ルーフバルコニーのおしゃれな活用事例7選




ルーフバルコニーの活用方法を徹底解説!

「ルーフバルコニーを設置したい!」
「どんな活用方法があるの?」

ルーフバルコニーを備えることで、通常のバルコニーよりも幅広い使い方が可能になり、生活の質が向上します。マンションだけでなく、戸建にルーフバルコニーを設置するケースが増えています。

この記事では、ルーフバルコニーのメリットやおしゃれな活用事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ルーフバルコニーとは?

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根(ルーフ)の上に位置するバルコニーのことを指します。ルーフバルコニーは一般的なベランダやバルコニーよりも広いため、多様な用途で活用することができます。

ベランダやテラスとの違い

ルーフバルコニーは階下の屋根上を利用する形態のバルコニーですが、ベランダやテラスとの違いについて理解していない方も多いです。

・ベランダとの違い
ベランダは屋根があるスペースであり、バルコニーは屋根がないスペースです。

・テラスとの違い
テラスは一階に位置し、地面よりも一段高くなっているスペースです。

・デッキとの違い
デッキは室内と同じ高さで、屋外に設けられた床のことを指します。

 

ルーフバルコニーを設置するメリット4選

次に、ルーフバルコニーを設置するメリットについて解説します。

広々とした生活空間

ルーフバルコニーは屋根のないため、広々とした開放感があります。特に周辺が開けている場合、視界を遮るものが少なく、広々とした眺望を楽しむことができます。

多目的に活用できるスペース

ルーフバルコニーは広い面積を持っているため、さまざまな用途で活用することができます。洗濯物を干すだけでなく、トレーニングやアウトドアグッズのメンテナンス、DIY活動など、室内で行うのには制約のある活動も気軽に行えます。

日当たりが良く室内も明るくなる

ルーフバルコニーは屋根がないため、日差しが遮られず、十分な日光を受けることができます。一方、ベランダの場合は屋根があるため、時間帯によっては日が差し込まないこともあります。

ルーフバルコニーは日当たりが良く、洗濯物を干すのにも最適です。また、ルーフバルコニーだけでなく、室内にも十分な日光が入るため、室内が明るくなります。

広々とした室内感を実現

直接ルーフバルコニーにアクセスできる配置の場合、室内とルーフバルコニーが一体となって見えるため、部屋全体が広く感じられます。同じ面積の部屋でも、ルーフバルコニーの存在が広がりを演出し、広々とした印象を与えます。

 

ルーフバルコニーのおしゃれな活用事例7選

次に、ルーフバルコニーのおしゃれな活用事例をご紹介します。

ルーフバルコニーの活用事例①「ガーデニングや家庭菜園」

広々とした日当たりと風通しの良さを持つルーフバルコニーは、ガーデニングや家庭菜園に最適です。特に子供のいる家庭では、親子で野菜を育てる楽しみを共有することができます。自分たちで育てた野菜を収穫し、食べることは子供の食育にもつながります。

ガーデニングを楽しむ際には、いくつかの注意点に気を付ける必要があります。まず、土の扱いに注意しましょう。プランターは定期的な植え替えが必要ですので、適切なタイミングで行いましょう。また、植え替え時に出た廃土は排水溝に流さず、自治体の指定方法に従って廃棄してください。

近隣住民に害虫の被害を与えないためにも、定期的に害虫対策を行うことが重要です。さらに、野菜を育てている場合は鳥やカラスに食べられないように注意が必要です。

ルーフバルコニーの活用事例②「アウトドアスペースを作る」

ルーフバルコニーにテーブルセットやテント、バーベキューの器具などを配置することで、広々としたスペースを活用して手軽にキャンプなどのアウトドア活動を楽しむことができます。部屋との連結性があり、食材の管理も冷蔵庫で容易に行えるため、衛生的な面でも安心です。

