アウトドアリビングを設置するために知っておくべきメリット・デメリット9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションだけでなく戸建にも増えている「アウトドアリビング」

1

分譲マンションでは増えている「アウトドアリビング」ですが、最近では戸建でも2階リビング+アウトドアリビングの家が人気となっています。

1階の庭にアウトドアリビングを設置したり、屋上に設置するケースもあります。ここでは、2階リビング+アウトドアリビングについて紹介します。

2階リビングの家庭がアウトドアリビングを設置すると、見た目だけでなく実用性も高いためです。家族が集まるリビングを実現するために、アウトドアリビングが増えています。

アウトドアリビングは憧れますが、デメリットも多くあります。しっかりとメリット・デメリットを把握した上で、設置することが重要です。

 

アウトドアリビングのメリット5選

2

アウトドアリビングを設置するには、どのようなメリットがあるのでしょうか?代表的な5つのメリットを紹介します。
 
 
●2階リビングからの眺めが良くなる

2階リビングから続くアウトドアリビングは、屋内からの眺めが良くなります。1階でカーテンを閉め切っているリビングに比べると、格段に開放感があります。
 
 
●アウトドアリビングで食事ができる

リビングから続くアウトドアリビングがあると、アウトドアリビングで食事をする機会が増えます。

屋上にアウトドアリビングを設置する方もいますが、屋上だとキッチンから食事を運ぶ手間などが大変です。次第に活用しなくなってしまうのです。
 
 
●子供の遊び場になる

2階のアウトドアリビングは、子供の遊び場としても重宝します。1階の庭だと外の飛び出して危ないケースがありますが、2階のアウトドアリビングであれば安心です。
 
 
●ペットの遊び場になる

子供と同様に、ペットの遊び場としても重宝します。外に出る心配のない屋外スペースは、とても重宝します。
 
 
●ガーデニングができる

リビングからの眺めをさらに良くするために、ガーデニングをするのはいかがでしょうか?リビングから自然が見えるのは、とても安らかな気持ちにさせてくれます。

 

アウトドアリビングのデメリット4選

3

次に、アウトドアリビングのデメリットを4つ紹介します。
 
 
●メンテナンスが必要

アウトドアリビングを実現するためには、屋外スペースに椅子や机などを置くケースが多いです。外に出しっぱなしになるので、どうしてもサビなどが出てしまいます。

ウッドデッキ部分は、樹脂製を採用することで腐食を防げます。しかし、季節に1回程度は掃除をすることをオススメします。
 
 
●施工費が高い

通常のベランダに比べると、当然ですが施工費が高くなります。屋根や壁の設置、ウッドデッキの設置などどうしても費用がかさみます。
 
 
●虫対策が必要

室外なので虫が寄ってくることも、注意が必要です。特に夏場は蚊やハエが寄り付きやすいので、虫よけ剤などを検討しましょう。
 
 
●視線を感じない工夫が必要

アウトドアリビングは魅力ですが、外から食事をしている風景が見えてしまうと魅力が激減します。壁を設置するなど、外から見えないプライバシーが守れるアウトドアリビングを設計しましょう。

 

人目が気にならないアウトドアリビングは最高

4

アウトアドアリビングを設計するにあたり、人目が気にならないことは絶対条件です。

アウトドアリビングが人目から気にならないのであれば、2階リビングも外から見えることがありません。「毎日カーテンを開けておける」「朝起きてすぐに外に出られる」というアウトドアリビングは、最高のスペースになります。

外には照明を設置したり、グリル・ホットプレートなどを使用するためのコンセントも必要です。高圧洗浄機を使用することもあるでしょう。

ぜひ、素敵なアウトドアリビングを検討してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加