地鎮祭はやるべき?費用の内訳と適した服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必ず悩む地鎮祭の実施

 
必ず悩む地鎮祭の実施注文住宅で家を建てる場合、「地鎮祭をやるかどうか」は悩みどころだ。

地鎮祭とは、家が無事に完成することを祈願して、神主にお祓いをしてもらうことだ。地鎮祭は1300年以上の歴史があり、未だに多くの人が行っている。

しかし、地鎮祭は費用が掛かるため、実施をためらう方も多い。実施した方が良い場合・悪い場合や、詳細な金額を解説していく。

 

地鎮祭を行った方が良い場合

 
地鎮祭を行った方が良い場合私は注文住宅を建てたが、結論から言うと地鎮祭は行っていない。

私の土地は新しく開拓された土地だったため、これまで住んだ人がいないという理由が大きい。これまでに人が住んでいた土地であれば、実施していたと思う。

また、「こういったお祓いは信じない」という方は、やらなくて良いだろう。土地の神様に家を守ってほしいという方がやるものだ。

 

地鎮祭の費用

 
地鎮祭の費用地鎮祭の必要は、下記が目安となっている。

・神職へのお礼である初穂料 2〜3万円
相場は2〜3万円が多い。神社によっては、下限額が決められている。

・神社関係者のお車代 5千円〜1万円
施工主側が送迎した場合は必要ない

・地鎮祭の竹や砂の準備費用 5千円
建築関係者が用意し、別途請求されるケースが多い。

・お供え物(酒や魚など) 1〜2万円
神社や建設会社が購入する場合、別途請求される場合が多い。

・挨拶回り 5千円
地鎮祭後には、挨拶回りをするケースが多い。1件1,000円程度で、挨拶回りをする軒数分があれば良い。

総額だと6万5千円程度が相場となる。

 

地鎮祭に適した服装

 
地鎮祭に適した服装地鎮祭を実施する場合、個人住宅ではスーツなどを着用する必要はない。

地鎮祭が終わった後はご近所へ挨拶回りをすることが多い。これから長い付き合いになるので、最低限失礼でない服装が無難だ。

地鎮祭と聞くと大きな行事のように思えるが、実施に掛かる時間は20分程度だ。重たく考えず、注意事項だけ確認して臨もう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加