※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

ノーブルホームは危ない?やばい?実際に後悔した事例5選




ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例を徹底解説!

引用:見和Ⅳ期(No.8)NHまちかどプレミアム展示場

「ノーブルホームで家を建てたい!」
「ノーブルホームって危ない?」

茨城県で住宅着工棟数6年連続No.1の「ノーブルホーム」。豊富なプランとコストパフォーマンスの高さから、人気のハウスメーカーです。

しかし、中にはノーブルホームで家を建てて後悔した方もいます。この記事では、ノーブルホームの特徴や、実際に後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ノーブルホームとは?

引用:趣味を楽しみ、豊かな時間をはぐくむ家の施工事例

ノーブルホームは、地元茨城県で住宅着工棟数6年連続No.1のハウスメーカーです。

2021年2月、北関東でのシェア拡大を目指して、同業の丸和住宅を含む6社の持ち株会社マルワホールディングスと資本提携を締結しました。

更なる成長を見据えたノーブルホームは、注目を集めています。

 

ノーブルホームの特徴4選

引用:常設展示場一覧 | 茨城・栃木・千葉の注文住宅・一戸建ての家づくりはノーブルホーム

次に、ノーブルホームの特徴について、解説します。

プランによって異なる工法・構造を採用

ノーブルホームは、自由設計の注文住宅として3つのグレードを用意しています。

耐震構法の「SE構法」を採用したフラッグシップモデル「GRADIA(グラディア)」、ピン工法を採用したミドルクラスの「REXIA(レクシア)」、そして在来工法を採用した「ELXIA(エルシア)」から選ぶことにかります。

3つのプランは、それぞれ異なる工法・構造を採用しており、装備される設備にも差があります。

20種類以上の多彩な規格住宅プラン

ノーブルホームの最大の特徴は、20種類以上の多彩な規格住宅プランです。

規格住宅は注文住宅ほどの設計自由度はありませんが、家事動線や住みやすさを重視した間取り設計と、統一感のあるデザインが用意されているため、手を加えずとも高い完成度の家が実現できる可能性が高いです。

また、商品を規格化することで、資材の大量製造やストックが可能になり、コストを大幅に抑えることができます。

新しい冷暖房システム「エアシス」

ノーブルホームでは、全館空調システムと床暖房を融合した、新しい冷暖房システム「エアシス」を採用しています。

このシステムは、ルームエアコンのように直接不快な風が当たらないように設計されているため、より快適な住環境を実現することができます。

また、梅雨の時期などは除湿機能のみを利用することもできるため、部屋干しの嫌な匂いなども除去することができます。24時間換気システムも併用されており、フィルターにより有害物質も除去されるため、一年中快適な気温と空気環境を保つことができます。

坪単価は50〜70万円程度

ノーブルホームの商品ラインナップは幅広く、坪単価も商品によって大きく異なります。

例えば、上位グレードの「GRADIA(グラディア)」の坪単価は70万円程度であり、逆に低価格な「ELXIA(エルシア)」や規格商品モデルならば50万円程度で新築することができます。

特に規格住宅プランは、高い完成度の家が多いため、競合他社と比較しても、割安に感じられます。

 

ノーブルホームの商品ラインナップ

REXIA (レクシア)

REXIAは、完全自由設計の注文住宅で、効率性やデザイン性を重視した暮らしやすい住まいを提供します。このシリーズには、次のような特徴があります。

  • 完全自由設計: お客様のライフスタイルに合わせた自由な設計が可能で、個々の要望に応じた家づくりができます。
  • 長期優良住宅対応: 資産価値の維持と住み心地を追求し、長期にわたり優れた品質を保つ設計となっています。
  • 高強度・高耐力のピン工法: 制震ダンパーと組み合わせることで、地震に強い安心の耐震性能を実現しています。

CELES (セレス)

CELESは、900万円台から家を建てることができる規格型住宅です。低価格でありながら、品質に妥協しないセレスには、以下の特徴があります。

  • 手頃な価格: 1,000万円以下で夢のマイホームを実現できるため、初めて家を建てる方にも最適です。
  • 多様なプラン: 狭小地住宅、平屋住宅、二世帯住宅など、100種類以上のプランから選ぶことができ、お客様の多様なニーズに対応します。
  • 豊富な外観デザイン: モダンなデザインから伝統的なスタイルまで、外観のバリエーションが豊富です。

BASE+ (ベースプラス)

BASE+は、「完全自由設計には不安がある」「既存の規格型住宅に満足できない」という方に向けたカスタムオーダー住宅です。このシリーズには、次のような特徴があります。

