洗面所の窓での失敗事例8選と後悔しないための注意点3選



洗面所の窓で失敗しないために!後悔した事例を徹底解説!

「洗面所の窓をもっと検討すればよかった。」
「窓の位置を変えるべきだった。」

洗面所のプランを検討する上で、洗面所の窓について後悔する方は非常に多いです。人によってはハウスメーカーのプランそのままで特に検討しなかったという方もいますが、利用シーンなどを考慮した上でしっかりと検討することが重要となります。

この記事では、洗面所の窓で失敗した事例について、詳しく解説します。

洗面所の窓で失敗した事例8選

洗面所の窓で失敗した事例について、下記の8つをご紹介します。

洗面所の窓で失敗した事例①「窓を設置したのに暗い」

太陽光を取り入れるために窓を設置したにも関わらず、暗いという方は多いです。

例えば、窓側に建物があるケースです。隣の家や周辺のマンションが影響して、窓を設置しても光が入ってこないのです。また、窓自体が小さくて十分な光が入らないケースもあります。

洗面所の窓で失敗した事例②「窓の位置が悪い」

例えば、鏡と反対側に窓を設置した場合、逆光になり顔が暗く見えてしまいます。また、洗濯機の近くに窓を設置し、窓の開け閉めがしづらいといった後悔も多いです。洗濯機や棚などとは干渉しない場所に設置しましょう。

洗面所の窓で失敗した事例③「洗面所が寒い」

窓を設置すると、どうしても外気の影響を受けます。冬だと寒くなることが多いです。洗面所を寒くしたくない方は、窓自体をなしにするか、FIX窓や小窓を検討しましょう。

洗面所の窓で失敗した事例④「窓の開閉がしづらい」

窓の仕様や位置が高いといった理由で、開閉がしづらいと後悔します。頻繁に喚起をしたい方は、開閉しやすい窓を設置すべきです。

洗面所の窓で失敗した事例⑤「窓なしで後悔」

窓なしで照明だけでは暗かった、想定よりも湿気が高いので換気をしたかったというケースです。

窓なしで設計する場合は、照明を明るくする、換気扇を付けるといった対応を検討しましょう。

洗面所の窓で失敗した事例⑥「外からの視線」

窓を設置したものの、外からの視線が気になり常にカーテンを閉めている方もいます。洗面所は着替える場所でもあるので、他の部屋に比べて視線に注意する必要があります。

洗面所の窓は曇りガラスにし、シルエットが映らないように注意しましょう。

洗面所の窓で失敗した事例⑦「結露・カビ」

洗濯機の近くに窓を設置したところ、結露が発生してカビが心配といった方は多いです。

洗面所は湿気が多く、お風呂があるので温度も上がりやすいため、結露やカビには注意が必要です。換気をすることで改善しますので、対応を検討すべきです。

洗面所の窓で失敗した事例⑧「防犯上の不安」

低い位置に開け閉め可能な窓を設置する場合、泥棒が入るリスクが増えます。防犯ガラスにしたり、外から侵入できない作りの窓にするといった対応が必要です。

 

洗面所の窓で後悔しないための注意点3選

洗面所の窓で後悔しないためには、下記の3つの点に注意して設計を行いましょう。

窓に求める役割を整理する

窓を設置する理由について、整理をしましょう。洗面所を明るくしたい、風通しを良くしたい、オシャレに見せたいなど、理由は様々です。窓に求める役割によって、窓の種類が変わります。

洗面所の利用シーンを考える

洗面所は、化粧・歯磨き・手洗い・髭剃り・着替え・洗濯など、様々な使われ方をします。

洗面所で化粧をするのであれば、明るさがとても重要になります。また、洗濯物を干したい方は、換気計画を行う必要があります。利用シーンをしっかりと検討しましょう。

洗面所側の建物の状況を確認する

洗面所側に高い建物がある、隣の家との距離が近いといった場合、窓を設置しても明るくならないケースがあります。周辺の建物については、事前に確認しましょう。

 

洗面所の窓は失敗が多いポイント

今回の記事では、洗面所の窓で失敗した事例や後悔しないための注意点について、解説しました。

洗面所の窓は、間取りの計画の中でも失敗が多いポイントです。失敗した事例を把握しておくことで、後悔する可能性を格段に減らすことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】