シューズクロークは設置するべき!広さ・間取り・臭いを考慮しよう


必ず設置するべき「シューズクローク」

必ず設置するべき「シューズクローク」最近の一軒家では、多くの家庭で「シューズクローク」を設けています。

シューズクロークとは、靴をメインに収納する玄関の収納です。傘やアウトドア用品など、外で使う物を収納する方も多いです。

しかし、シューズクロークは作り方を間違えて後悔する方が多い箇所です。用途や注意点をしっかりと把握して、計画をしましょう。

今回は、失敗しない「シューズクロークの計画方法」について、詳しく解説していきます。

シューズクロークに収納する物を考える

シューズクロークに収納する物を考えるまず、シューズクロークに何を入れるかを検討しましょう。家庭によって異なりますが、代表的な物を挙げていきます。

まず、靴・傘・スリッパは必須になると思います。また、ゴルフ・テニス・サッカー・バレーなどのスポーツ用品も多いですね。子供が部活動をやっている家庭や、もしくは今後やる予定があれば、必ず入れることになります。

子供が小さい時は、ベビーカー・外遊びの道具などは部屋に持ち込みたくありません。キャンプ道具などを収納する家庭も多いです。

 

シューズクロークの大きさ

シューズクロークの大きさシューズクロークの間口は150cmが基本となります。

通路幅を60cm確保したいので、左右にラックを設けた場合は150cm程度必要になるためです。

150cmより狭くしてしまった場合、片方にしかラックが設けられず、収納力が格段に下がってしまいます。

 

シューズクロークの扉は引き戸にするべき

シューズクロークの扉は引き戸にするべきシューズクロークには、引き戸をオススメします。

引き戸にしておけば、玄関の靴が邪魔で開かないといった心配がいりません。また、湿気が多い日には開けっ放しにすることで、換気も出来ます。

扉を付けない方もいますが、玄関は家の顔になります。ロールスクリーンは安価ですが、毎回開けるのは面倒です。

 

窓とニオイ

窓とニオイシューズクロークに窓を付けるかどうかは悩みどころです。

窓を付けると、日中は電気を付けずに入ることが可能です。また、開けられる窓であれば、換気をすることもできます。

デメリットとしては、窓があるとその場所には物が置けないことです。外から見て物があると、すりガラスでも見え方が悪くなってしまいます。

また、窓があると中の物が日焼けしてしまう可能性があります。

 

ウォークスルーにするかどうか

ウォークスルーにするかどうか最近ではシューズクロークをウォークスルーにする方も多いです。

通常の玄関とは別に、シューズクロークを通って家の中に入る間取りです。来客用の玄関と日常使いの玄関を分ける方法です。

しかし、この方法はかなりのスペースが必要になります。スペースが無いとメインの玄関が小さくなってしまいますし、日常使いのシューズクロークも狭いと使いにくいです。

 

シューズクロークは設置するべき

シューズクロークは設置するべき私は、あまりに小さな家でなければ、シューズクロークは必ず設置するべきだと思っています。

家に持ち込みたくない物は本当に多く、シューズクロークを広くして使い切れないという人に会ったことがありません。

外に倉庫を設置する方も多いので、全体で収納計画を考えてみましょう。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加