  • 自由な間取りカスタマイズ: 選んだプランの間取りをお客様の要望に合わせて自由に変更できます。
  • 豊富なベースプラン: 270パターン以上のベースプランが用意されており、多様な選択肢から最適なプランを選ぶことができます。
  • 予算に応じたグレードアップ: お客様の予算に合わせて設備や仕様のグレードアップが可能で、理想の住まいを実現します。

ノーブルホームでは、注文住宅はグレードの違う3種類の商品ラインナップ、規格型住宅は17種類の豊富なバリエーションを取り揃えています。お客様のライフスタイルや予算に合わせた最適な住まいづくりをサポートしています。

 

ノーブルホームは危ない?やばい?実際に後悔した事例5選

次に、ノーブルホームで家を購入して後悔した事例をご紹介します。

ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例①「ミスに対する対応に不満」

建築中に営業担当者からミスが発覚した際に、現場で確認するために展示場まで車で向かいましたが、展示場では写真だけの説明で済ませようとされたため、強く反発し、現場で確認することができました。

ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例②「打ち合わせの意思疎通ができない」

ノーブルホームとの建築を進める中で、他社では打ち合わせの際にメモを渡してくれたりしていたのに対し、ノーブルホームでは口頭で話しただけだったため、お互いの認識がズレてしまい、泣き寝入りすることが多かったです。

特に契約後はやっつけ仕事のような印象を受け、契約前に細かいところまで打ち合わせが出来ず、まともな議事録もなかったため、最終的には契約時よりも350万円も上がってしまいました。

ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例③「営業担当者の力不足」

ノーブルホームは営業担当者が間取りや窓の配置や形などの重要な箇所を決めていくことが多いため、営業担当者の力量が非常に重要だと感じています。また、設計士との顔合わせが一度もなく、私の営業担当者の力量は力量不足だと感じました。

ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例④「キャンペーン特典を受けられなかった」

キャンペーンについて、事前に調べておけば良かったと後悔しています。少し早めに契約していれば、数十万円分の設備がもらえるキャンペーンがあったため、損をした気分になってしまいました。

ノーブルホームは危ない?やばい?後悔した事例⑤「不備を直してもらえない」

完成立ち合いの際に現場監督が来なかった上、引き渡し確認で多数の不備が見つかり、書類をもらって引き渡しをしましたが、それから2年が経った現在でも、引き渡し時に見つかった不備が全て修正されていないという状況です。

 

ノーブルホームで家を建てる際のポイント

営業マンとの相性を重視する

家づくりにおいて、営業担当者との相性は非常に重要です。人と人の付き合いなので、合う合わないはどうしても出てきます。

ノーブルホームの営業担当者もそれぞれ得意分野や性格が異なるため、自分に合う担当者を見つけることが大切です。

相性を見る際には直感が重要です。「なんとなく合わない」と感じたら、遠慮せずに営業マンの交代をお願いしましょう。希望通りの家を建てるためには、気が進まない場合でも自分の直感を信じて行動することが大切です。

打ち合わせ内容を記録する

家づくりの打ち合わせでは、話した内容を忘れてしまうことがあります。そのため、打ち合わせの内容は必ず記録に残しましょう。質問への回答や会話の内容をメモしておくことで、家に帰ってから内容を整理し、理想の家づくりに近づけることができます。

メモが苦手な場合は、スマートフォンの録音機能を利用するのも一つの方法です。ただし、録音する際には事前に営業担当者の許可を得るようにしましょう。記録した内容は、営業担当者にも確認してもらうことで、誤解や行き違いを防ぐことができます。

住宅性能に関する知識を身につける

住宅性能についての知識がないと、営業担当者の説明が理解できず、安易な判断をしてしまう恐れがあります。

例えば、ノーブルホームの全館空調システム「エアシス」や高断熱住宅「ヒートグラン」など、さまざまな専門用語があります。

これらの性能についての知識を事前に身につけておくことで、打ち合わせがスムーズに進みます。インターネットで公式サイトを調べたり、自分で勉強したりすることが効果的です。家づくりを効率的に進めるためにも、住宅性能についての理解を深めておきましょう。

他社で相見積もりをとる

ノーブルホームはリーズナブルな価格が魅力ですが、他社の方が安い場合もあります。そのため、複数の工務店や住宅会社に同条件で見積もりを依頼し、比較することが重要です。

他社の見積もりをもとに価格交渉をすることで、ノーブルホームでも条件の良い価格で家を建てられる可能性があります。複数の見積もりを比較することで、納得のいく家づくりが実現できます。

