シマトネリコは植えてはいけない!実際に後悔した事例6選



シマトネリコは植えてはいけない!後悔した事例を徹底解説!

引用:シマトネリコはどんな木?/シマトネリコの「魅力」・「育て方」・「トラブル」を知ろう

「シンボルツリーはシマトネリコにしたい!」
「シマトネリコって植えると後悔する?」

シマトネリコは、見栄えが良く常緑樹で洋風の家と相性が良いため、シンボルツリーでよく選ばれます。涼し気で可愛らしい葉っぱをつけて、生命力が強く病害虫も発生しにくいためです。

シマトネリコは育てやすいですが、デメリットもあります。デメリットを把握した上で選ばないと、後悔することになります。

この記事では、シマトネリコを選んで後悔した事例を中心に解説します。

シマトネリコで後悔した事例6選

引用:シマトネリコ】剪定の基本を庭師が伝授 – 庭のプロ集団 庭.pro

シマトネリコを実際に選んで後悔した事例をご紹介します。

シマトネリコで後悔した事例①「成長が早い」

シマトネリコが植えてはいけない理由として、成長が早いことが挙げられます。

3年で3m程度に成長し、環境が合えば10年で10m以上になります。2階建ての一軒家でも、屋根上の高さとなります。

シマトネリコで後悔した事例②「常緑樹なのに落葉する」

シマトネリコは常緑樹ですが、実際には落葉します。

常緑樹だからシンボルツリーに選んだものの、実際には掃除の手間があるのです。特に寒い地域だとうまく育たず、冬に落葉してしまいます。

シマトネリコで後悔した事例③「花を咲かせる」

シマトネリコは日当たりの良い場所で育つと、夏に白い花を沢山咲かせます。

とてもきれいなのですが、枯れた後に飛び散るため、他の家に迷惑が掛かります。毎年掃除をするのも面倒です。

シマトネリコで後悔した事例④「種ができる」

シマトネリコは花を咲かせて枯れた後に、種までできてしまいます。

種を拾う手間だけでなく、発芽してしまうと引き抜くのが大変です。溝の隙間などに入ってしまうと、抜くのに苦労することになります。

シマトネリコで後悔した事例⑤「水道管が破裂する」

シマトネリコは大きくなりすぎるため、根を張らせすぎて水道管を破裂させる可能性があります。水道管が無い場所に植える必要があります。

シマトネリコで後悔した事例⑥「撤去が大変」

シマトネリコは大きく成長すると、撤去するのも大変です。自分で撤去するのは難しいため、業者に依頼することになり費用も掛かります。

 

シマトネリコを植える場合は?

この記事では、シマトネリコを選んで後悔した事例をご紹介しました。

シマトネリコは、シンボルツリーとしてメリットも多いです。植える場合には、大きくなることを考慮して家の近くに植えない、配管がある場所には植えないということを徹底しましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。




【関連記事はこちら】