可動間仕切り収納は必要?メリット・デメリット4選



可動間仕切り収納は必要?メリット・デメリットまとめ

引用:可動間仕切り収納4社を徹底比較!お勧めはこれ! – ハウスメーカーと建材の特徴を比較

子供部屋の仕切りについて悩む方は多いですが、可動間仕切り収納を採用する方もいます。

可動間仕切り収納とは、間仕切りを収納で作る方法です。動かせる収納となっており、子供が大きくなってきた段階で間仕切りとして使用します。

最初から部屋を完全に仕切ると、子供が小さいうちは使いにくくなります。子供が大きくなってきた段階で工事をするという方法もありますが、可動間仕切り収納であれば新築時に用意することで臨機応変に間仕切りができるため選ぶ方がいるのです。

しかし、可動間仕切り収納のメリット・デメリットを把握した上でないと、後悔するケースもあります。この記事では、可動間仕切り収納のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

可動間仕切り収納のメリット2選

くま

まず、可動間仕切り収納のメリットについて解説します。

子供部屋を仕切ることができる

例えば、子供が1人いる段階で家を建てる場合、2人目の子供ができるかどうか分かりません。そこで、子供が1人でも2人でも対応できるように、可動間仕切り収納を付けておくのです。

将来的に子供が2人になって大きくなった段階で、可動間仕切り収納で仕切ることになります。

クローゼットを設ける必要がない

子供部屋に収納が少なくても、可動間仕切り収納を用意しておけばクローゼットを設ける必要がありません。間仕切りかつ収納に使えるのは、大きなメリットです。

 

可動間仕切り収納のデメリット2選

パンダ

次に、可動間仕切り収納のデメリットをご紹介します。

音や声が漏れる

何よりも大きなデメリットが、音や声が漏れることです。可動式の収納なので、どうしても隙間が空いてしまうのです。

特に子供の性別が違う場合、音や声が漏れるのは居心地が悪いです。結局壁の工事をするケースも見られ、後悔することになります。

費用が高い

可動間仕切り収納は、設置する費用が非常に高いです。壁であれば、後から工事したとしても10〜15万円で設置が可能ですが、可動間仕切り収納だとかなりの費用になります。

 

可動間仕切り収納よりも後から壁の設置がオススメ!

引用:両側から使える壁面収納を子ども部屋の間仕切りに。 – オーダー家具・壁面収納・収納ラボ

可動間仕切り収納は臨機応変に間仕切りができますが、私は後から工事業者を呼んで壁を設置することをオススメします。

可動間仕切り収納は費用が高いだけでなく、後から取り外したくなった時は非常にもったいないです。通常の収納家具であれば廃棄ができますが、可動間仕切り収納の場合は廃棄が簡単ではありません。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】