老後の住み替えに潜む恐ろしい罠|失敗しないための注意点4選



老後の住み替えに潜む恐ろしい罠とは?持ち家と賃貸はどちらが良い?

老後に住み替えを検討している方へ。住み替えには様々なハードルがあります。特に、老後の住み替えに潜む恐ろしい罠は下記です。

・住宅ローンを借りることができない
・新しい街に馴染めず孤立化する
・新しい生活スタイルに体力がついていかない
・老後に失敗してしまうと取り返しがつかない

資金があるから住み替えはできると考えている方も多いですが、資金以外にも把握しておくべきことは多いです。

この記事では、老後の住み替えに潜む恐ろしい罠について、詳しく解説します。

老後の住み替えに潜む恐ろしい罠①「住宅ローンの資金を用意できない」

老後の住み替えに潜む恐ろしい罠の1つ目が、住宅ローンについてです。

団体信用生命保険の問題

団体信用生命保険とは、住宅ローン返済中に債務者が死亡した場合に、住宅ローンの残債が無くなる制度です。金融機関で住宅ローンを組む場合には、団体信用生命保険への加入が必要になることがほとんどです。

団体信用生命保険への加入は、健康状態の審査があります。年齢を重ねるほど健康状態の問題も起こりやすいので、団体信用生命保険に加入できない場合があります。

フラット35であれば、団体信用生命保険の加入は任意です。死亡した場合に住宅ローンが無くならないため、相続の問題があります。しっかりと検討しましょう。

収入がない

住宅ローンを組む場合には、当然ですが年収が大きな要素となります。

老後だとそもそも収入が少ないので、基本的に住宅ローンは組めません。親子で住宅ローン組む親子リレーローンなど、検討してみましょう。

退職金は残しておくべき

退職金を使って住み替えの家を購入する方がいますが、厚生年金だけでは生活が難しいです。老後についてしっかりと試算をして、退職金はある程度残しておきましょう。

住み替えローンは審査が厳しい

住み替えローンとは、住み替え先の家を担保にして、元の家の住宅ローン残債分まで融資を受けられるローンです。

しかし、住み替えローンは審査が厳しいため、高齢の場合は利用が難しいかもしれません。

 

老後の住み替えに潜む恐ろしい罠②「生活スタイルが変えられない」

次は、「生活スタイルが変えられない」ことについて解説します。

体力がない

例えば、現役時代に仕事を頑張って、老後はリゾート地で過ごすような場合です。リゾート地が合わずに帰ってくるケースが多いのですが、理由として「若い時のような体力がない」ことが挙げられます。

体力があって初めて、リゾート地のような場所は楽しめます。結局元の生活が合っているという理由で、帰ってくることが多いのです。

やり直す時間がない

40代や50代であれば、生活スタイルが合わなくてもやり直しができます。しかし、高齢になると新たに資金を用意することが難しく、やり直す時間がないのです。

 

老後の住み替えに潜む恐ろしい罠③「失敗できない」

老後の住み替えは実際にやってみないと分かりませんが、合わなかった時に高齢だとやり直しが難しくなるのです。

高齢になってから生活スタイルを変えるのは、失敗が出来ません。

老後を考えて住み替えを検討する場合は、遅くとも40〜50代までに済ませておくことをオススメします。

 

老後の住み替えで持ち家に住み替えるメリット・デメリット

次に、老後の住み替えで持ち家に住むメリット・デメリットをご紹介します。

持ち家のメリット

・ローンを完済すれば毎月の出費が少なくなる
・持ち家があるという安心感がある
・バリアフリー仕様にリフォームできる
・将来的に子供へ相続できる

高齢になるほど賃貸住宅は借りづらくなるため、持ち家がある安心感があります。老後の資金計画も立てやすいです。

持ち家のデメリット

・転居のハードルが上がる
・修繕費が掛かる
・固定資産税が掛かる
・老後資金が減る

老後になってから転居をしたくても、持ち家だとハードルが高くなります。また、修繕費や固定資産税の支払いがあります。

 

老後の住み替えで賃貸に住み替えるメリット・デメリット

次に、老後の住み替えで賃貸に住むメリット・デメリットをご紹介します。

賃貸のメリット

・隣人トラブルなどがあっても転居しやすい
・修繕費が掛からない
・住宅ローンの負担がない

老後は家にいる時間が格段に増えるため、隣人トラブルがあると大変です。しかし、賃貸であれば転居が容易なので、何かあってもトラブルを回避することができます。

賃貸のデメリット

・家賃の支払いが一生続く
・リフォームできない
・高齢だと貸してもらえない場合がある
・子供に資産を残せない

何よりのデメリットが、何歳になっても家賃の支払いが続くことです。高齢になればなるほど重い負担になります。

 

老後の住み替えで失敗しないための注意点4選

次に、老後の住み替えで失敗しないための注意点について、詳しく解説します。

交通の利便性を重視する

老後の生活は、次第に行動範囲が狭くなります。いずれは、車も乗らないようになるでしょう。

そこで、老後は交通の利便性が良い場所に住むことをオススメします。駅・スーパー・ドラッグストアなど、生活の利便性が高い場所を選びましょう。

老後の生活資金を残す

退職金のほとんどを住み替え費用にする方がいますが、老後の生活資金は残すようにしましょう。

持ち家でも賃貸でも、背伸びせずに経済的に負担にならない物件を選びましょう。

周辺の病院をチェックする

高齢になると、病院に行く機会が増えます。信頼できるかかりつけ医がいると、将来にわたって安心です。

周辺の病院は評判やアクセスなどをチェックし、物件選びの材料にしましょう。

隣人住人について調べる

家を購入する上では、隣人住人は非常に重要です。特に老後は家にいる時間が長いので、隣人との関係は大事になります。

賃貸であれば引っ越しできますが、持ち家だと引っ越しも難しいです。戸建てであれば隣人をチェックし、マンションであれば上下階の住人も重要です。

隣人トラブルは、例えば飼っている犬が一日中吠えているケースなど、隣人自体は悪い人でないケースもあります。

 

老後の住み替えに潜む恐ろしい罠まとめ

今回の記事では、老後の住み替えに潜む恐ろしい罠について、詳しく解説しました。

老後の住み替えは、想像以上にハードルが高いです。まだ40〜50代のうちに準備を進めることをオススメします。

それでも老後に住み替えを検討する場合は、この記事の注意点などを把握しましょう。事前に知っておくだけで、結果が変わってきます。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】