納戸の使い方・間取りの工夫・失敗例12選を紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納戸の使い方は重要!間取りをしっかりと考えよう

 
納戸の使い方は重要!間取りをしっかりと考えよう家を建てる時に、必ず設置しておきたいのが「納戸」だ。

納戸とは、収納の用途だけに特化した部屋のことだ。3帖程度の納戸を設置したり、ロフトや屋根裏収納を設置する場合もある。

家を建てる主な世代は30代前半だ。まだ子供も小さいので荷物が少ないが、子供が増えて大きくなると捨てられない物がたくさんある。

5月人形・クリスマスツリーといった季節物や、スポーツ用品・扇風機・暖房器具といったスペースを取る物、コート・ブーツといったかさばる衣類もある。

家を建てて10年ぐらい経つと、「建てる時は収納が十分だと思ったけど、全然足りていない」という状態になる。こうならないためにも、納戸の設置は必ず検討してほしい。

しかし、納戸はいざ設置してみると、他の部屋とは違った後悔のポイントが出てくる。今回は、納戸の使い方・間取りの工夫・失敗例を12選紹介する。

 

納戸の失敗例6選

 
納戸の失敗例6選まずは、納戸を設置する際にありがちな失敗を6つ紹介する。
 
 
・窓を付けたら物が日焼けしてしまった

納戸はどうしても閉めっぱなしになるので、換気をするために窓を設置する方が良い。

しかし、大きい窓を設置したり日当たりが良いと、収納した物が日焼けしてしまう場合がある。また、夏は日差しが入り込むせいで、納戸が暑くなってしまう。
 
 
・照明を付けなかったので暗い

1帖〜2帖の狭い納戸を作って、費用を抑えるために照明を設置しない方が多い。

しかし、昼間は窓を付けていれば入れるが、夜は廊下の明かりを頼りに物を探すことになってしまう。狭くても、照明は付けておいた方が良い。
 
 
・照明のスイッチを納戸の中に付けてしまった

通常の部屋であれば、照明のスイッチは部屋の中に付けるのが一般的だ。しかし、納戸のスイッチは外の廊下側に設置しておいた方がよい。

たまにしか入らない納戸のスイッチは、外に付けておいた方が探す手間がない。また、スイッチを納戸の中に設置すると、壁面に物を置きたい場合に邪魔になる可能性がある。
 
 
・納戸にコンセントを付けなかった

納戸にコンセントを付けない方が多いが、掃除の面でもコンセントは付けておいた方がよい。

また、子供が大きくなるまで子供部屋を書斎にして、子供に部屋を渡したら納戸を書斎にする人もいる。その時に納戸にコンセントが無いと、パソコンすら使うことができなくなる。
 
 
・扉が狭くて荷物が入れずらい

納戸への扉は、開き戸よりも引き戸の方がスペースが取れる。納戸への扉が狭いと、大きい荷物を入れる納戸なので後悔することになる。
 
 
・棚が少ない

納戸は衣服を掛けるポールのみにする方が多いが、納戸に入れる物を想定して棚を用意しておかないと、スペースを有効活用できない場合がある。
 
 
この6つの失敗が多くなっているので、納戸を作る際はチェックしてほしい。

 

納戸の使い方の工夫6選

 
納戸の使い方の工夫6選納戸の失敗例を踏まえ、納戸の使い方で工夫すべき点を6つ紹介する。
 
 
・換気扇を付ける

納戸の湿気対策として、窓の代わりに換気扇を付けよう。

窓の方が価格が高い上に、スイッチ1つの換気扇よりも納戸に入って窓を開ける方が手間だ。窓があると、窓の前に荷物を置くこともできない。
 
 
・照明のスイッチを廊下側にする

照明のスイッチは、納戸に入る前に設置した方が便利だ。換気扇のスイッチもあると、入る時に換気もできて一石二鳥だ。
 
 
・窓を設置する場合はカタガラスにする

窓を設置したい場合は、カタガラスにしておけばカーテンが無くてもよい。カーテンはお金が掛かるだけでなく、カーテンレールやカーテン自体が収納時に邪魔になることがある。
 
 
・高さを調整できる棚を設置する

納戸に高さを調整できる棚を付けておくと、利便性が高まる。ホームセンターで収納を購入するよりも高いかもしれないが、備え付けの棚の方が地震の時に倒れてくる心配もない。
 
 
・納戸+土間収納はとても使いやすい

1階に納戸を設置できる場合、納戸+土間収納にすると使い勝手がよい。

土間収納には、バーベキュー・キャンプ用品やスポーツ用品など、外で使う物を収納する。納戸には室内で使うクリスマスツリーなどを収納しておけば、家の物を1箇所に集約できる。
 
 
・将来の使い勝手も考える

「将来は書斎として使いたい」「子供が3人になったら部屋にしたい」ということも、可能性が少しでもあるのであれば検討しておこう。

コンセント・テレビ・LAN配線など、もし使う可能性があれば用意しておかなければならない。

 


間取りを考える時の収納スペースの目安

 
 間取りを考える時の収納スペースの目安間取りを考えるときに、全体に占める収納面積の割合である「収納率」という考え方がある。

収納面積÷家の総面積=収納率(%)という簡単な計算で、きちんと収納できる家は10%以上を目安にしよう。

例えば35坪の家だと、家の総面積は約70帖だ。その中で、玄関収納・クローゼット・階段下収納など、全ての収納の面積を足してみよう。7帖のスペースがあれば、ある程度収納力のある家だと言える。

納戸の設置を検討している人は、ぜひ参考にしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加