新築を建てる際に検討すべき!生ゴミ置き場の設置案6選



新築を建てる際の生ごみ置き場の設置案

新築の注文住宅を建てる際に、注意してほしいのが生ごみ置き場です。

マンションだと24時間ゴミが出せる場合も多いですが、戸建ての場合はゴミが出せる日は決まっています。ゴミ箱の設置場所や、ゴミの日までの保管方法はしっかりと検討する必要があります。

ゴミ箱の配置によって、間取りにも影響があります。この記事では、新築を建てる際に検討すべき生ごみ置き場の設置案について、詳しく解説します。

ゴミ箱の置き場を考える際の注意点4選

まず、ゴミ箱の置き場を考える際の注意点を解説します。

ゴミの分別方法

ゴミ出しのルールや日程は、地域によって全く異なります。特に、可燃ごみが週に2日しかない地域も増えています。前もって地域のゴミ出しルールは確認しておきましょう。

必要なゴミ箱の数や大きさ

ゴミ出しのルールを把握したら、どのぐらいの大きさのゴミ箱がいくつ必要なのか検討しましょう。ゴミ箱の設置数によって、どのくらいのスペースが必要なのかが分かってきます。

ライフスタイルの変化

今は夫婦2人暮らしでも、将来子供が増えるとゴミの量も違ってきます。家族の人数が増えた場合でも問題ないように、ゆとりをもったゴミ箱の配置を考えましょう。

リビングやダイニングから見えない場所

くつろぐ空間であるリビング・ダイニングからゴミ箱が見えていると、気分が良いものではありません。見えない位置に配置しましょう。

 

新築を建てる際の生ゴミ置き場の設置案6選

ゴミ箱の中でも、特に生ゴミ置き場はしっかりと検討が必要です。場所や取り入れるべきグッズについて、ご紹介します。

ポリ袋エコホルダーを活用

生ゴミは三角コーナーに捨てる方が多いですが、私はポリ袋エコホルダーをオススメします。

生ゴミとダイニングテーブルで使ったティッシュなど、まとめてエコホルダーのポリ袋に捨てます。そして、1日1〜2回程度はポリ袋を交換しますので、清潔に使うことができます。

三角コーナーが必要無くなるので、シンクのスペースが広がるのも良いと思います。

生ごみ処理機を活用

生ごみ処理機は、生ゴミをパリパリに乾燥させて嫌な臭いが発生しにくくなります。生ゴミの水分を飛ばすので、ゴミが少なくなるのもメリットです。

しかし、毎回の電気代が掛かる、フィルター交換が必要といったデメリットもあります。自治体から補助金が出るケースもありますので、補助金が出る地域に住んでいるのであれば検討をオススメします。

キッチンカウンターの下スペース

キッチンカウンターの下にゴミ箱を設置し、生ゴミ含めて捨てる方が多いです。場所としては良いと思いますが、生ゴミが入っている場合は、ポリ袋などで縛って捨てることをオススメします。

パントリーの中

キッチン内のスペースが狭い場合は、パントリーの中にゴミ箱を設置するケースもあります。キッチンのスペースを確保できるのがメリットになります。

廊下や玄関

キッチン内では小さなゴミ袋に生ゴミを捨てて、ゴミ袋が一杯になったら廊下や玄関の大きなゴミ箱に捨てます。玄関に配置するスペースがあれば、ゴミ出しもしやすいのでオススメです。

外の倉庫

可燃ごみの日が来るまでは、外の倉庫に保管する方も多いです。家の中のスペースが確保できますが、ゴミ専用の倉庫などを用意したり、外だと虫が寄り付きやすいといったデメリットがあります。

 

家を建てる前にゴミの捨て方を検討しないと後悔する

注文住宅を建てる前に、ゴミの捨て方について検討しない方が多いです。

しかし、ゴミの処理はほとんど毎日発生し、しっかりと流れを検討していないと住みにくい家になってしまいます。家事動線を検討する際には、ゴミについては必ず考慮して間取りプランを作るべきです。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】