※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

子育て世代にソファはいらない!ソファーなしのリビングを検討しよう




ソファーなしのリビングは検討すべき!

様々な家のリビングを見ていると、狭いリビングだとしてもソファーを置く方が非常に多いです。

ソファーが好きで長い時間使うのであれば問題ないのですが、ソファーに座らず床に座ったり、ソファーの座る部分を背もたれにしている方も多いです。

ソファーなしのリビングにすると、劇的にリビングが広く使えます。私自身も床でゴロゴロすることが好きで、ソファーなしのリビングにしましたがとても快適です。

この記事では、ソファーなしのリビングについて詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国1080社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ソファーがいらない家庭の特徴

ソファーがいらないと思う家庭は、下記のような特徴があります。

子育て世代

赤ちゃんがいると、ベビーベッドや衣類を置くスペースが必要になります。狭いリビングが、さらに狭くなってしまうのです。

また、子供が大きくなったらリビングを走り回ります。その中で、ソファーがあると邪魔ですし、ソファーに昇って落ちる子供も多いのです。また、ソファーの上でジャンプしてスプリングが駄目になることもあります。

ソファーを背もたれとして使っている

ソファーが好きでない人は床に座ってソファーの座る部分を背もたれに使っているケースがあります。床の方が落ち着く、脚を伸ばしたいといった理由です。このような方は、ソファーなしのリビングで問題ないでしょう。

胡坐・体育座り・お姉さん座りが好き

胡坐・体育座り・お姉さん座りが好きな方は、ソファーは向いていません。このような大勢をとるためには、大きなソファーが必要となります。

ペットを飼っている

ペットを飼っている場合、猫がソファーで爪を研いでしまったり、犬がソファーの上でオシッコをしてしまうといったトラブルがあります。

 

子育て世代はソファがいらない理由の詳細

子育て世代の方は、特にソファはいらないケースが多いです。当たり前のようにソファを購入している方が多いですが、下記の内容を把握しておきましょう。

子育て世代はソファがいらない理由①「遊ぶスペースが必要」

子供たちが遊ぶスペースを確保したいのであれば、リビングに広いスペースが必要になります。ソファのスペースよりも、遊ぶスペースを確保した方が良いでしょう。

子育て世代はソファがいらない理由②「怪我の心配が少なくなる」

子育て中の家庭では、子供たちが飛び跳ねたり、飛び降りたりすることがあります。このような場合、柔らかい床やマットレスの上で遊ぶことができますが、ソファーの上で遊ぶことは危険です。

子育て世代はソファがいらない理由③「新生活の費用を抑えられる」

子育て世代は予算に制限がある場合が多いため、余分な家具を購入する余裕はありません。ソファは家具の中でもお金が掛かるため、購入しないことで費用を大きく抑えることができます。

子育て世代はソファがいらない理由④「ソファでゆっくりする時間が少ない」

子育て世代は子育てに忙しく、家事や育児に時間を割かなければなりません。ソファに座ってリラックスする時間が限られています。

 

ソファーなしリビングの使い方

ソファーなしのリビングにした場合、下記のような使い方ができます。

家族みんなで寝転がる

ソファーなしのリビングにした場合、家族みんなでゴロゴロ寝転がることができます。特に小さい子は床でゴロゴロするのが好きなので、みんなでワイワイ楽しめる空間になります。

手足を伸ばせる

ソファーだと手足を伸ばすことはできませんが、床だと思いっきり体を伸ばすことができます。

食べこぼしが気にならない

フローリングなどであれば、食べこぼしが全く気になりません。ポテトチップスを食べながらテレビを見るといった楽しみ方ができます。

 

ソファーなしのリビングにほしいアイテム4選

次に、ソファーなしのリビングにほしいアイテムについてご紹介します。

ビーズクッション

ソファーがなくても、大型のビーズクッションがあればリビングでくつろぐことができます。ビーズクッションは全身を包み込んでホールドしてくれるので、リラックス効果は抜群です。

座椅子

座椅子は簡単に移動ができ、リラックスタイムに大活躍します。

こたつ

冬の定番「こたつ」は、ソファーがないからこそ置けるアイテムです。冬に大活躍で、電気代も安いのが嬉しいです。

キッズスペース

リビングが狭くてキッズスペースが作れない方も、ソファーなしのリビングであればスペースに余裕が出ます。

 

ソファを買うなら数年後でもいい

ソファで子供が遊ばなくなる

子供が小学校に上がると、ソファで遊ぶことは少なくなります。

未就学児のうちはソファが遊び場になりがちですが、小学生になるとソファは本来の用途である「座る」「くつろぐ」として使われることが増えます。そのため、ソファの急激な劣化も少なくなるでしょう。

来客が減るから狭くてもイイ

子供が成長するにつれて、来客が減ることが予想されます。

育児休暇中は頻繁に訪れていたママ友たちも、仕事に復帰するとほとんど訪れなくなります。広いリビングが必要なくなり、家族がくつろげるスペースさえあれば十分です。

大人がくつろぐ時間が増える

子供が成長するにつれて、大人のくつろぎの時間が増えてきます。

赤ちゃんの頃は一日中子供の世話で忙しかったかもしれませんが、子供が大きくなると自分の時間も持てるようになります。そのときこそ、新しいソファが活躍する時期かもしれません。

 

数年経ってもソファを買わない可能性ありそう

ソファのない暮らしが標準に

ソファのない生活が当たり前になるかもしれません。

何年もソファなしで生活すると、それが普通になり、家族全員が特に不便を感じなくなる可能性があります。そのため、もしソファを購入したいのであれば、最初に購入するのが賢明かもしれません。

狭くなるのを耐えられるのか

ソファは大きく、リビングルームの空間を大幅に占有する家具です。広々とした8畳のリビングに突然ソファを置くと、実際には6畳ほどに感じられるかもしれません。

この急な空間の変化に耐えられるでしょうか。リビングの床面積が約半分になると、圧迫感が増すことを覚悟する必要があります。

こたつの方が欲しくなるかも

ソファよりもこたつの方が魅力的に感じるかもしれません。長年住んでみて気づいたのは、個人的にはソファよりもこたつの方に憧れがあるということです。

夏は何も置かずすっきりとした空間で過ごし、冬はこたつを出して温かく過ごす。これが私にとって理想の生活スタイルです。

 

来客にくつろいでもらう場所を検討すべき

ソファーなしのリビングで大きなデメリットが、来客がくつろぐスペースがなくなることです。

座ってもらえるスペースが必要なので、ダイニングスペースで座ってもらうなど検討が必要です。ソファーなしのリビングにする場合は、ダイニングセットをどのような商品にするかしっかり選びましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国1080社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて1080社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから




【関連記事はこちら】