パモウナはやめたほうがいい?メリット・デメリットを徹底解説



パモウナはやめたほうがいい?メリット・デメリットを解説

「食器棚はパモウナの商品を使いたい」と考えている方へ。

パモウナは、愛知県名古屋市に本社を構える家具メーカーです。昭和30年に創業した老舗となります。食器棚が有名ですが、その他にもソファ・リビングボード・壁面収納など様々な商品を販売しています。

この記事では、パモウナのメリット・デメリットなど、詳しく解説します。

パモウナと綾野製作所

パモウナと似た家具メーカーとして、綾野製作所という会社があります。

デザインや作りなどが非常に似ていて、注文住宅を建てる方はどちらの家具メーカーにするか迷う方も多いです。

綾野製作所と比較しながら、パモウナのメリット・デメリットを解説します。

 

パモウナの食器棚 メリット8選

まずは、パモウナのメリットについて解説します。

豊富なアイテム

パモウナには様々なシリーズの商品があり、更に自分に合ったサイズとアイテムを選ぶことができます。

横幅は20cm単位で選べますし、奥行きも45cmもしくは50cmがあります。高さも2パターン用意されており、自分の体格に合った作りにすることができます。

さらに、ここからアイテムを選んでいきます。引き出し・家電収納・ワゴンやゴミ箱スペースなど、さまざまなアイテムが用意されています。

シンプルなデザイン

パモウナの商品は、とにかくデザインがシンプルです。何十年も住む家なので、シンプルで洗練されたデザインを好む方にオススメです。

品質が良い

パモウナは商品の耐久性が高く、引き出しの10年保証という制度があります。引き出しは壊れやすい箇所なので、嬉しい制度です。

また、カウンターの天板は、標準仕様で「ダイヤモンドハイグロス」というパモウナ独自の素材を使っています。汚れ・傷に強い素材となっています。

引き出しの内側などには、EBコートと呼ばれる耐水・耐摩耗性の高いシートが貼られており、汚れが付きにくくなっています。

蒸気への対応

炊飯器などの蒸気対策として、スライドテーブルの仕様にするか、ファンで蒸気を逃がすスチームリムーバーを採用しています。

サイレント引き出し

引き出しはドイツのヘティヒ社という会社のレールを使用していて、とても滑らかです。また、少し押すと静かに最後まで閉まるサイレント引き出しとなっています。

オートクローズ引き戸

勢いよく引き戸を閉めても、閉まる直前でゆっくりになるオートクローズ引き戸になっています。開き扉も同様の仕様になっており、子供が危なくなく、故障もしにくい作りです。

ワイドビュー設計

パモウナの商品は、ワイドビュー設計になっている種類があります。扉を全開に出来るので、食器が取り出しやすいです。

耐震対応

開き扉には、耐震ラッチとよばれる揺れを感知して扉が開くのを防ぐ部品が付いています。地震の揺れで食器が飛び出さないようになります。

食器棚のガラスも飛散防止用のフィルムが貼られており、万が一割れてもガラスの飛び散りが最小限になります。

 

パモウナはやめたほうがいい理由3選

パモウナをやめたほうがいいという方もいますが、主な理由をご紹介します。

価格が高い

注文住宅の標準品に比べると、パモウナの商品は価格が高いです。

個人的には、コスパは良いと感じていますが、一般の価格帯ではないので事前に把握しておきましょう。なお、よく比較される綾野製作所と比べると、あやのせいさくじよの方が20〜30%ほど高いです。

見た目が値段の割にシンプル

デザインがとにかくシンプルなので、値段の割に普通、豪華さが足りないといった方もいます。

モイスが付いていない

パモウナには、蒸気対策にモイスが設置されていません。モイスとは水分を吸収する素材で、食器棚によく使われます。

パモウナは、モイスが汚れることで機能が落ちるということから設置されていませんが、モイスが付いている食器棚を希望する方は多いです。

 

パモウナはやめたほうがいい?費用対効果は高い

パモウナは品質やデザインが良く、費用対効果を考えるとオススメできるメーカーです。

この記事で紹介したように、デメリットもあり誰にでも勧められる食器棚メーカーではありません。しかし、シンプルなデザインが好きな方は、特に検討してみても良いと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


【関連記事はこちら】



住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ



注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加