くの人々は規格住宅であるハグミーやアイスマイルを選ぶ傾向にあります。

これらの住宅は規格住宅であり、あらかじめ定められた間取りプランから選ぶことになります。選択可能な設備や外観デザインも制限されます。そのため、オリジナルの間取りで建てることは難しくなります。

外観デザインも類似するため、個性を出すことは難しく、もし近隣に同じハグミーで建てた方がいる場合、似たような外観になってしまう可能性があります。規格住宅は価格を抑えることが比較的容易ですが、自由度は制限されるため、注意が必要です。

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる注意点③「付帯工事費用・諸費用を考慮する」

注文住宅の追加費用は大まかに3つに分けられます。まずは「本体工事費用」と呼ばれるもので、これが本体価格として表示されます。次に、「付帯工事費用(別途工事費用)」があります。そして最後に「諸費用」があります。

これらの費用の割合は、総費用に対して「本体工事費用」が約70~80%、「付帯工事費用(別途工事費用)」が約15~20%、「諸費用」が約5~10%です。

例えば、ハグミーの本体価格が1,490万円(税抜)であっても、実際に必要な総費用は約2,000万円程度になるでしょう。

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる注意点④「割引制度を活用する」

一条工務店では値引きはありませんが、割引制度を利用することができます。予算を抑えるためには、利用できる割引制度があるかどうかを確認しておきましょう。

割引制度は3つあります。法人割引、親族割引、知人割引です。

法人割引は、公務員や公営企業に勤めている方が対象となる可能性があります。割引額は建築費の2~3%です。親族割引は、2親等以内の親族が一条工務店で建てる場合に利用できます。割引額は建築費の1.5%です。知人割引は、一条工務店で家を建てた人からの紹介により利用できます。割引として20万円相当のオプションが無料で付けられます。

一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる注意点⑤「他のハウスメーカーも検討する」

一条工務店は性能面で高い評価を受けている優れたハウスメーカーですが、注文住宅では個々人の条件によって最適なハウスメーカーは異なる場合もあります。

価格面・性能面・設備面・デザインや間取りの自由度など、一条工務店よりもベストマッチするハウスメーカーが別に存在する可能性もあります。

 

他のハウスメーカーも比較検討することが重要!

この記事では、一条工務店で平屋を新築1000万円台で建てる方法や注意点について、詳しく解説しました。

平屋は、老後になっても暮らしやすく、低い建物なので耐震性も高く安心して住むことができる住まいです。一条工務店は、候補の1社として検討する価値があります。また、他のハウスメーカーも比較検討することが重要です。

ぜひ、参考にしてみてください!

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから



【関連記事はこちら】