新築施工ミスで値引き交渉をするべき?把握すべき対応方法を徹底解説



新築施工ミスで値引き交渉をするべきか?

新築の注文住宅では、施工ミスは珍しいことではありません。施工ミスは避けられないと考えておいた方が良いです。

「うちの家は施工ミスがなくてよかった」と思っている方も、気づいていないケースは多いです。見えない場所でも施工ミスが起きている可能性があるためです。

新築で施工ミスがあった場合、値引き交渉を検討する方もいます。しかし、値引き交渉は行うべきなのでしょうか?

新築の施工ミスはなぜ起きるのか?

施工ミスはなぜ起きるのでしょうか?

ハウスメーカーで工程のほとんどを工場で行っている場合は、施工ミスが少なくなります。対して、工務店などはほとんどの工程を現場で行います。人間が施工しているので、当然ですがミスはあるのです。

「施工ミスを発見して値引きをしてもらおう」と考える方もいるのですが、それよりも施工ミスがあってもどのように対応するか、施工ミスをどうすれば無くせるのかを考える方が重要です。

 

新築施工ミスによる値引きや引き渡しの延期は難しい

基本的には、施工ミスによる値引きや引き渡しの延期は難しいと考えておきましょう。その理由としては、家を建てるのは「請負契約」になるためです。

請負契約:請負者が仕事を完成させ、発注者がその仕事の結果に対して報酬を支払う契約

請負契約の場合、建物が完成していれば代金を請求できます。予定された工程が終了していれば、補修を加える程度であれば建物は完成しているとみなされるためです。

補修で対応が可能なことがほとんどですので、値引きを迫るという考えはしない方が良いでしょう。

 

施工ミスを防ぐために

私たちの立場では、施工ミスを見つけるのではなく、施工ミスを防ぐ方法をしっかりと検討すべきです。

大工さんとコミュニケーションを取り、現場で一度間取り図をチェックするだけでも全然違います。また、施工ミスを早く見つけることで、対応がしやすくなるのです。

人間はどうしてもミスをするので、それを前提に出来る限りのことをやることが重要です。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】