住み始めてからのコストも考慮する

家を建てる際には、建築コストだけでなく、住み始めてからのランニングコスト(固定費)も考慮することが重要です。固定資産税や光熱費など、長期的に支払いが続く費用についても検討しましょう。

これらのランニングコストを計算し、間取りや設備の内容を決定することが大切です。住み始めてからのコストを見据えた家づくりをすることで、長く快適に暮らせる家を実現できます。

 

ノーブルホームの良い評判・口コミ

移住者への親切なサポート

「転勤したばかりで土地勘がなく困っていましたが、営業の人に県民性や土地柄などを詳しく教えてもらえて良かった」

新しい地域に転勤してきたばかりの方にとって、地元の情報や県民性を理解するのは重要です。ノーブルホームの営業担当者は、土地の特徴や地域の風土について詳しく説明してくれるので、安心して新生活を始めることができます。このような丁寧な対応が、移住者にとって大変心強いものとなります。

独自の設計提案

「敷地の特殊な形状を活かしながら、ライフスタイルに合った間取りを提案してもらえた」

土地の形状や大きさが特異な場合でも、ノーブルホームの設計担当者はその特性を最大限に活かし、住む人のライフスタイルに合った間取りを提案してくれます。これにより、無駄のない効率的な住空間が実現し、顧客は満足のいく住まいを手に入れることができます。

コストパフォーマンスの高さ

「複数の会社に相見積もりを取った結果、同条件で数百万安かったこの会社に依頼。茨城県内で一番の実績がある理由がよくわかった」

ノーブルホームは複数のハウスメーカーと比較しても、優れたコストパフォーマンスを提供しています。茨城県内での豊富な実績があり、価格面でも顧客の期待に応えることができます。このような実績と価格のバランスが、多くの顧客から支持される理由です。

地元密着型のサービス

さすが地元密着企業といわんばかりの口コミが多く、北関東で家づくりを検討中の人にはピッタリではないでしょうか?

地元の人はもちろん、これから移り住む人にとっても地元情報が貰えるのは嬉しいですよね。

ノーブルホームは地域に根ざした企業として、地元の情報や特性に精通しています。これにより、顧客は安心して相談や依頼ができる環境が整っています。地元の特性を活かした提案やサポートが、多くの顧客に喜ばれています。

知識豊富な営業担当

「営業担当は知識豊富な人が多く、家づくりについてわからないことがあれば親切丁寧に教えてもらった」

ノーブルホームの営業担当者は、豊富な知識を持ち、顧客が家づくりに関して疑問や不安を抱いた際には親切に対応してくれます。このような信頼性の高いサポートが、顧客満足度を高めています。

顧客の要望に応える提案力

「こちらの立場に立って提案してくれるので要望を伝えやすく、間取りも金銭的にも満足のいく家づくりができた」

ノーブルホームの営業担当者は、常に顧客の立場に立って提案を行い、顧客の要望を的確に把握してくれます。これにより、間取りや予算に関しても納得のいく提案を受けることができ、満足度の高い家づくりが実現します。

 

ノーブルホームの悪い評判・口コミ

コストで選んだものの、契約後の対応に失望した

ノーブルホームを他の業者よりも安い価格で選んだが、契約後の対応に不満を抱きました。特に、営業マンの対応が親身ではなく、質問や要望に対するレスポンスが遅いと感じたとのことです。

これにより、家を建てる過程でのコミュニケーションがうまく取れず、不安を感じたと述べています。

反応が遅くて困った

ノーブルホームのレスポンスの遅さに悩まされました。

家の建設中に発生した問題や疑問に対して、迅速に対応してもらえなかったことがストレスとなり、全体の進行に悪影響を及ぼしました。特に、メールや電話での連絡が遅れがちで、緊急の対応が必要な場面で困惑したと述べています。

工事の質に不満があり、引き渡し後のサポートが不足

工事の質に不満があります。工事が雑で、細部に注意が払われていなかったと感じました。

引き渡し後に発生した不具合に対しても、迅速かつ適切に対応してもらえなかったことが大きな問題となりました。このような経験から、アフターサービスの質にも疑問を持つようになったとのことです。

 

ハウスメーカー選びは必ず複数社から提案をもらおう!

この記事では、大和ハウスの特徴や実際に後悔した事例について、詳しく解説しました。

ハウスメーカーを選ぶ上では、複数社から提案をもらうことが重要です。ハウスメーカーにはそれぞれ特徴があり、様々な提案を受けないと自分に合ったハウスメーカーを選ぶことができません。

また、複数社から見積もり提案をもらうことで、価格交渉をスムーズに行うことができます。ネットで簡単に複数社から提案(無料)を受けられるので、積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】