ルーフバルコニーにテントを張り、家族と一緒に星空を眺めながら眠ることで、遠出しなくてもアウトドアの雰囲気を満喫することができます。

バーベキューを行う場合は、煙やにおいが周囲に漏れないように配慮しましょう。また、人を多く招く場合は、騒音問題にならないように注意が必要です。

ルーフバルコニーの活用事例③「子どもやペットの遊び場」

ルーフバルコニーは、子どもやペットの遊び場として活用することができます。忙しくてペットを散歩に連れて行けない場合でも、小型犬であればルーフバルコニーでの遊びだけで十分な運動量を得ることができます。

水道が設置されているルーフバルコニーであれば、汚れや片付け、掃除の手間を気にすることなく、気軽にプール遊びを楽しむことができます。

子どもが飛び跳ねたり騒音を出すことによって、近隣住人に迷惑がかかる可能性もあるため、注意が必要です。安全面を考慮しつつ、子どもやペットが安全に遊べる環境を整えましょう。

ルーフバルコニーの活用事例④「リラックススペース」

ルーフバルコニーにデッキチェアやハンモックなどのリクライニングできる家具を配置して、自分だけのリラックススペースを作りましょう。

人目を気にせず水のんびりと読書したり、お昼寝をしたりすることができ、まるでリゾートにいるかのような気分を味わうことができます。

ルーフバルコニーの活用事例⑤「ヨガやストレッチなどの軽い運動」

ヨガやストレッチなどの軽い運動は、室内ですることもできますが、ルーフバルコニーで行うことで開放感のある場所で運動することができます。

ルーフバルコニーのスペースは広く、ヨガマットなどを余裕を持って敷くことができるため、汚れを気にせずに運動を楽しむことができます。

ルーフバルコニーの活用事例⑥「洗濯物を干す」

ルーフバルコニーは通常のバルコニーやベランダよりも広く、一度に多くの洗濯物を干すことができます。

家族全員の洗濯物や布団なども一括で干すことができるため、家事を効率的に進めることができます。また、洗濯物をコインランドリーに持っていく手間や費用を削減できるため、経済的なメリットもあります。

ルーフバルコニーの活用事例⑦「物置」

ルーフバルコニーに物置を設置すると、季節ごとに使用する頻度が低いアイテムなどを収納することができます。

特にアウトドア用品など、室内に置いておくと部屋が汚れてしまう可能性があるものでも、屋外で保管することで安心です。ルーフバルコニーに物を置くことで、居住スペースを広く使えるため、積極的にルーフバルコニーのスペースを活用しましょう。

 

ルーフバルコニーを活用する際の注意点3選

次に、ルーフバルコニーを活用する際の注意点を解説します。

定期的な清掃をする

ルーフバルコニーは屋根がなく開放的な特徴を持ち、多くの利点があります。しかし、同時に天候の影響を受けやすいというデメリットもあります。雨や風による影響に対する対策をしっかりと行う必要があります。

特に排水口が詰まると雨漏りの原因となるため、定期的な清掃は欠かせません。少なくとも、月に一度は排水口の掃除や詰まりの有無をチェックしましょう。バーベキューやパーティーなどで庭で食事を楽しんだ後、ゴミを放置すると悪臭が発生します。楽しんだ後はきちんと片付けを行い、ゴミを残さないようにしましょう。

近隣住民への配慮

雨漏りや騒音、においの漏れなど、近隣住民に迷惑をかける可能性もあることを認識しておくことが重要です。ルーフバルコニーを魅力的に活用するためには、周囲の住民への配慮を忘れずに、気持ちよく利用しましょう。

天候に影響される

ルーフバルコニーは屋根がないため、天候によっては利用できない場合があります。例えば雨の日や強風の日などは、子供やペットの遊び場や運動スペースとして利用することが難しいでしょう。

 

おしゃれにルーフバルコニーを活用しよう!

この記事では、ルーフバルコニーのメリットやおしゃれな活用事例について、詳しく解説しました。

ルーフバルコニーの広々とした屋根のない空間は、居住空間として非常に魅力的ですが、活用する際には注意点もあります。近隣住民とのトラブルを最小限に抑えつつ、おしゃれにルーフバルコニーを活用する方法を実践してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから



【関連記事はこちら】