レンガの家を建てる上でのメリット・デメリット・質問12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

築年数が経ってもオシャレなレンガの家

1

日本では非常に数が少ない「レンガの家」。しかし、レンガの家は独特な雰囲気があり、洋風の家が好きで重厚感を求める方にはピッタリです。

レンガの家は紀元前4000年前からあり、非常に歴史が古いです。日本にレンガが伝わったのは幕末で、1870年には日本初のレンガ工場が作られています。東京駅・横浜赤レンガ倉庫・富岡製紙工場といった、歴史のあるレンガ作りの建物も多いです。

しかし、レンガの家の多くが関東大震災で大きな被害を受け、その後は地震大国の日本ではレンガの家は向かないという風潮がありました。

近年では、レンガ内部に基礎からの鉄筋を通す穴を設け、耐震問題を解決できるようになりました。今回は、レンガの家について詳しく解説します。

レンガの家のメリット4選

2

まず、レンガの家のメリットについて、詳しく解説します。

メンテナンスが必要ない

レンガの家では、外壁のメンテナンスが必要ありません。むしろ、年月が経つといい意味で風合いが出て、美しいと感じる方が多いです。

外壁のメンテナンスは高い費用が発生するので、長い目でみるとお得です。100年以上経っているレンガの建物でも、全国に多く残っています。

築年数が古くてもオシャレ

レンガの家は、長い年月が経っていてもオシャレです。家には流行り廃りがありますが、レンガの家であれば50年後もオシャレな雰囲気のままです。

洋風で重厚感のある家が好きな方は、ぜひオススメします。

耐熱性・蓄熱性に優れている

レンガは耐熱性・蓄熱性に優れています。よって、夏はひんやり・冬は暖かい家になります。

なぜレンガは耐熱性・蓄熱性に優れているのでしょうか?それは、レンガの内部には無数の小さな気泡が存在するからです。

二重窓(二枚のガラスの間に空気層がある窓)と同じで、レンガ作りの外壁は空気の壁があります。その結果、熱が伝わりにくいのです。

耐震性に優れている

レンガの家は地震に弱い印象をお持ちな方も多いですが、「レンガ中空積み工法」であれば耐震性は格段に良くなります。

この工法は、外壁をレンガの壁でカバーする工法のため、家全体にレンガの壁によるお重みが掛かりません。通常の住宅よりも、耐震性は格段に上です。

レンガの家のデメリット4選

3

次に、レンガの家のデメリットについて解説します。

簡単にリフォームできない

鉄筋を使ってしっかりと組んだレンガの家の躯体は、コンクリートの家と同様にリフォームが難しいです。家の内装であれば可能ですが、外壁はレンガ積みとなります。

例えば、サッシの入れ替えなど壁面も伴うリフォームの場合には、高額な費用が発生するケースもあります。

蓄熱性の高さによる弊害

レンガ作りの外壁は、内側に取り込んだ熱を8時間~10時間程度は逃さないと言われています。

冬にはとてもうれしい効果なのですが、夏場は家の中が暑くなります。最近では室内での熱中症も問題になっていますが、レンガの家の場合はなおさら注意が必要です。

対応できる施工業者・職人が少ない

レンガの家を建てたい場合でも、対応できる施工業者や職人が見つからずに断念するケースがあります。

レンガの特性を知った上で設計を行い、施工できる会社である必要があります。しかし、日本では建築基準法でレンガの家が認められていない時期もあったことから、レンガについての知識・技術が乏しいのです。

工期が長く坪単価が高い

レンガの家は、1つ1つ職人がレンガを積んでいく必要があるため、工期が長くなります。工期が長くなることで、価格・坪単価も高いです。

現在の工法では、木造の家と同様に構造部分は造りますが、外壁をレンガで囲うため後記が長くなるのです。また、モルタルの乾燥を待つ時間も発生し、天気にも左右されます。

レンガに関するよくある質問4選

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

次に、レンガに関するよくある質問についてまとめました。

レンガの耐久性は何年くらい?

レンガは陶器と同じ焼き物で、耐久性は半永久的です。東京駅や富岡製糸場を見ても分かりますが、現在でも当時そのままの姿で残っています。

レンガとタイルはどう違うの?

レンガとタイルは、土や石を主原料とし、高温で焼成して仕上げる点は同じです。タイルは貼るのが基本なので曲げに強く、レンガは積み重ねるので圧縮に強いのが特徴です。

国産のレンガはあるの?

日本でもレンガは作られていますが、需要が少なかったため大手企業は取り扱いがありません。家内工業的に製造されており、価格メリットは低いです。

基本的には、オーストラリアなどの海外製を使用して家を建てることになります。

レンガは腐らないの?

レンガの主成分は土や砂などで、有機物質を含みません。腐る心配はありません。

まとめ

5

今回は、レンガの家について詳しく解説しました。

【レンガの家のメリット4選】
・メンテナンスが必要ない
・築年数が古くてもオシャレ
・耐熱性・蓄熱性に優れている
・耐震性に優れている

【レンガの家のデメリット4選】
・簡単にリフォームできない
・蓄熱性の高さによる弊害
・対応できる施工業者・職人が少ない
・工期が長く坪単価が高い

レンガに関するよくある質問4選】
・レンガの耐久性は何年くらい?
・レンガとタイルはどう違うの?
・国産のレンガはあるの?
・レンガは腐らないの?

もしレンガの家に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。