※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

アウトドアリビングを設置して実際に後悔した事例6選




アウトドアリビングを設置して実際に後悔した事例を徹底解説!

「アウトドアリビングを設置したい!」
「実際に設置した人の意見が聞きたい!」

アウトドアリビングは、庭で自由にくつろげる空間として注目を浴びています。ただし、「アウトドアリビング作りに失敗したくない」とか、「グランピングほどお金をかけずに気軽に楽しみたいけど、具体的な方法がわからない」という不安を抱えているのではないでしょうか。

この記事では、アウトドアリビングを設置するメリットや、実際に後悔した事例について、詳し解説します。



タウンライフ エクステリア&外構工事」は、自宅にいながら全国630社以上の外構業者の中から、提案を受けることができるサービス!あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が無料でもらえます。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ エクステリア&外構工事が凄いのは、資料だけでなく「外構費用のお見積り」「プランニング」「アイデア&アドバイス」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

アウトドアリビングを設置するメリット5選

まずは、アウトドアリビングを設置するメリットについて、詳しく解説します。

【メリット】
・屋外スペースを効果的に活用できる
・室内に開放感をもたらすことができる
・屋外のアクティビティを楽しめる
・室内から屋外の様子を観察しやすい
・庭の手入れが簡単になる

アウトドアリビングとしてウッドデッキなどを設けることで、空間の活用方法が広がり、効果的にスペースを利用することができます。さらに、アウトドアリビングには室内と屋外をつなぐ大きな開口部が不可欠ですので、室内空間にも開放感をもたらすことができます。そのため、スペースに制約のある住宅においてこそ、アウトドアリビングはおすすめです。

小さなお子さんのいるご家庭では、屋外での遊び場に悩んだ経験をお持ちの方も多いかもしれません。「公園に連れて行く時間がないけれど、子供を安全に外で遊ばせたい」「家事をしながら子供の様子を見守りたい」といった方々にとっても、アウトドアリビングはおすすめです。

キッチンで家事をしながらウッドデッキで子供が遊んでいる様子を見ることができたり、大人が室内リビングでくつろいでいる間に子供が外で元気に遊ぶことができる時間が実現します。

実用的なメリットとしては、「庭のお手入れが簡単になる」という点が挙げられます。ウッドデッキを設置することで、その面積分の雑草の抜き取りや芝生の管理などの作業が減少します。日常的なお手入れの負担を軽減したい方にとっても、ぜひアウトドアリビングを検討してみてください。

 

アウトドアリビングを設置して実際に後悔した事例6選

次に、アウトドアリビングを設置して実際に後悔した事例について、詳しく解説します。

アウトドアリビングで後悔した事例①「思ったより活用しない」

アウトドアリビングを含む、トレンドの間取りを導入した際にありがちな後悔の一つが「思ったより活用しない」ということです。

多くの人がその魅力に惹かれるためにトレンドになるものでも、それが全ての家庭に適しているわけではありません。住まいの間取りを考える際には、設計士のアドバイスを聞きながらも、具体的にどのような生活を送りたいのかをイメージすることが重要です。

また、生活スタイルや家族構成だけでなく、将来の展望も考慮に入れる必要があります。10年後や20年後においても適切な間取りであるかを考えることが重要です。

アウトドアリビングで後悔した事例②「虫対策をしっかりとすればよかった」

快適にお庭で過ごすことができるのは、暑すぎず寒すぎない春や秋のような季節に限られます。しかし、快適さを感じているのは人間だけではありません。虫たちも同じくその季節に活発になるため、虫対策は欠かせません。

一般的には殺虫剤や殺虫器を想像するかもしれませんが、実際には庭の構造によっても虫対策を行うことができます。例えば、コンクリートやタイルを使用して虫の生息地となりにくくするなど、さまざまな方法があります。

アウトドアリビングで後悔した事例③「室内との移動が大変」

リビングに隣接しているだけでは、アウトドアを十分に活用することはできません。室内の床の高さとデッキの高さに段差があったり、開口部が重くて開閉が煩わしいと、だんだんと誰も利用しなくなってしまいます。

リビングとのバリアフリーな接続を実現し、開口部が大きくて重さが気になる場合には、比較的軽量な樹脂サッシを選択することが良いでしょう。また、出入りの動線を妨げるような家具配置も避けるべきです。

アウトドアリビングで後悔した事例④「目隠しを設けていない」

あなたがくつろぐ空間には、十分な目隠しの設備がありますか?もし周囲から見えてしまうスペースがあり、目隠しが不十分な場合、快適なくつろぎ空間としての魅力が損なわれてしまいます。

アウトドアリビングで本当にリラックスした時間を過ごすためには、プライバシーを守るための適切な目隠しを準備することが重要です。

アウトドアリビングで後悔した事例⑤「メンテナンスにかかる費用が予想以上に高い」

ウッドデッキなど、長時間紫外線や雨風にさらされる場所は、劣化が進みやすくメンテナンスが欠かせません。天然木のウッドデッキの場合、最低でも2〜3年ごとに表面を再塗装することがおすすめです。

ただし、セランガンバツやイペなどの天然ハードウッドでは、メンテナンスフリーで20年程度持つ場合もあります。また、木粉とプラスチックを混ぜて作られる人工木材も腐食のリスクがほとんどなく、シロアリの被害も受けません。

予算を抑えたい場合は、安価な木材を使用して定期的な塗装メンテナンスをするか、やや高価でもハードウッドや人工木材を選んでメンテナンス費用を削減するか、慎重に検討しましょう。

アウトドアリビングで後悔した事例⑥「散らかりやすくなってしまう」

アウトドアリビングを活用すると、子供のおもちゃやBBQセットなど、さまざまな道具が増えていきます。それらの収納場所がないと、道具が放置されたままになり、アウトドアリビングが散らかってしまうことがあります。

アウトドアリビングを計画する際には、必ず屋外用の収納スペースを考慮しましょう。「室内に収納スペースがあるから大丈夫」と考える人もいますが、都度持ち出す手間がかかるため、結局片付けが行われなくなることもあります。

スペースに余裕がなければ、ウッドデッキの下に収納スペースを設けることもおすすめです。

 

デメリットを把握した上で採用しよう

この記事では、アウトドアリビングを設置するメリットや、実際に後悔した事例について、詳し解説しました。

アウトドアリビングで後悔してしまう人々は、失敗やデメリットについて学んでいないことが原因です。前向きにアウトドアリビングを検討している方々は、魅力やメリットに目が行きがちですが、良い点だけでなく、失敗やデメリットについても学んでから始めることをおすすめします。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国630以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから




【関連記事はこちら】