傾斜地に家を建てて後悔!メリット5選と実際に後悔した実例8選




傾斜地に家を建てて後悔!

家を建てる方の中には、「眺望が良い傾斜地に家を建てたい!」という方は多いです。

しかし、傾斜地に家を建てて後悔したケースも多く見られます。傾斜地に家を購入するには、メリット・デメリットをしっかりと把握する必要があるのです。

この記事では、傾斜地に家を買うメリットや実際に後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

傾斜地とは?

傾斜地とは、斜めになっている土地のことを言います。

山を造成して作った土地は、傾斜地が多く見られます。傾斜地に家を建てると、街並みがキレイに見えるといった理由で好む方も多いです。

他の家からの視線も入らない戸建ては、人の目を気にせず生活ができるので人気があります。

 

傾斜地に家を建てるメリット3選

傾斜地に家を建てるメリットについて、解説します。

土地代が安いケースが多い

傾斜地は平地に比べると、土地の値段が安い場合が多いです。これは、土地を平らにするための費用や、擁壁が必要になるケースがあり、その分安く設定されているのです。

住宅設計を工夫することで、土地代を安くできるのです。

傾斜地は眺望が良い

傾斜地の高低差を活かすことで、街並みが見える眺望の良い家が実現できます。また、傾斜地は斜面や崖地になっている土地なので、自然や緑が多いケースが多いです。そういった面でも、眺望の良い土地となります。

地下部分を活用できる

傾斜地の斜面を活かす場合、地下部分のスペースができるため地下を活用した家づくりができます。ビルトインガレージを設けるなど、傾斜地ならではの間取りです。

日差しと風通しを確保しやすい

地形の起伏によって、隣の家との高低差が生まれることで、窓からの日差しや風を確保しやすい状況が生まれます。このため、日照りと風通しの良い家を実現することができます。

段差を活かした間取り

段差のある間取りを採用することで、スキップフロアのような特徴的な間取りを実現することができます。階段下を収納スペースとして活用したり、床面積を効果的に活用したりすることが可能です。また、通りに面した部分にビルトインガレージを配置することもできます。

 

傾斜地に家を建てて後悔した実例8選

次に、実際に傾斜地に家を建てて後悔した実例について、詳しく解説します。

傾斜地の家で後悔した実例①「地盤改良工事が高かった」

購入した傾斜地は地盤の強さに問題なかったものの、平坦な地面を作るための費用が掛かります。想定していたよりも高額で、結局平地と大差ない結果となってしまいました。

傾斜地の家で後悔した実例②「がけ条例が厳しかった」

住んでいる自治体でがけ条例がありますが、擁壁を作る必要があるなど購入してから制限があることを知りました。がけ条例はしっかりと確認するべきです。

傾斜地の家で後悔した実例③「擁壁の工事が高かった」

擁壁を作ることになりましたが、高額のため驚きました。また、擁壁が2メートルを超えたので確認申請も必要となり、無駄な出費でした。

傾斜地の家で後悔した実例④「豪雨や地震で不安が募る」

斜面地での生活では、度重なる豪雨や地震による土砂災害のリスクが常に不安となることがあります。日本は地震の多い国であり、近年でも大地震が相次いで発生しています。

傾斜地の家で後悔した実例⑤「間取りの検討が大変だった」

平坦な土地では自由な間取りを選ぶことができますが、傾斜地では高低差が生じるため、間取りの自由度は制限されます。道路や隣地との高低差がある場合、車の出し入れを考慮した間取りなどを検討する必要があります。

傾斜地の家で後悔した実例⑥「水はけが悪くなり雨水がたまる」

水はけを十分に考慮せずに傾斜地に住宅を建てると、雨が降るたびに敷地内に雨水がたまり、後悔する可能性がありますので、注意が必要です。

傾斜地は、土地が斜めになっているため、雨水は自然に下に流れると思われることがあります。しかし、実際には傾斜の高い部分と建物との接続部分で雨水の流れを止めてしまうことにより、大きな水たまりができることが多いです。

傾斜地の家で後悔した実例⑦「駐車がしにくい」

前面道路が急な坂道なので、敷地内に車を停める際にブレーキやアクセルの操作が難しいです。車庫入れに自信がないので、ストレスを感じます。

傾斜地の家で後悔した実例⑧「外出時の体力的負担が大きい」

外出するたびに坂道を登らなければならないため、体力的な負担が大きいです。自転車での外出が多いので、帰宅するだけで体力を消耗し、疲れ果ててしまいます。

 

傾斜地に家を購入する場合は注意が必要

このように、傾斜地に家を建てる場合には注意が必要です。

地盤改良工事は地盤調査の結果によりますが、がけ条例や擁壁については事前に確認することができます。土地についてしっかりと調べ、余裕を持った予算を立てることが重要です。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから



【関連記事はこちら】