※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策4選




駐車場の勾配がきつい場合の対策とは?

駐車場の勾配がきつい場合の対策とは?

敷地全体の勾配がきついことから、駐車場の勾配もきついケースがあります。

こういった場合には対策が必要ですが、意外にしっかりと検討しておらず後悔するケースがあります。駐車場の勾配がきついと、バンパーを擦るなど事故が起こりやすいのです。

今回は、理想的な駐車場の勾配やスペース、勾配がきつい場合の対策について、詳しく解説します。


タウンライフ エクステリア&外構工事」は、自宅にいながら全国630社以上の外構業者の中から、提案を受けることができるサービス!あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が無料でもらえます。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ エクステリア&外構工事が凄いのは、資料だけでなく「外構費用のお見積り」「プランニング」「アイデア&アドバイス」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

車の底を擦ってしまう原因とは?

車を運転していると、車の底を擦ってしまうことがあり、その原因はさまざまです。車高が低い車は特に、道路のちょっとした段差や急な坂道などで底を擦ってしまうことがよくあります。ここでは、車の底を擦る主な原因について詳しく解説します。

車の底を擦る原因:勾配

車の底を擦る主な原因の一つが「勾配」です。勾配とは斜面のことで、一般的には坂道のことを指します。

急な坂道を上る際や下る際、勢いよく進むと車の底が地面と接触して擦れてしまうことがあります。特に車高が低い車では、斜度が低くても注意が必要です。例えば、駐車場の出入り口や道路の起伏がある場所では、慎重に運転する必要があります。

車の底を擦る原因:縁石・車止め

もう一つの主な原因は、縁石や車止めです。車を路肩に停める際や段差を上がろうとする時、縁石に車の底が擦れることがあります。

特に、コンビニの駐車場などにある車止めでは、フロントアンダースポイラーやマフラーなどが擦れてしまうことがあります。そのため、自分の車の車高を正確に把握し、縁石や車止めに注意することが重要です。現在、多くの縁石の高さは15cmに統一されていますが、車高が15cm未満の場合は特に注意して駐車する必要があります。

 

駐車場の勾配に関する法令

駐車場の勾配に関する法令

最初に、駐車場の勾配に関する法令からご紹介します。

駐車場法施行令第8条には、勾配は1/6以下とすることが決められています。角度にすると、9.4度程度に抑える必要があるのです。

これは必要最低限の数値となり、実際に9.4度という角度は急すぎます。

 

理想的な駐車場の勾配とは?

理想的な駐車場の勾配とは?

理想的な駐車場の傾斜は、1.5~2%程度となります。

角度だとイメージがつかないと思いますが、1.5%の場合は5m進むと7.5cm高くなります。2%の場合は、5m進むと10cm高くなる角度となります。

「何で勾配をつけないといけないの?」と思うかもしれませんが、駐車場にスロープがないと水たまりが出来てしまうためです。

駐車場は人の手で施工されており、まっ平にすることは不可能です。勾配がないと、水たまりの原因となるのです。

1.5%~2%の角度であれば、見た目としては平らに見えます。

 

理想的な駐車場のスペースは?

理想的な駐車場のスペースは?

次に、理想的な駐車場スペースについて解説します。

駐車場スペースとしては、幅2.5m・奥行5mあれば、日本で販売されている車のほとんどは駐車可能です。

しかし、駐車場は駐車が出来るかどうかだけで判断してはいけません。人の乗り降り、ドアの開閉、バックドアの使用なども考慮する必要はあります。

幅3m・奥行6mが確保できると、ミニバンでもゆったりと使用することができます。

 

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策4選

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策4選

この理想的な駐車場の勾配が実現できず、勾配がきつい場合も多く見られます。その場合には、下記の対策が必要となります。下記3つの対策は、施工済みの駐車場に対する対策です。

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策①「段差スロープを購入する」

ホームセンターでは、駐車場のきつい勾配に対応できる段差スロープが販売されています。

様々な素材の段差スロープがあり、車1台分であれば数千円で対策ができます。商品を置くだけなので、最も簡単な対策法です。

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策②「ガレージマットを使用する」

ガレージマットは、車両の下部を保護するためのマットで、駐車場の勾配がきつい場合には有効な対策です。ガレージマットを駐車場に敷くことで、車両の下部を保護することができます。

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策③「業者に勾配対策工事を依頼する

段差スロープではなく、安全性を考えて段差を埋めたいといった場合には、業者に依頼することになります。

業者に依頼した場合には、段差を埋める、もしくは歩道の切り下げを行うことケースがほとんどです。

段差を埋める場合には、段差を削るもしくはコンクリートで埋めることになります。費用は工事の規模にもよりますが、最低でも10万円程度が見込まれます。

歩道の切り下げは、自分の土地ではない場所に勾配をつけます。おすすめの方法ですが、県や市への申請が必要となり、最低でも30万円程度は費用が発生します。

駐車場の勾配がきつい・擦る場合の対策④「DIYで勾配対策をする」

自分でDIYを行う場合には、木材でスロープを作る方が多いです。しかし、駐車場は事故が起きやすい場所ですので、あまりDIYはオススメできません。

 

駐車場の段差スロープに使われる素材3選

駐車場の段差スロープに使われる素材3選

次に、段差スロープの素材について解説します。

ゴム

ゴム製の段差スロープは、雨でも滑りにくいです。価格も安く、1台分で5千円程度から購入できます。デメリットとしては、軽い素材のため動きやすいことです。

コンクリート

コンクリートの段差スロープは、ゴムなどに比べて重いため、動きにくいことがメリットです。

価格はゴムより少し高いですが、大きな差はありません。ゴムでは動いてしまう場所であれば、コンクリートを検討しましょう。

金属

金属製の段差スロープは、鉄板など様々なタイプがあります。ゴムやコンクリートより高いですが、業者が設置してくれる場合もあり、安全性は高いです。

 

駐車場の勾配がきつい場合は必ず対策が必要

駐車場の勾配がきつい場合は必ず対策が必要

今回は、駐車場の勾配がきつい場合の対策について、解説しました。

駐車場の勾配は、事故につながる大事な箇所です。しかし、外構の打ち合わせで話し合うケースが少なく、後から後悔していまうケースが見られます。

駐車場は毎日のように使う場所ですので、しっかりと検討しましょう。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国630以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから




【関連記事はこちら】