庭のプランニング方法4選|外構は使い勝手とメンテナンスを考慮しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家の外観と調和した素敵な庭をプランニングしよう

 
家の外観と調和した素敵な庭をプランニングしよう素敵な戸建を建てる上で、庭のプランニングは欠かせません。

庭など外構のプランニングは、深く考えずに作ってしまう人が多いです。「駐車場が使えればそれで良い。」「庭は芝を引いておいて、安く仕上げよう」といった方が多いからです。

しかし、素敵な戸建にするためには、家の外観と調和した素敵な庭が欠かせません。家と庭は一体化して、初めて素敵な家になります。

今回は、庭のプランニング方法を4つ紹介します。

 

庭のプランニング方法4選

 
庭のプランニング方法4選庭のプランニング方法には、大きく分けて4通りが多く見られます。
 
 
・四季のお花を楽しむ庭

プランターでお花を育てるのは楽しいですが、庭があれば地面にお花を植えて楽しむ事ができます。

季節ごとに咲く様々な花の表情や香りを感じられる庭は、魅力的ですね。大規模な庭にはできなくても、庭の一角に花壇を作って楽しむのもオシャレです。
 
 
・子供が楽しく遊べる庭

小さなお子様がいる家庭で要望が多いのが「公園のように楽しく遊べる庭」です。

庭に芝を敷き詰めると、芝を刈ったり雑草を抜いたりする手間が掛かります。しかし、ふかふかの芝生の上でゴロゴロ寝ころんでみたり、走り回っても柔らかいので安全です。

夏も暑くならずに快適に過ごせますし、ブランコなど遊具を置くと好きなだけ遊べます。また、家に砂場を用意する家庭もあります。いつもお友達が集まる庭にするのは魅力的です。
 
 
・ペットが楽しめるドッグランがある庭

犬を飼っている家庭では、庭をドッグランにしてしまうのもいいですね。

犬は子供のように公園で遊べないので、家にドッグランがあるとストレスが溜まりません。子供は庭の遊具がすぐに物足りなくなりますが、犬はいつまでも楽しめます。

ランニングコースや丘をイメージした起伏、くぐり抜けが楽しめるトンネルなどを設けてみましょう。
 
 
・バーベューができる第2のリビングになる庭

庭を第2のリビングとして使う家庭が増えています。最近はマンションのベランダを第2のリビングにする方も多いですね。

バーベキューは芝の上でするよりも、コンクリートの方が汚れません。椅子や机を置く場所をあらかじめ決めておき、素敵な第2のリビングにしましょう。

 

外構は使い勝手とメンテナンスを考慮しよう

 
外構は使い勝手とメンテナンスを考慮しよう庭を含めた外構のプランニングでは、見た目ももちろん大事ですが「使い勝手」「メンテナンス」も考慮しましょう。

家までの動線が考えられていないと、無駄に雨に濡れます。また、メンテナンスに興味が無いのに全面を芝生にしてしまうと、芝刈りが面倒になり後悔します。こういった方は、少し高いですが人工芝にすることをオススメします。

外構は安易に考えず、じっくりと検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加