サービスバルコニーの使い道と活用方法5選



サービスバルコニーの使い道と活用方法

マンションにサービスバルコニーがある方は多いですが、ほとんどの方が有効活用できていません。

サービスバルコニーとは、メインのバルコニーとは別に設けられたバルコニーです。メインのバルコニーは災害時の避難通路として用いられる場所となっており、奥行きが最低でも1m以上が必要になります。

サービスバルコニーは奥行きが少なく、避難通路としての役割も持ちません。まさに、おまけのバルコニーなのですが、狭くて日当たりが良くないケースも多いことから、有効活用されていないのが現実です。

そこで、今回はサービスバルコニーの使い方・活用術について、詳しく解説します。

サービスバルコニーの使い方・活用術5選

くま

サービスバルコニーについて、どのような使い方があるのでしょうか?5つの使い方について、解説します。

調理器具を干すスペース

洗った布巾やまな板を干すスペースとして、サービスバルコニーは活用できます。冷蔵庫に入れない野菜を干して活用する方もいます。

生ごみの仮置き

キッチンで出た生ごみの仮置きとして活用している方も多いです。ゴミの仮置きがあると、何かと重宝します。

室外機置き場

室外機を玄関前もしくはバルコニーで集約できない場合、サービスバルコニーを活用しましょう。

ガーデニング

サービスバルコニーは日当たりが良くないケースも多いですが、ガーデニングをすることは可能です。

空間を利用して縦に長いラックにしたり、柱に飾ったりすることで狭いサービスバルコニーでもガーデニングを楽しむことができます。

キッチンの換気/採光

サービスバルコニーがキッチン近くにあれば、キッチンの換気を行うことができます。また、採光も取り入れることができるので、明るいキッチンになります。

 

サービスバルコニーを無駄にしない

せっかくサービスバルコニーがあるにも関わらず、活用しないのはとてももったいないです。

紹介したように、サービスバルコニーには様々な活用方法があります。一時的な物の保管場所としても、重宝する場所です。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】