※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

住宅購入で親からの支援あり・なしのケースを徹底解説!




住宅購入にあたり親からの支援はあり?なし?

住宅を購入する際、親や親せきからの支援を受けるべきかどうかは、多くの人にとって重要な問題です。実際に住宅購入を経験した人々の意見を調査した結果では、約4割の方が親からの支援を受けています。

支援があったと回答した人の中には、親からの資金援助や物理的なサポートを受けた人が多く含まれています。一方、支援がなかったと回答した人の中には、自ら援助を断った人や、そもそも親に相談すらしなかった人もいました。支援を断った理由としては、「お金を出した側が干渉してくることでストレスが溜まる」という意見や、「親に頼るのは自立心を損なう」と考える人が多かったことが挙げられます。

この記事では、住宅購入にあたり親からの支援あり・なしのケースについて、詳しく解説します。



タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

親からの支援ありの住宅購入で満足したケース

親からの支援を受けて住宅を購入した場合、多くの人が満足しています。以下は、親からの援助を受けたことで特に満足した具体的な理由です。

ほどほどの額で受け取りやすかった

援助金として300万円を受け取りました。あまり多額すぎると気が引けますが、適度な額でありがたかったです。

両親にとってもよかった

「援助した」という事実があることで、実家の両親も新居に気軽に遊びに来てくれるようになり、家族の交流が増えました。

ローン返済額が減って安心

親からの援助を頭金として使うことで、住宅ローンの返済額が減り、経済的な負担が軽くなりました。

希望の土地が買えた!

1000万円の援助を受けたおかげで、予算を少し上回る希望の土地を購入することができ、理想の場所に住むことができました。

思いがけない出費に対応できた!

家の建設途中で発生する手数料や印紙代などの予期しない出費も、親からの援助でカバーできたため、大変助かりました。

 

親からの支援ありの住宅購入で不満だったケース

住宅購入の際に親からの支援を受けることは、経済的な負担を軽減する大きな助けとなります。しかし、親からの支援には期待外れや不満が伴うことも少なくありません。以下に、実際に親からの支援を受けた際の不満事例を紹介します。

親の意見が無視できない…

500万円の援助を受ける条件として、義両親から「オープンキッチンにしなさい」「和室は広く作りなさい」など、自分たちの希望とは異なる要望を押し付けられることがありました。

これでは、自分たちの理想の家を作ることが難しく、フラストレーションが溜まるばかりです。

親の言うことを聞かなければいけなくなってしまった

「援助するから、実家の横に家を建てなさい」と言われた場合、親の近くに住むことを強制される形になります。

自分たちの自由な選択肢を奪われ、結果的にストレスを感じることもあるでしょう。援助を受けない方がよかったのでは、と後悔することもあります。

正直、もっと欲しかった

援助額が50万円で、住宅購入にかかる総額から考えると少し物足りないと感じることがあります。もう少し多ければ助かったのに、という気持ちが心の中に残り、満足感を得ることが難しくなります。

 

親からの支援なしの住宅購入で満足したケース

お金以外の面で支援してもらっている

住宅を購入する際に親からの金銭的な援助を受けないことで、自分たちの理想に合わせた家づくりが可能になります。

親からの援助があると、どこか遠慮が生じてしまいがちですが、金銭以外の子育てや生活のサポートを受けていることで、バランスの取れた支援を実感しています。

援助よりも老後の蓄えに

親の金銭的な援助よりも、彼らには自分たちの老後のために蓄えをしてほしいと感じています。将来の安心を考えると、親に経済的な余裕があることはお互いにとって重要です。

自分たちだけで建てたという自信

親の援助に頼らず、自分たちの力で住宅を建てることができたことで、達成感と自信が得られました。この経験が、家への愛着や自立心をより一層深める結果となっています。

援助金の代わりに、家電をもらった

金銭的な援助を断った際、親は何か役立てたいと申し出てくれました。結果として、必要だった家電をプレゼントしてもらい、実用的で感謝の気持ちが深まる形でのサポートを受けることができました。

気楽に家づくりができた

親からの金銭的援助を受けないことで、自分たちのペースで自由に家づくりを進めることができました。特に、親が干渉しがちな場合、金銭的援助を受けないことでストレスなく進められるというメリットがあります。

 

親からの支援なしの住宅購入で不満だったケース

親からの支援なしで住宅を購入することは、多くの人にとって大きな挑戦です。以下は、実際に親からの援助がなくて不満を感じたケースについての具体的な例です。

少し期待していたから、あったら嬉しかったな

援助がなくても特に不満はないが、少しでも援助があれば嬉しかったと感じる人もいます。期待はしていなかったけれど、やはり助けがあるに越したことはないと感じるのは自然なことです。

将来的に同居するなら…

将来的に親と同居する予定がある場合、購入時に援助をしてほしかったと感じることがあります。特に同居する際の生活費や住宅の改修費用などを考えると、購入時の援助があれば助かったという声が多いです。

お金は出さないのに口は出す…

経済的な援助はなかったものの、間取りや立地について多くの意見を言われた場合、不満が募ることがあります。援助があれば、多少の口出しも受け入れやすかったかもしれませんが、援助がない中での口出しにはストレスを感じる人が多いです。

 

住宅購入で親からの支援なしの注意点

親や親戚からの支援を受けずに住宅を購入しようとする場合、自己資金の準備が非常に重要です。多くの人が自己資金で住宅を購入することに強い意欲を持っており、支援なしでの購入に挑戦しています。しかし、そのためにはしっかりとした資金計画が不可欠です。

住宅ローンを利用する人も多いですが、無理なく返済できる計画を立てることが大切です。返済が困難になると、生活に大きな影響を与える可能性があります。親からの援助がない場合、特に慎重な資金管理が求められます。

この機会に、現在の資金計画を再検討し、無理がないかどうか確認しましょう。安定した返済プランを立てることで、安心して新しい生活を始めることができます。住宅購入は一生に一度の大きな買い物です。しっかりと準備をして、理想の住まいを手に入れましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】