尺モジュールとメーターモジュールの違い|メリット・デメリットを把握しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尺モジュールとメーターモジュールで迷っている方へ

 
尺モジュールとメーターモジュールで迷っている方へ住宅メーカーによって「尺モジュール」もしくは「メーターモジュール」を取り扱っている場合があり、「結局どっちがいいの?」と迷う方が多いです。

尺モジュールとメーターモジュールでは、1間の長さが異なります。畳の1畳は尺モジュールで182cm×91cmとなりますが、メーターモジュールでは200cm×100cmとなります。

「大きさが違うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、それぞれメリット・デメリットがあります。詳しく解説していきます。

 

尺モジュールのメリット・デメリット

 
尺モジュールのメリット・デメリット今回は、最も一般的な「尺モジュール」をメインに比較して、メリット・デメリットを紹介します。
 
 
メリット① 市場が広いため、種類が多く安い

尺モジュールは昔ながらの寸法なので、市場が広く材料が多種多様です。材料も大量生産なので、安い場合が多いです。
 
 
メリット② 狭い家を建てやすい

狭小地などで家を建てる場合、メーターモジュールよりも間取りがはまりやすいです。
 
 
デメリット① 車椅子が通りにくい

尺モジュールの場合、廊下の幅は91cmとなります。メーターモジュールが100cmとなるため、廊下が広いのはメーターモジュールのメリットです。

 

将来のこと(高齢化)を考慮すればメーターモジュールがオススメ

 
将来のこと(高齢化)を考慮すればメーターモジュールがオススメまだ若くて小さい子供がいる家庭では、少しでも建築費用を抑えたいでしょう。こういった方は、市場が広くコストが安くなる尺モジュールがオススメです。

逆に、高齢の方や車椅子を使う方は、廊下が広いメーターモジュールがオススメとなります。「廊下だけ広くできないの?」と思うかもしれませんが、尺とメーターを混在させることは難しいです。

メーターモジュールを押す住宅メーカーもありますが、メリット・デメリットを把握して選ぶようにしましょう。



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
この箇所は薄い青色で囲んでいます。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!