駐車場の勾配がきつい場合|把握すべき情報と対策3選


駐車場の勾配がきつい場合の対策とは?

敷地全体の勾配がきついことから、駐車場の勾配もきついケースがあります。

こういった場合には対策が必要ですが、意外にしっかりと検討しておらず後悔するケースがあります。駐車場の勾配がきついと、バンパーを擦るなど事故が起こりやすいのです。

今回は、理想的な駐車場の勾配やスペース、勾配がきつい場合の対策について、詳しく解説します。

駐車場の勾配に関する法令

最初に、駐車場の勾配に関する法令からご紹介します。

駐車場法施行令第8条には、勾配は1/6以下とすることが決められています。角度にすると、9.4度程度に抑える必要があるのです。

これは必要最低限の数値となり、実際に9.4度という角度は急すぎます。

 

理想的な駐車場の勾配とは?

理想的な駐車場の傾斜は、1.5~2%程度となります。

角度だとイメージがつかないと思いますが、1.5%の場合は5m進むと7.5cm高くなります。2%の場合は、5m進むと10cm高くなる角度となります。

「何で勾配をつけないといけないの?」と思うかもしれませんが、駐車場にスロープがないと水たまりが出来てしまうためです。

駐車場は人の手で施工されており、まっ平にすることは不可能です。勾配がないと、水たまりの原因となるのです。

1.5%~2%の角度であれば、見た目としては平らに見えます。

 

理想的な駐車場のスペースは?

次に、理想的な駐車場スペースについて解説します。

駐車場スペースとしては、幅2.5m・奥行5mあれば、日本で販売されている車のほとんどは駐車可能です。

しかし、駐車場は駐車が出来るかどうかだけで判断してはいけません。人の乗り降り、ドアの開閉、バックドアの使用なども考慮する必要はあります。

幅3m・奥行6mが確保できると、ミニバンでもゆったりと使用することができます。

 

駐車場の勾配がきつい場合の対策3選

この理想的な駐車場の勾配が実現できず、勾配がきつい場合も多く見られます。その場合には、下記の対策が必要となります。下記3つの対策は、施工済みの駐車場に対する対策です。

段差スロープを購入する

ホームセンターでは、駐車場のきつい勾配に対応できる段差スロープが販売されています。

様々な素材の段差スロープがあり、車1台分であれば数千円で対策ができます。商品を置くだけなので、最も簡単な対策法です。

業者に勾配対策工事を依頼する

段差スロープではなく、安全性を考えて段差を埋めたいといった場合には、業者に依頼することになります。

業者に依頼した場合には、段差を埋める、もしくは歩道の切り下げを行うことケースがほとんどです。

段差を埋める場合には、段差を削るもしくはコンクリートで埋めることになります。費用は工事の規模にもよりますが、最低でも10万円程度が見込まれます。

歩道の切り下げは、自分の土地ではない場所に勾配をつけます。おすすめの方法ですが、県や市への申請が必要となり、最低でも30万円程度は費用が発生します。

DIYで勾配対策をする

自分でDIYを行う場合には、木材でスロープを作る方が多いです。しかし、駐車場は事故が起きやすい場所ですので、あまりDIYはオススメできません。

 

駐車場の段差スロープに使われる素材3選

次に、段差スロープの素材について解説します。

ゴム

ゴム製の段差スロープは、雨でも滑りにくいです。価格も安く、1台分で5千円程度から購入できます。デメリットとしては、軽い素材のため動きやすいことです。

コンクリート

コンクリートの段差スロープは、ゴムなどに比べて重いため、動きにくいことがメリットです。

価格はゴムより少し高いですが、大きな差はありません。ゴムでは動いてしまう場所であれば、コンクリートを検討しましょう。

金属

金属製の段差スロープは、鉄板など様々なタイプがあります。ゴムやコンクリートより高いですが、業者が設置してくれる場合もあり、安全性は高いです。

 

駐車場の勾配がきつい場合は必ず対策が必要

今回は、駐車場の勾配がきつい場合の対策について、解説しました。

駐車場の勾配は、事故につながる大事な箇所です。しかし、外構の打ち合わせで話し合うケースが少なく、後から後悔していまうケースが見られます。

駐車場は毎日のように使う場所ですので、しっかりと検討しましょう。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加