お風呂をカウンターなしにすると後悔する?鏡や棚も検討が必要



お風呂をカウンターなしにすると後悔する?

注文住宅を建てる時に、お風呂のカウンターなしにする方もいます。

お風呂は、通常シャワー水栓の下にカウンターが設けられています。注文住宅を建てた方でも、お風呂のカウンターについて話し合った方は少ないと思います。

お風呂のカウンターなしにした場合、本当に後悔しないのでしょうか?詳しく解説します。

お風呂のカウンターは何に使う?

お風呂のカウンターは、ここに桶を置いてお湯を溜めたり、シャンプーやボディソープを置いておく場所などに使われます。

バスチェアを使う方にとって、お風呂カウンターがあると便利です。手を伸ばすだけで、移動する必要がないためです。

しかし、デメリットとしては掃除の手間が増えることです。カウンターには水が溜まりますし、カウンターの下も汚れやすいです。カウンターなしにすることで、掃除が楽になるのです。

そもそも、シャワーは立ってする派の方もいます。こういった方は、特にお風呂はカウンターなしで後悔しないでしょう。

 

お風呂のカウンターだけでなく鏡や棚も必要ない?

お風呂のカウンターと同様に、当たり前のように設置される鏡や棚も本当に必要でしょうか?

鏡は汚れが付きやすいですし、なかなか落とすことができません。また、わずかですが裏側に隙間も出来てしまうので、掃除ができず汚くなってしまいます。

棚も通常は3つほど付いているケースが多いです。しかし、棚も汚れやすい場所で、棚が無い方が掃除は格段に楽になります。

 

お風呂のカウンターなしは後悔しない!検討すべき!

お風呂のカウンターなしにする方は、しっかりと検討して無しにしているケースがほとんどです。

カウンターなしにしても、困らない方も多いです。お風呂を清潔に保てるというメリットがあるので、私もカウンターなしにしましたが後悔はありませんでした。

ぜひ、参考にしてみてください。


【関連記事はこちら】



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ



注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加