物置設置場所の失敗事例10選|トラブルを避けるためには?



物置設置場所で失敗しない!トラブルを避けるために

引用:家族が喜ぶ!便利で楽しい屋外収納をおしゃれな物置で叶えよう | 物置のある暮らし

「物置の設置場所ってどこがいいの?」
「物置の場所に失敗した」

注文住宅を建てた際に、購入する方が多い「物置」。物置を置きたいと思っている方は、注文住宅の設計時に設置場所を検討する必要があります。

しかし、物置の設置場所に失敗した、物置が原因でトラブルになったというケースもあります。せっかく設置したのに、使わなくなるのはもったいないです。

この記事では、物置の設置場所について詳しく解説します。

物置設置場所の失敗・トラブル事例10選

まずは、把握すべき物置設置場所の失敗・トラブル事例をご紹介します。

家の外壁にピッタリと付けて設置した

家の外壁にピッタリと付けて物置を設置する方がいますが、これはオススメできません。外壁が湿気の影響でコケやカビが生えやすくなり、地震が起きた際には外壁が傷付いてしまいます。

雨水マスや水道点検口の上に設置した

雨水マスや水道点検口の上に物置を設置すると、定期清掃や水道が詰まった時に困ることになります。自分で設置すると気づかないケースもあるので、注意しましょう。

給湯器や室外機の前に設置した

給湯器やエアコンの室外機の前に物置を設置すると、下記のようなトラブルの原因になります。

・湿気や熱気によって物置が変形し、錆びる
・排気の逃げ場がなくなり、給湯器や室外機の故障につながる

屋根の大きさを考慮していなかった

物置を設置する際に、土台のサイズで検討していたが屋根の方が大きいというケースがあります。基本的に屋根は土台よりも大きいので、屋根の大きさも含めて検討が必要です。

土台ブロックの高さを考慮していなかった

物置の高さだけでなく、土台ブロックの高さも含めて検討する必要があります。土台ブロックは10cm程度が目安になるので、+10cm程度は考慮しておきましょう。

組み立てるスペースを確保しなかった

物置を設置する際に、組み立てるスペースを確保する必要があります。目安として、左右と後方に30cm程度の余裕を見ておきましょう。

開き戸タイプの開口部を確保していなかった

開き戸タイプの物置を設置する際に、開口部のスペースを確保していなかったケースもあります。開き戸タイプは、狭い場所や奥行きのない場所には設置しないようにしましょう。

砂利の上に設置した

砂利の上に土台ブロックを設置した場合、物置がひずんでしまう可能性があります。一度砂利を取り除いて、地盤の上に土台ブロックを設置することをオススメします。

日当たりが悪くなった

物置を設置することで、日当たりが悪くなるケースもあります。部屋が暗くなる上に、部屋からの見た目も悪くなってしまいます。

お隣の迷惑になる場所

物置を設置したことによって、お隣の日当たりや風通しが悪くなったり、物置の雨水がお隣の敷地に排水してしまうケースがあります。お隣の迷惑になる場所に設置するのはやめましょう。

 

物置設置場所を設置すべき場所は?

引用:家族が喜ぶ!便利で楽しい屋外収納をおしゃれな物置で叶えよう | 物置のある暮らし

物置の設置場所で失敗した・トラブルになった事例をご紹介しましたが、対して物置を設置すべき場所について解説します。

家の北側

物置の設置場所は、北側をオススメします。

北側だと真夏の直射日光の影響を受けにくく、デッドスペースが多いためです。日光が当たらない場所なので、ガーデニングに不向きな場所となります。

角地

敷地の角地はデッドスペースになりやすいので、物置の設置を検討しましょう。角地に設置することで、庭も広く使いやすくなります。

境界フェンス沿い

物置は境界フェンス付近に設置することを検討すべきです。

フェンスで仕切られている場所なので、物置を置いても圧迫感を感じにくいです。お隣との目隠しの役割も果たしてくれます。

 

物置を安く設置するには?

物置を安く設置する方法は様々です。

DIYが得意な方であれば、簡単ではないですが物置を自分で設置することが可能です。穴をあけるドリルなどが必要で、アンカー工事や物置のボルト締めは初心者では難しいため、慣れた方であればチャレンジする価値があります。

また、ハウスメーカーに注文住宅と一緒に物置を発注する方がいますが、ハウスメーカーの提携会社はオススメしません。ハウスメーカーへの紹介料も含まれているため、相場よりも高くなってしまうためです。

業者に発注する場合は、ホームセンターなどで購入すると安く購入しやすいです。特に12月の年末セールや3月の決算セール時期などは、安く購入できる可能性が高くなります。

 

物置設置場所で失敗しないために

物置の設置場所で失敗しないためには、注文住宅を建てる際に物置の場所を検討することです。

ハウスメーカーの担当者にも、物置を設置したい旨は伝えておきましょう。外構計画を立てる際に、物置の設置場所を考慮しながら計画をしてくれます。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国550以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料で外構提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料で外構提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料で外構提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】